• 2018.06.13 Wednesday
昨日夜のサッカー・日本代表W杯前最後の試合、
日本×パラグアイは、日本が4-2で
西野監督3戦目で初勝利を挙げた。

この前のスイスと比べて、
パラグアイの強さは微妙だったけれど、
チームが少しずつまとまってきているのは分かった。

今日のメンバーだけじゃなく、
スイス戦のメンバー含めて良くなってきているんだと思う。
勝ったこと以上に、全体がコンパクトで、
前線からの守備をしっかりとやる形が機能していた。

前線からの守備ができていたから、
スイス戦ほどディフェンスラインが慌てなかったし、
攻撃へのスイッチも入れやすかったんだと思う。

センターバックが良く見えて、
中盤のミスが目立たなかったのも、
全体でしっかりと守備できていたからで。

前線からのプレスをいなされたとき、
やられちゃう可能性は高いけれど、
それでもこの形で戦えば、ワンチャンあることは分かった。

・全体をコンパクトに保ち、プレスをかけまくる守備
・前線からのプレスでショートカウンター
・低い位置でボールを奪ったら前へ急がず、
 変な奪われ方をしないよう、遅攻もしながら組み立てる

今、勝てる可能性があるとすればコレなんだと思う。
これで負けたら、しょうがないと思う。


遅攻で相手を崩す形は、見られなくていい。
ショートカウンターか、コンビネーション含めた個の力で、
再現できないようなゴールが生まれればいい。

香川や乾が見せたように、
形というより、ひらめきや精度でゴールを挙げる。

そのためには、乾や柴崎のような、
大舞台で結果を出す個の能力を持った選手や、
香川と乾のようなもとからコンビ―ネーションを
構築できている選手を使うのがベターかもしれない。


ちなみに今日の勝利は、
W杯の盛り上げにも、大きな1勝だった。

日本代表にもともと興味を持ちながら、
勝てなくて興味を失っていた人たちに、
もしかして勝てるかも?と思わせたことに、
大きな意味があると思う。

直前の監督解任で、日本サッカーの進化を問うのではなく、
日本サッカーの真価が問われるW杯で、
結果と盛り上がりは重要なだけに、
今回の1勝は、意味があったと思う。

  • 2018.06.09 Saturday
日本時間の昨日深夜に行われた
ロシアW杯11日前の国際親善試合で、
日本はスイスに0-2で敗れた。

西野監督になって2戦目だから仕方ないけど、
オールスター戦のようなサッカー。
個の能力でなんとかしているだけで、
チームとして連係がかなり悪い。

それぞれにやりたいことはあって、
やろうとしていることも共通していて、
でも練習時間が少ないから合っていない。

それぞれに攻撃のアイデアはあるけれど、
それが一致しないから合わなくて、
カウンターを食らう。

パスの出しどころが瞬時に判断できず、
ワンテンポ遅れるから、
その間に相手に詰められてボールを奪われ、
決定的なピンチを招く。

オールスター戦のように、
相手のプレスが緩い中でプレーできれば、
個の力でボールを回すことはできるけど、
最後は相手も集中してるから、得点には至らない。


これからまだ連係は良くなっていくだろうし、
ケガ明けの選手のコンディションも上がると思う。

そうなれば前線で決定的な場面ができるだろうし、
中盤でボールを奪われるシーンが減るだろうし、
ディフェンスも人数をかけて守れると思う。

それに、今日の試合でシュートが正面へ飛ぶ場面が多くて、
それが少しでもいいコースに飛べば、
結果が一気に変わる可能性もある。


今回、日本のサッカースタイルを
模索する作業は終了している。

今回の使命は、とにかく勝つことだけ。
形は求められていない。

火曜のW杯前ラスト・パラグアイ戦が、
勝利への希望が少しでも抱けるような
試合になってほしいと思う!

ワクワクしたいんです!

  • 2018.06.01 Friday
5月31日の昨日、ロシアW杯に臨む
日本代表23人が発表された。

本田、香川、岡崎などが選出され、
今の状況で妥当な23人になったと思う。


前の時代に戻るのは、無理もない。

ブラジルW杯での惨敗を受けて招聘された
ハリルホジッチだったものの、
気難しい建築家が構築した、今までと違う日本サッカーは、
欠陥があるからと取り壊された。

そんな状況の中、ロシアW杯で結果を出すには、
プレハブを建てるのが現実的となった。

すでにできているユニットを組み合わせることで、
工期に間に合わせる作業。

簡単に壊れる可能性もあるけれど、
これが現実的なやり方なんだと思う。

その結果が、今回の23人だったんじゃないだろうか。


若手よりベテランを選んだのは、
急造のチームとしてどうしても必要な、
経験がもたらす、2つのメリットがあるから。

監督のサッカーが浸透し切らない中、
ピッチ上で臨機応変に戦えること。
そして、以前から一緒に戦ってきて、
お互いがやりたいことを理解していること。

批判はあると思うけど、
西野監督にとっては仕方ない選考だったと思う。


こうして挑む、日本にとって6度目のワールドカップ。

日本サッカーの模索を中断し、
結果を取りにいくことを決断しただけに、
なんとかこれで、結果を残してほしいと思う。

  • 2018.04.09 Monday
日本代表・ハリルホジッチ監督が、
ワールドカップ約2か月前に電撃解任。

僕は、解任してほしくなかった派。

なぜなら、ハリルホジッチのサッカーが、
正しかったかどうかが分からないまま、
今大会へのアプローチは終わってしまうから。

格上相手に、高い位置で奪い、
縦に速く戦うサッカーが、
正しかったのか判断できなくなってしまった。


日本代表がワールドカップで勝つためには、
今回の解任は正しい決断だとは思う。

たとえ約2か月前だとしても、
期間としてのダメージはそこまで大きくない。

これまでに積み上げたものはそこまでなく、
連携もイマイチな状態だったわけで、
チーム作りはこれからだったと思う。

しかも後任が日本代表の強化部長であり、
監督経験豊富な西野監督ということで、
選手の特徴も今の戦い方の問題点も分かったうえで、
修正することができる。

Jで広島が、ペトロビッチ監督のあと、
森保監督がスタイルを継承しつつ積み上げたことで、
優勝など戦力以上の結果を残したように、
プラスに働く可能性は十分ある。

2010年W杯では、本大会前に結果が出なかったことで、
本大会直前、岡田監督が戦術を守備的に大きく変更、
グループステージを突破した例もある。

しかもハリルホジッチ監督に不満を持っていたらしい
選手にとっては、監督のせいにできなくなったことで、
言い訳ができなくなった。
(だから田嶋会長が会見で、選手との信頼関係が薄れたと
 言ったのは、選手の逃げ道を絶つうえでアリだったと思う)

自分の責任で勝ち負けが決まるという思いは、
もうひと踏ん張りが必要な場面で、
プラスになる可能性が高い。

だから、今大会だけを考えた場合、
監督交代は正しい決断なのかなとは思う。


でも、10年・20年単位で見たときに、
日本が成功するサッカーは何か模索している今、
ハリルホジッチのサッカーで試す価値はあった。

ここ数試合が酷かったから、
試す価値もないという考えもあるけれど、
選手が入れ替わりすぎて、何が悪いか分からない。
(それをやったのも監督ではあるけれど…)

格上と戦うためのサッカーをしてきたはずが、
格上とガチで戦う前に機会を失った。

学校のテストをしても、
それが正解か不正解か分からなければ、
何も身につくものはない。

まあすでに不正解だという判断だけど…
正直、どうなるか怖いもの見たさで見てみたかった。

日本のサッカー人気が、
日本代表に左右されにくくなってきている今なら。


約2か月後のワールドカップ。

「パスは回ってたけどグループステージ突破できなかった」

という結果にだけはならないよう、
日本サッカーの未来のためになる大会になってほしい。

もちろん勝ってほしいのが一番!

  • 2017.09.06 Wednesday
ロシアW杯アジア最終予選・最終戦、
すでにワールドカップ本大会出場を決めている日本は、
酷暑のアウェイで、W杯出場をかけるサウジアラビアと対戦。

全体的には日本が試合を支配していたものの、
サウジアラビアが後半に投入した快速FWに
何度も突破を許し、そのうち1度で失点。

日本は0-1で敗れ、サウジアラビアは
3大会ぶりのW杯本大会出場を決めた。


ごくごく当たり前の結果だったと思う。

サウジはW杯出場がかかっていて、
日本は消化試合という難しさがあった。
日程もサウジの中6日に対して、日本は中4日。
そしてアウェイ。

しかも酷暑の中だから、
オーストラリア戦のような猛プレスを続けられず、
ある程度パスで崩さなければならない中、
代表での練習時間が少ない柴崎や井手口が先発出場。
さらにコンディションが良くない本田も先発させた。

ちぐはぐな攻撃に終始するのは、当たり前。
負けたからって、騒ぎ立てる試合じゃない。


相手を崩せるほどかみ合ってなくても、
オーストラリア戦のような
ショートカウンターなら点をとれる。

でも、出し手と受け手の息が合わないと
チャンスシーンを作れない今日の形は、
もうちょっと合わせる時間が必要。

あとは個の突破に賭けるわけだけど、
突破力が重要なウイングの本田が、
感覚を取り戻そうとしている状態じゃ厳しい。

選手起用も、戦い方も、メンタルも、
何がなんでも勝つためにはなかった。


そんな中、問題はこれからの戦い方。

勝ったオーストラリア戦が全て正しいわけじゃないし、
負けたサウジアラビア戦が全て間違っているわけじゃない。

前線からの激しいプレスをやるのが正しくて、
パスを回すことが間違っているような、
そんな極端な話じゃない。

素早いプレスからの速攻が、
ワールドカップ全試合ではハマらない。

オーストラリア戦の形はありつつも、
時間を作れたり、パスを回せたりするサッカーが、
できるようになれたらと思う。

って、これはこれで極論だけど。
恐ろしく難しい。


と、この試合に負けたことでのプラス面は、
日本の選手層が不安になった中で、
今年12月に日本の味スタで開催される
「東アジアカップ」で新戦力の発掘が注目されること。

たぶん国内組のメンバーが中心になるはずで、
それまでのJリーグでの戦いにも力が入る。

本大会までに、日本代表はまだまだ成長すると思う。

  • 2017.08.31 Thursday
ロシアW杯アジア最終予選・第9戦、
勝てばワールドカップ本大会出場が決まる日本は、
ホームでオーストラリアと対戦。

前半に長友のクロスを浅野が決めて先制し、
後半には原口のボール奪取から
井手口のミドルがゴールに突き刺さり追加点。

2-0の勝利で、 1試合を残して
グループステージ1位通過を決め
ワールドカップ本大会へ、6大会連続の出場を決めた。


この最終予選で変貌を遂げてきた日本代表の
1つの到達点を見た試合だったと思う。

思えば去年11月に行われた、サウジアラビア戦。
原口・久保・大迫が先発し、
本田・香川・岡崎がベンチに座った試合は、
「世代交代をした」とメディアで報じられた。

今日の試合では井手口・浅野が先発し、
みごとにゴールを決め、ハードワークもした。
若手がしっかり結果を残す最高のゲームになった。

ここ数年、スタメンが固定されて、
閉塞感の漂う試合、パッとしない試合、
最悪は勝てない試合が増えていた。

ケガなどで主力が欠場すると、
一気に機能しなくなって、
結果的に主力のコンディションが悪くても、
主力に頼らざるを得なかった。

そんな中で、コンディションのいい選手を
積極的に起用してきたことは、
ハリルホジッチ監督最大の功績であり、
今日の勝因のひとつだったと思う。

そして今日出場したメンバーは、
走れる選手であり、球際に強くいける選手。
華麗なパスサッカーではなく闘うサッカー、
ボールを奪いショートカウンターを仕掛ける
縦に早いサッカーをして、結果を出した。

コンディションによって、相手によって、
選手を変えながら戦えるチームになりつつある。


ただ、今日の日本のメンバーと戦い方で、
強豪国と戦って勝てるほど、世界は甘くない。

今日のオーストラリアは、
日本が苦手だったロングボールを使わず、
日本が戦いやすい、パスをつなぐサッカーをやってくれた。

完全に日本の戦い方がハマった結果で、
だから中盤でボールを簡単に奪えた部分も大きい。
中盤を省略されて縦へ早く運ばれたら、
今日ほどプレスはハマらなかったと思う。
(もしオーストラリアがその戦い方なら、
 今日の戦い方はしなかったと思うけど)

素早いプレスからボールを奪い、
ショートカウンター、ロングカウンターで点を奪う形は、
プレスが効いて初めてできること。

W杯本大会で、個人能力の高い相手と戦うとき、
うまくボールを散らされて、いなされたら、
奪えずに走る距離は増えて、体力を消耗していく。

もし前線で大迫がボールキープできず、
相手ボールになる回数が増えたら、
攻撃を受け続け、プレスをかける回数が増え、
消耗し、体力が90分もたなくなる。


ここからの課題になるのは、
ボールキープできる選手や、パスを回せる選手を、
どうやって組み合わせられるか。

例えば次のサウジアラビア戦に今日のメンバーでいけば、
中盤を省略されて、プレスがハマらないかもしれない。

今日の戦い方は、ひとつの形。
相手によって、どう選手を変えていけるか。

この予選で起きたことは「世代交代」ではなく、
新戦力の台頭であり、世代間の融合だと思う。

これからは、相手によって、
戦術を変えて戦えるチームにすることが、
本大会で高い到達点へ届くため必要なことだと思う。

  • 2017.07.27 Thursday
そういえば7/23の「鹿島×セビージャ」戦、
360ChannelでVR中継してるのを、
PSVRで少し見た。

新東京ダービーから急いで帰ってきて、
最後の5分だけ見たらば、
音声がまったく出ないトラブル中。

でも映像は出てたので、その感想はというと、
まさにスタジアムにいるのと同じ視点で、
首を振ればピッチ上のいろんなところを見られる、
試合全体を見られる画期的な中継だと思った。

ただ、まだ見れるもんじゃない。
というのも、とにかく画質が粗い。

誰がプレーしてるか、まったく分からない。
スタジアムで視力が悪いのに裸眼で見てる感じ。

ぼやっとした映像がずっと続いて、
ボールもぼやっとしてるから、
何が起こってるのかすら分からないことも。

とはいえ、やってることはすごく面白い。

画質が上がれば、サービスとしては最高に面白い。
スタジアムで実況・解説を聞きながら見てる感じ。

あと足りないのは、会場のノイズ。
会場のノイズだけの中継も見たい。

スタジアムで楽しいのは、湧き上がる興奮を
同じクラブを応援する人と共有する楽しさ。
あの興奮こそが、スタジアムの醍醐味だと思う。

とはいえ、VRでその中継は簡単にできるんだろうけど、
スタジアムに勝つことは絶対にない。

なぜならVRで見てるのは1人だから。
1人でいるということを認識している限り、
スタジアムと同じボルテージにはなれない。

VRの画質が上がって、
スタジアムで見てるのと同じ映像になったとき、
スタジアム観戦をしたい人が
今より増えるんじゃないかと思った。

  • 2017.07.13 Thursday
昨日の天皇杯3回戦、
筑波大学がJ2福岡に勝利して、
4回戦進出を決めた。

しかも筑波は、試合を支配して勝った。
大学チームがJリーグ勢と戦うと、
守ってワンチャンスということが多い中で、
この勝利は、衝撃的だった。

そして僕は、筑波の卒業生として、
ニヤニヤしながら、すでに勝ったことを
知っている試合の録画を見た。

勝利のあと、清水がやっているのと同じ勝利の踊り
「勝ちロコ」で喜び、しかも2回目の繰り返し部分で、
お調子者が出てきてユニフォームを振り回すところまで
コピーしてるのを見て、またニヤニヤした。
(※筑波は今年5月の法政大戦から、勝ちロコをしているらしい)


筑波は体育専門学群(体専)があって、
国立大とはいえ私立に近いレベルで、
競技に打ち込める環境がある。

それに加えてスポーツ推薦枠が、
わずかだけどあるから、
能力のある選手が入りやすい。

そのため、世代別の代表を経験した選手や、
クラブユースや強豪校で中心だった選手が、
筑波に進学していたりする。

例えば3試合で5得点の4年・中野誠也は、
ジュビロ磐田U-18時代に得点を量産。
来シーズンからの磐田加入が内定している

2回戦のJ1仙台戦で
2ゴールの活躍を見せた2年・三苫薫は、
川崎フロンターレU-18の10番として、
トップチーム昇格もウワサされたらしい逸材。

僕の大学の同級では、
ワールドユース準優勝メンバーの石川竜也や、
のちに日本代表入りした羽生直剛、
浦和で活躍することになる平川忠亮などがいた。

ちなみに1年のときの総合科目で、
体育系の「スポーツの技術を考える」をとったら、
前の席が石川と羽生ということが多く、
達筆すぎる石川から、
名前を書く出席簿が回ってきたのはいい思い出。

という話はさておき、
昔から筑波は逸材ぞろいだったわけで、
もともと力のある選手がいるチームだった。

それが今、昨年末の大学選手権優勝、
今シーズンのリーグ戦は現在首位と特に強く、
大学で最も強いチームになっている。

強さとしては、J3レベルだと思う。
J3に参戦しているJ1のU-23チームのイメージ。
それよりも、チームとしてまとまっている分、強いくらい。

だからうまく機能したときには、
J2を力で上回るくらいのレベルにあると思う。


次の4回戦は、高い確率でJ1と当たる。

筑波の小井戸監督が7年間、
アシスタントコーチを務めた恩師・
長谷川健太監督率いるガンバ大阪か。

エース・中野の加入が内定している、
ジュビロ磐田か。

筑波大学がある茨城に本拠地があることで、
これまで天皇杯でも、何度も対戦してきた、
鹿島アントラーズか。

その辺と当たると、楽しいなと思う。

というか、清水以外ならどこでも。
清水も筑波も勝ってほしいし、
万が一、清水が筑波に負けたら、勝ちロコされちゃうし!

だから筑波は、清水じゃなくて、
磐田に勝って、勝ちロコしちゃえばいいじゃない!

  • 2017.05.01 Monday
世の中ではJ2徳島の選手が、
ボールボーイを小突いた問題や、
徳島ファンが他のボールボーイへ
液体をかけた問題が話題になっているけど、

僕はそれよりも深刻で、
もっと話題にすべきだと思うことがある。

それはJ1第9節、大宮×浦和の試合で起きた、
浦和レッズのファンによる、
入場ゲートを強行突破未遂問題。

浦和ファンの数人なのか十数人なのかが、
チケットを持たずに入場ゲートを
強行突破しようとして、係員に止められた。

それ自体ですでに問題なんだけど、
僕が深刻だと思うのは、まったく同じ問題が
17年前にもすでに起こっていて、
どうやら、なくなっていなかったこと。


それは2000年、浦和がJ2にいたころ。
浦和にとってアウェイの試合で、
僕はスタジアム運営のバイトをしていた。

駐車場を担当してた僕の無線には、
開門と同時に緊迫の声が入ってきた。

「入場ゲートを突破されました!」
「机を壊されて、1名が負傷!」
「数十名がチケットなしで入りました!」

行列の先頭の方にいた浦和のファンが、
J2の貧弱な入場ゲートを壊して、
チケットなしでスタジアムへ入った。

ゲートで運営にあたっていた
バイトの一人が、けがをした。


ゲート突破が常態化していたか、
今回が極めて珍しい出来事かは分からない。

ただなんにしても、チケットなしでゲートを
突破しようとする人がいること自体が異常だし、
繰り返されたという体質が異常。

クラブは問題を放置していなかったか。
周りは突破を黙認する雰囲気ではなかったか。

スタジアムが危険な場所というイメージは、
絶対に作っちゃいけない。
親が連れていきたくない場所にしちゃいけない。


正直、一部のファンに問題があるのは
浦和だけじゃないんだけれど…

それにしても問題が多すぎる浦和には、
しっかりと対処してほしいと思う。

  • 2017.04.25 Tuesday
そういえばこの前の川崎戦、
最寄り駅に着いたのが1時間半前で、
本来ならカフェで仕事をするんだけど、

スタジアムの席でやればいいかなと、
等々力陸上競技場の席で仕事を始めたらば。

さすが会社員の気持ちに寄り添う川崎。
スタジアムに無料Wi-Fiが
しっかり飛んでて、仕事がはかどった。

カフェで仕事をするんだったら、
さっさとスタジアムへ行って、
観客席で仕事をした方がはかどる。

サッカーを観に行くときの
ハードルが下がるというか、
日常の中でサッカー観戦ができるうれしさ。

等々力に限らないけれど、
スタジアムの魅力を高める取り組みは、
そういう地味なところが重要だと思う。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM