• 2018.05.21 Monday
モンゴル・ウランバートルにある
ノミンデパートのスーパーで買った菓子パン。

Өег зүсмзл(1999トゥグルグ)※2018年5月のレートで約90円




スーパーのパンコーナーで、
多めに陳列されていた、たぶんメジャーな菓子パン。

たぶん商品名は「Өег зүсмзл」で
文字は合ってると思うんだけど、
Google翻訳すると「それをねじこむ」と出る。

正しい感じはする。

で、モンゴルから帰ってきて早めに食べた。

味は、ドーナツのオールドファッション。
その密度をぎゅっとさせた感じ。

で、これが美味しい。
どんどん食べちゃう。

絶対に脂質やら糖質やらの摂り過ぎだけど、
文字が読めないから、ガツガツ食べちゃう。

モンゴル人のガタイの良さは、
こういう積み重ねなんだろうなと。

ちなみに安い!
これだけ入って90円とか。

そりゃガツガツ食べちゃう。

  • 2018.05.20 Sunday
J1第15節、清水はアウェイで
川崎と戦い、0-3で敗れた。

試合は終始、川崎ペース。
というか川崎が完全コントロール。
清水は何もできずに3点を奪われ敗れた。


最低であり、予想できた試合でもあった。
最近のパフォーマンスからは、ありえた試合。

全体が連動していないからか、
プレッシャーをかけるとき遅れる場面が目立って、
相手をフリーにし、次々とパスを回された。

一方で清水は距離感が悪くて、
パスの出しどころがないというか、
うまくパスの出しどころを作れず、
近くの味方に逃げるパスをするか、
前線へ五分五分のボールを蹴り出すか。

その結果、相手の攻撃を受け続け、
流れの中じゃなくても、必然的に失点を喫した。

こうして、実際の個々の能力以上の、力負けになる。


たぶん前節の4-2からも、
その前の1-3からも特に変わっていない。

相手がミスするチームには勝てるけど、
相手が普通にプレイできるチームには勝てない。

清水が何をしたってわけじゃなく、
相手のプレー精度の良し悪しで結果が変わるだけ。

それは当たり前といえば当たり前なんだけど、
清水が結果を動かす印象がない。

たぶん今、結果を動かすための練習をしているけれど。


シーズン序盤は、守備の立て直しによって、
強固なディフェンスから勝ち点を稼いでいた。

それが今、攻撃を組み立てる練習を始め、
パスで相手を崩そうとしているところで、
勝ち点を奪えなくなっている。

それがどこまで関係しているか分からないけれど、
ゴトビ監督体制下でも同じようなことがあって、
現実路線で守備すれば勝ち点を稼げていて、
自ら試合を動かそうとすると負けが込んでいた。

なかなか解決しない問題なんだろうと思う。


これで、およそ2か月のW杯インターバルに入る。

現在10位とはいえ、J2との入れ替え戦になる
J1参入プレーオフの16位との勝ち点差は3。
しかも下位には資金が潤沢にあったり、
上位へ行く力のあるクラブがかなり多い。

ただ、これで方向性を変える必要はないはずで、
再開までには、シーズン前以上の準備期間がある。

攻撃をどう組み立て、
そのとき守備を、どうまとめていくか。

今の戦い方からの積み上げで、
攻撃をうまく融合させるためには、
いいインターバルになると思う。

ちょっと早い夏休みは、宿題がたくさんある。
宿題をしっかりやれば、力は伸びているはず。

今日みたいな試合を続けたら、落第だと思う。

  • 2018.05.19 Saturday
銀座の有名とんかつ屋「銀座 梅林 本店」で
2700円のロースかつ定食。



もちろんカツはやわらかく、
豚肉の甘みと、ソースの酸味がちょうどいい。

味付けがどうとかっていうよりも、
肉自体の美味しさな気もしつつ…
高ければそりゃこのくらいのカツは
出せるでしょとは思いつつ…味は満足。

海外からの観光客がかなり多く、
プチ築地のような値段と雰囲気。

たまには贅沢。

ちなみに12時45分ごろ入店すると、
すんなりと席に座れたけれど、その後は行列に。
お昼の混む時間を避けて店に来た人がたくさんいて、
逆に混んでしまったのかもしれない。

13時前に入店するのが穴かもしれない。

  • 2018.05.18 Friday
タイフェスで買ったレトルトタイカレー。

タイカレー プリック<160g>
(ヤマモリ/通常価格税込356円)









美味しさ度 ★★★☆☆
タイ風味度 ★★★☆☆
舌ヒリリ度 ★★★★★
汗にじみ度 ★★★★★
クセある度 ★★★☆☆
※美味しさ度以外、星の数と美味しさの関係はありません。

タイフェスで買おうとしたら、
ヤマモリの人に「かなり辛いですけど大丈夫ですか?」
と、意思確認されたタイカレー。

それは優しさであるのと同時に、
バンジージャンプ前の署名のようで。

パッケージによると、タイ南部の激辛タイカレー。
タイ語で「プリック」は唐辛子、
「プリックタイ」は胡椒を意味するという。

辛さレベルは5で最強。
ただでさえ辛いヤマモリのタイカレー。

辛い物が苦手な僕にとっては、
ヤマモリの5は舌を破壊するレベル。
覚悟を決めて食べてみたところ…

一口目で、舌破壊。

あとから襲ってくる辛さとかじゃなく、
最前列から襲ってくる辛さ。

はーふーはーふー。

汗と涙と鼻水と。
味覚がなくなって痛い。

他に何を食べても痛い。
氷を食べてない限りずっと痛い。

味はタイカレーとインドカレーを
足して2で割った感じ。

黒胡椒がプチプチするから取った方がいい。

辛いのが本当に好きじゃなきゃ、
食べちゃいけないタイカレーだと思う。

辛いのが苦手だから美味しさは★3というか、
測定不能みたいなもんなんだけど、
辛いもの好きなら、評価は違うかもしれない。

  • 2018.05.17 Thursday
タイフェスで買ったレトルトタイカレー。

タイフルーツカレー<180g>
(ヤマモリ/通常価格税込356円)







美味しさ度 ★★★★☆
タイ風味度 ★★★☆☆
舌ヒリリ度 ★★☆☆☆
汗にじみ度 ★★☆☆☆
クセある度 ★★★☆☆
※美味しさ度以外、星の数と美味しさの関係はありません。

タイでは「ゲーン・クア」と呼ばれているという、
数量限定発売のフルーツカレー。

食べたあと、なんか食べたことあるなぁと思って、
前に食べたときの感想を見てみたら、
去年は「タイカレー パラダイス」として
販売されていたものと、原材料がまったく同じだった。

夏の数量限定商品として、
去年それなりに反響があったのを、
もっと分かりやすいネーミングの
「フルーツカレー」という名前で売ったのか。

で、今回改めて星の数を書いたあと、
前に食べた「タイカレーパラダイス」の
星の数を見たらほぼ同じ。そりゃそうなる。

クセある度だけが今回下がったのは、
前にこのカレーを食べたからだと思う。

改めて味は、レッドカレーがベースで、
マンゴーピューレが入っていて、
具として酢豚みたいにパイナップル。

辛くはない。
ピリッとは感じるけど。

ちょっとだけしょっぱめで、
まろやかな甘みのタイカレー。

十分美味しいと思う。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM