• 2019.01.09 Wednesday
広島の「おみやげ街道エキエ広島店」へ行ったとき
なぜか買ったレトルトタイカレー。

HALAL CURRY チキングリーンカレー<200g>
(オフィスシン/価格税込324円)







美味しさ度 ★★★★☆
タイ風味度 ★★★☆☆
舌ヒリリ度 ★★★☆☆
汗にじみ度 ★★★★☆
クセある度 ★★★☆☆
※美味しさ度以外、星の数と美味しさの関係はありません。

タイのアルバトロス社が製造し、
日本のご当地カレーを扱うオフィスシンが展開している、
ハラル認証取得のグリーンカレー。

ハラル認証というのは、
イスラム教の戒律的に問題ない商品だという証。
豚肉や血液、お酒などが入ってませんよというもの。
この商品はどうやら、タイのハラル認証を受けてるっぽい。

そして肝心の味は、まずほのかな甘みがあって、
そのあと辛さと汗がやってくる、
タイカレーらしい味わい。

辛いものが苦手な僕でも
食べられない辛さじゃないレベルがちょうどいい。
食べられるギリギリだけど。

そして美味しい。
しょっぱいグリーンカレーもあるけど、そうじゃなく、
すごくやさしい味わいがある。
若干薄くはあるけれど、ごはんはすすむ。

ハラルだからどうとかなく、普通以上に美味しい。
これはアリだと思う。

  • 2019.01.08 Tuesday
16:58から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:7.01km
走行時間:33分02秒
平均ペース:4分43秒/km
平均心拍数:154 bpm
最大心拍数:187 bpm

この前のランニング能力測定を受けて…

・能力を高めるためにペースを上げて走る
・ランニングフォームの改善

の2つに心がけてランニング。

僕の心肺機能的に、
今よりランニング能力を上げる方法として

・4分17秒ペースで、40〜60分間走(or10km)を週に2回

と言われたものの、今までにないペースなので、
マトモにやるとズタボロになる危険があって…
とりあえず今の僕ができる最速に近いペースで走った。

左ふくらはぎを痛めているので、
ゆっくりペースから、ラスト2キロで4分35秒/kmまで。

で、ランニングフォームは、
左足ふくらはぎを痛めてる原因でもありそうな、
内股と足を閉じすぎて走るという、
女子的な要素を改善するように意識して走った。

これは子どものころからのクセだから、
毎回意識するしかないし、
普段の歩きから改善するしかない。

学校ではそんなことどうでも良かった、
自分が走る能力アップのトレーニング方法。

何に向かってるのか分からないけど、
何に向かってなくても、
能力アップに楽しさを感じるのは大人。

  • 2019.01.07 Monday
1月2日・3日にあった「第95回 箱根駅伝」。

母校・筑波大学の相馬崇史選手(2年)が、
関東学生連合チームの5区・山上りで出場。
筑波大の選手が12年ぶりに箱根駅伝を走った。

結果は23チーム中、区間13番手の記録。
全体としては平凡ではあるけれど、
関東学生連合の往路の中では最もいい区間順位だった。


相馬選手は、駅伝の強豪・佐久長聖高(長野)出身で、
主将を務めた2016年の全国高校駅伝では、
6区を区間2位、チームを準優勝へと導いた。

そんな逸材が、箱根駅伝で1994年を最後に、
出場できていない筑波大学を選んだ。
その理由は「国立大学が、箱根駅伝の舞台に再び立つために、
私学に挑戦している姿に感銘を受けたから」(インタビューより)。


筑波大学の前身の東京高等師範学校が、
第1回箱根駅伝で優勝した。

今、筑波は「箱根駅伝 復活プロジェクト」と銘打って、
本気で箱根を目指す取り組みを続けている。

今回の個人出場は、筑波にとってプラスに働くと思う。

相馬選手の経験としてもそうだけど、
部員が身近な目標を設定できることは大きい。

「自分が箱根を走ることをイメージできる」
「自分もやれるんじゃないかと思える」

そう信じて練習に取り組むだけで、
日々の意識が変わり、伸び率が変わる。


そう遠くない未来、箱根路を走る筑波見たさに、
2日・3日はテレビに釘付けという、
オヤジな正月を過ごすことになるかもしれない。

  • 2019.01.06 Sunday


ベルギー・ネオブュル社のノンアルコールワイン。

左から…

白:ヴィンテンス・シャルドネ
スパークリング:デュク・ドゥ・モンターニュ
赤:ヴィンテンス・メルロー

一番良かったのは、赤。
3つの中で、一番ワインに近いと思った!
というかノンアルコールビールとか含めて、
ノンアルコール飲料の中でもかなりお酒の再現性が高い。

ジュースみたいな甘さがないのがいい。
赤ワインは苦手だけど、これは飲めて美味しい。
逆に赤ワインが好きな人には、
全然ワインっぽくないんだろうけど、
赤より白の方が好きなくらいの僕にはちょうど良かった。

白とスパークリングは、
再現性は十分高いけど、それほどでもなかった。

白は酸味が強めのワインに近い。
スパークリングはジュース感が強め。シュワシュワ感も弱い。


このメーカーのノンアルコールワインは、
一度ワインを作ったあと、
アルコールを取り除いてノンアルコールにする作り方。
だから、ワイン感がしっかりあるらしい。

アルコール分も0.5%とかじゃなく「0.0%」だから、
妊婦さんなど、お酒を飲めないときにはぜひ。

  • 2019.01.05 Saturday
ランニング能力の測定をしてもらうため、アシックスへ。





体組成や柔軟性、足型、足の筋力、
ランニングフォーム、持久力などを、
いくつかの機械を使って測定するというもの。

2時間半の診断に21,000円かかる、
決して安くはないサービスなんだけども、
2つの目的で測定をすることにした。

・足を痛めないようフォームを改善したい!
・自分の能力がどれだけあるかチェックしたい!

特に健康のため、ときに大会のため、
自分の足の特徴やランニングフォームなどを知って、
足を痛めないようにしておきたかった。

実際に今、左足に坐骨神経痛の症状が出て、
同じく左足のふくらはぎに痛みがあるわけで、
なぜその部位なのか、なぜ左に偏ってるのか、
原因を知りたかったし、改善したかった。

40歳前、ボロボロになる前に。


で、診断結果とアドバイスは、
測定直後に担当の方から聞いたけれど、
詳しい結果を10日後にPDFでもらえるので、
そのときにでもまた、報告します。

主にランニングフォームの問題で、
左足に痛みが出てたっぽい。
左右の足で、筋力も足の形も違ってたし、
問題を抱える僕にとっては、診断受けて良かった。


とりあえず、診断のために、
トレッドミルで結構ハードに走ったので、
今日はランニング記録だけ記します。

▼トレッドミルで走行
走行距離:3km強
走行時間:16分

呼吸から測定するマスクをつけ、
トレッドミル上で16分間、徐々にペースを上げていった。

最初は確か8.5km/h(1km7分ペース)で2分、
そのあとは9.5km/hから1分ごとに
0.5km/hずつペースアップさせて、
最終的には16km/h(1km3分45秒ペース)を
1分走ってフィニッシュ。(うろ覚え)

途中からはしんどくなったら止められるけど、
なんとか最後のペースまで走り切った。

最後は400mダッシュをやったかのようなしんどさ。
診断だけど、もはやトレーニング。
心肺機能をアップさせるには良さそう。

ただ、元々の良くないランニングフォームで
思いっきりダッシュをしたから、
走ったあとは元から痛んでた左のふくらはぎがより痛んだ。

まあ、この犠牲は必要。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM