• 2019.04.14 Sunday
J1第6節、清水はアウェイで
磐田との静岡ダービーを、2-1で勝利した。

開幕から勝てていなかったとはいえ、
相手を攻め込む時間が増えていた清水は、
この試合も立ち上がりからゲームを支配。

攻勢に出ていた時間帯に2点を奪い、
後半途中からの守勢でも体を張って失点を1に抑え、
開幕から7試合目で、ついに初勝利を挙げた。


前節のFC東京戦と同じように先制し、
前半から後半の途中まで内容が良く、
でも後半の途中からうまくいかなくなった。
試合の展開は、かなり似ていた。

でも、細かな違いが大きかった。

きっちり2点目を奪えたこと。
寄せのもう1歩が、出ていたこと。
迷いのないプレーが多かったこと。

磐田のパフォーマンスの悪さも手伝いつつ、
ちょっとずつの違いが、大きな結果に結びついた。

ダービーという気持ちのスイッチが、
積極性をもたらし、いい方向に働いたと思う。


そして、正しいベンチワークができたのも見逃せない。

後半途中、2-0から磐田に1点とられ、
清水も選手たちは、気持ち的に守りに入ったと思う。

リーグ戦で開幕から6戦勝利なし、
最下位に沈むチームの一番の弱みは、
勝てないことで、プレーの精度が落ちることにある。

精神的に守りに入ってしまうことで、
キックがずれ、プレーの選択が狂い、判断力が鈍る。
動きが遅れ、セカンドボールも拾えなくなる。
不安に、集中力が削られてしまう。

それに加えて、途中交代のドウグラスは、
まだ本調子からは程遠く、前線でボールを収められない。
前線でのプレスもかからなくなり、
一方的に押し込まれる展開になってしまった。

そこで清水は、84分・89分と、
ディフェンス寄りの飯田・六平を入れた。

ここでもし、攻撃的な選手を入れていたら、
選手たちの不安は増すばかりだったと思う。
攻撃的なのは交代の形だけで、
気持ち的には「守らなきゃならない」とマイナスのメンタルになる。
プレーの精度はさらに下がってしまう。

でも守備的な選手を入れ、割り切って守りに入ることで、
気持ち的には「絶対に守ってやる」とプラスのメンタルになる。
プレーの精度を高めることができ、集中力も増す。

的確な采配だったと思う。


今日のリーグ戦初勝利は、かなり大きい。
「ダービーは勝ち点3以上の意味を持つ」というけれど、
「リーグ戦初勝利」は、もっと大きな意味を持つ。

これまでのパフォーマンスの悪さは、
頭のどこかに「初勝利を早く挙げなきゃ」とか、
「追いつかれたらやばい」というマイナスの精神が、
判断力や精度を鈍らせていたことにあると思う。
後半の失速は、体力の問題じゃなく、精神的なものだと思う。

その精神的な重荷を降ろせたことで、
内容が悪い時間帯は減っていくんじゃないだろうか。

そして今の戦い方でいけることが、確認できた。


内容が良くても結果が出ない日々が続いたけれど、
ここからは内容と結果が結び付きやすくなると思う。

とはいえ、まだ16位。
きっかけをつかんだに過ぎない。

着実に勝ち点を積み、自信を積み上げ、
じわじわと順位を上げてほしいと思う。
今のサッカーなら、とりあえず中位までは行ける。

ヘナトが素晴らしいパフォーマンスを見せているように、
エウシーニョがチームにフィットして、
ドウグラスが本調子になれば、さらに上も狙える。

  • 2019.04.13 Saturday


息子が生まれて1か月ちょっと。
お宮参りという名の、神社をただぶらぶら。

信仰心とか何もないから、
僕らにとって、お宮参りに意味はなく、
世の中の伝統として、形だけ。

意味はなくても、価値はあるだろうから。

  • 2019.04.12 Friday
18:16から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:4.01km
走行時間:19分26秒
平均ペース:4分51秒/km
平均心拍数:156 bpm
最大心拍数:178 bpm

たまにはペースを上げてランニング。

足に悪いから、
マジ走りは控えないといけないのに、
走りたくなっちゃうのを抑えられないのが良くない。

でも、走ってたときの方が、
ストレッチもしっかりやってたからか、
坐骨神経痛の足の調子が良くて、
走らない今の方が、調子は悪い。

走らず、しっかりストレッチ。

これが一番なのは分かってるけど。
痛まないと疎かになる、悪いところ。

  • 2019.04.11 Thursday
週1で徹夜作業の仕事に復帰して2週間。

朝の8時過ぎまで起きて、
外で動いていると、体がきついという、
40歳間近にとって当たり前の現象が。

体が重い。2日くらい体が戻らない。


でも他のスタッフは、十数時間勤務どころか、
二十時間以上の勤務という過酷さ。

そんな人たちが働き方改革の話題を、伝えたりする。

その仕事に限らず、テレビの世界は土日休みが増えたり、
ADはしっかり休みをとらないと監督責任になったりと、
徐々に改善はあるとはいえ、働き方改革は道半ば。
春になってようやく前の夏休みを消化、とか。

ただ休みを増やすには人が足りない、
人を増やそうにもお金が足りない、
収録前、オンエア前は特にバタつくわけで、
そこで休みをとれるような仕事になってない。

と思うと、会社勤めじゃない僕は、
自由に家で仕事して、自由な時間に寝て起きて、
ちょこっと走りに出たり、子どもと触れ合ったり、
週1の徹夜作業レベルは過酷って言いにくい。

そりゃどんどん仕事を辞めてく。

…という中で残った人には、仕事があるわけだけど。

  • 2019.04.10 Wednesday
2019Jリーグルヴァン杯第3節、
清水はホームでガンバ大阪と対戦し、1-1で引き分けた。

清水は前半早々に先制されたものの、
ガンバにPKと退場者が出て同点&前半の早い時間帯から
11人対10人で戦う有利な展開に。

しかし引いた相手を崩すことができず、
そのまま引き分けに終わった。


「引いた相手を崩す」ことは、
清水が長く解決できていない課題。

今シーズンはキャンプから、
ボールを保持して得点を奪えるようにと、
練習を積み重ねてきたみたいだけども、
そう簡単に、サッカーもメンタリティも変わらない。

まだまだうまくいっていないということ。

リーグ戦のFC東京戦もそうで、
最後にパスやシュートの精度が低かったり、
ワンタッチ目がちょっとズレたり、
最後のパスが1個多かったりして、
自らチャンスを潰している感じがする。

今シーズンでフォーメーションを戻した4節目からも、
なかなか勝てない理由のひとつがそれだと思う。


さあ中3日で、リーグ戦の静岡ダービー・磐田戦。

ポイントは、どれだけ細かなミスをなくせるか。
そのためには、前向きに戦うメンタルが重要。

ミスしないよう慎重になるメンタルじゃ、
また細かなミスを連発して、たぶんいい結果は出ない。

そんな中、いやが上にも気持ちが盛り上がるダービーは、
自然と前向きメンタルで戦えるチャンス。
いわゆる「吹っ切れる」最高のタイミングだと思う。

自信を持てば、余裕ができるから、
パスが1本多くなるような選択肢のミスも減る。
正しい選択肢のプレーができるようになる。

ターニングポイントとなる試合になってほしい。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM