• 2019.12.04 Wednesday


美味しいと評判の、バナナジュース店の、
シンプルなバナナジュース。

バナナを飲んでる感じ。

バナナとミルク。
あっさりだけど、もろバナナ。

確かに美味しい。

1杯でお腹いっぱい。

  • 2019.11.25 Monday
この前、蜷尾家/NINAOという、
「台湾でアイスクリームブームの火付け役」
という触れ込みの、ソフトクリーム&ティースタンドへ。

目的は…

鳳梨酥(パイナップルケーキ)1個324円




台湾のパイナップルケーキ。

舊振南餅店という、台湾南部の高雄で1890年に創業し、
台湾・香港に20店舗以上を展開している老舗のお菓子。

前に行った台湾旅行では、
このパイナップルケーキを買わなかったので、
ちょっと気になって、日本で唯一売ってるこの店で購入。


まず、パイナップルケーキの種類は大きく分けて2つ。

・パイナップル100%のあん(土鳳梨酥)
・パイナップル+冬瓜などのあん(鳳梨酥)

パイナップル100%は酸味が強く、
冬瓜が入ってると、まろやかな味わいになる。

日本人は酸味が強い方が好きで、
台湾の人は冬瓜入りのまろやかな方が好きらしい。


今回の舊振南餅店は、
パイナップルに冬瓜が練りこまれたタイプ。

食べた。

あんよりも前に、まずバターの風味の生地が美味しい。

チーズも入ってるけど、バター感が強め。
この大きさなら、生地だけでもお菓子として成立してるくらい。

そしてパイナップルあんは、酸味も甘みも控えめ。
詰まってるけど軽いので、ペロリと食べられる。

ただ、このペロリと食べられる感じが、
もう食べ終わっちゃった!となるので、
1個324円を高く感じてしまうのが残念。

台湾で買う倍以上の値段になっちゃうのは、
輸入だからしょうがないけれど。

ここぞ!というときのお茶菓子として、
台湾スイーツ好きの人に食べさせてあげるのがいいかと。


ちなみに寒いけど、ソフトクリームも食べた。

烏龍茶ソフトクリーム(430円)


濃すぎない程よさが美味しい。

けど、寒い今、外で歩きながら食べるものじゃない。

  • 2019.11.18 Monday
背中に詰まった粉瘤を取るため行った人形町。

その帰りに、お腹にあんこが詰まった
たい焼きを買いました。

人形町「柳屋」


たい焼き(1個税込160円)


金曜13時過ぎで20人くらいの行列。
待ち時間は10分以上だったかと。
(待ち時間は買う人の個数によるからなんとも)

あんこは甘さ控えめで、軽くて食べやすい。
皮は薄くて最中みたいな食感と味わい。

そう、最中を食べてるような感覚だった。
上品なたい焼きというか。

もっちり生地が好きな人には
物足りないかもしれないけど。


これで、誰が言ったか「東京三大たい焼き」を制覇。
人形町の「柳屋」のほかは…

●麻布十番「浪花家総本店」(1個税込180円)※2019年11月現在

甘すぎるくらいに甘いあんこが特徴。貫いてほしい。
ちなみに行列はほぼないけど、待つことが多い。
僕の場合は注文後「15分後に来てください」だった。
麻布十番の用事の最初に訪れたい。

●四谷「わかば」(1個税込180円)※2019年11月現在
数年前に食べたから写真がなく、あまり覚えてないけど…
塩味がきいてて、個性がある美味しさだったと思う。


それぞれ違った個性がある「東京三大たい焼き」。

人形町「柳屋」が一番普通の美味しさで、
誰にでもおススメしやすいたい焼きだと思った。

  • 2019.11.04 Monday
J1清水の本拠地・アイスタで、
静岡ダービーの日に買ったキムチ。

テセキムチ(各種税込900円)






チョン・テセ選手の奥さん手作りの味という、
珍しいスタジアムグルメというか、スタジアムみやげ。

白菜キムチ、カクテキ、オイキムチがあったはずだけど、
試合開始1時間以上前の時点でオイキムチはなく、
買えたのが白菜キムチとカクテキ。

ファスナー付きのニオイ漏れしない袋入りで、
保冷バック&保冷剤に入れてもらえた。

スーパーで売ってるキムチは、
日本人向けにマイルドというか、
浅漬けの味わいになってることが多いけど、
これは韓国で食べたキムチ。
韓国料理店とかで出てくるキムチ。

日本のキムチも食べやすくていいんだけど、
これは味の深みというか、口に広がる味わいが、
プラスされている感じ。
でいて、辛さはそこまできつすぎず食べやすい。

ごはんより、お酒に合うキムチ。
サムギョプサルで食べたくなるキムチ。

負けて飲むお酒でも美味しいということは、
このキムチは美味しい!

  • 2019.09.26 Thursday


皮ごと食べられるシャインマスカットは、
ケーキに乗せるぶどうとして最適

でもケーキに乗せない方が美味しい

  • 2019.08.21 Wednesday
珈琲麦酒


確かにコーヒーの味がするビール!

黒ビールのような味わいもありつつ、
珈琲の味も楽しめるというPRをされてるけど、
黒ビールの香ばしい風味があるわけじゃない。

黒ビールファンを取り込もうとすると、
なんか違う、これじゃない感がある。

珈琲のファンは、アリと思えるかも。

コーヒーと食べる食事やスイーツが、
なかなか合うんじゃないかと。

カフェ感のあるデパ地下クリームコロッケで飲んだら、
まあまあアリだった。

  • 2019.08.09 Friday
フレッシュネスバーガーのタピオカドリンク。



タピオカが塊でどさっと入っていて(写真はほぐした後)、
吸ってもストローを上ってこなかった。
大きなチェーン店でも、こんなものなんだなと。

コンビニのチルドで売られてるタピオカドリンクは
さらに酷く、ファミマはこんにゃくのような食感のタピオカで、
まったく美味しくないという状態。

そもそもタピオカはチルドとの相性が悪いはずで、
美味しいものを売り出すことに無理がある。


タピオカドリンクのブームが終わりそうなことから、
今年出店しないと利益が出ないと言われ、
ブームのうちにと、出店ラッシュが起きている。

思い出すのは地ビールブーム。
ブームに乗っかって各地で不味い地ビールが生まれ、
「不味いのに高い」ビールの数々のせいで、
すぐに下火になっていった。

ただ地ビールが今、各地の工場の努力で、
品質が良くて美味しい「クラフトビール」として
人気が高まっているのとは違って、

タピオカはタピオカ業界が特にないから、
第3次ブームとはいえ、過去の反省が生きることはない。

そして、そもそもの問題として、
糖分の多いドリンクとタピオカのコンボで、
カロリーも糖質も高く、ヘルシー路線の時代に逆行。

となると「美味しい」ことが生き残りの条件だけど、
美味しいのが少ないだけに、ちょっと厳しい。


ブームに乗っかった企業や店が潤い、
パイオニアが稼ぐ機会を失う。

台湾から来た美味しい店くらいは、
生き残ってほしいなと思う。

2014年の台湾旅行で飲んだタピオカドリンク…

屋台の黒糖タピオカミルク(40TWD)※当時のレートで155円


春水堂のタピオカミルクティ(Sサイズ75TWD)※当時のレートで291円


どっちも美味しかっただけに、
台湾系のお店にはがんばってほしいなぁと。

  • 2019.06.17 Monday
成城石井で買ったレトルト食品。

マレーシアカレー ルンダン
(36チャンパーズ・オブ・スパイス/価格税込646円)






ルンダンは、アメリカのCNNが毎年発表する
「世界の料理 ベスト50」で、
2017年の1位に輝いたインドネシア料理。
(2位のナシゴレンもなぜかインドネシア料理)

肉をココナッツミルクとスパイスで煮込んだ、
インドネシアの伝統的な高級料理。
カレーというより、カレー味の料理っぽい。

で、このレトルトカレーは、
東京荻窪の老舗マレーシア料理店が監修。
本格中華系マレーシア料理なんだとか。

ルンダンはマレーシア料理でもあるようなので、
マレーシア料理店で出してておかしくなさそう。


まず特徴は香り。
東南アジアの街中の香りというか、
人によっては臭く感じるような独特の香りが広がり、
この時点で好き嫌いが分かれそう。

味は、結構辛い。

いろんなスパイスが入っていて、中でも生姜の味が強め。
あと繊維がすごくて、たぶんココナッツロングという、
ココナッツの繊維でどろっとしてる。

ココナッツミルクパウダーも入っているけれど、
ココナッツミルクの風味より、生姜が強い。

どうやらこれが典型的なルンダンかといえば、
そうでもないみたいで、この店のルンダンは中華系で、
中国移民との中で生まれたものらしい。

あと具として骨付きの手羽元が1本。
ほろほろのやわらか肉は、美味しい。

世界一の料理という主観はさておき、
好みは分かれそうで、僕はちょっと苦手だった。

  • 2019.05.05 Sunday
ネットで安くなってたから買った飲み物。

ココナッツビバレッジ
バナナフレーバー/ストロベリーフレーバー/コーヒーフレーバー
(Thai coco/280ml/各税込184円)※在庫処分で割引価格



タイから輸入されたココナッツ飲料。

“フレーバー”という名前の通り、
バナナはバナナ香料、イチゴはイチゴ香料で、
果汁が入っているような飲み物じゃない。

ただしコーヒーはコーヒー粉末入り。

味はというと、
バナナは、バナナ牛乳をココナッツ風味に、
ストロベリーは、いちご牛乳をココナッツ風味にした感じ。

もうそのまんまの味。
だからバナナ牛乳ココナッツフレーバーとか、
いちご牛乳ココナッツフレーバーでも、しっくりくる。

コーヒーだけは、コーヒーフレーバーでしっくり。
甘いココナッツミルクに、コーヒーの風味。
甘ったるいのが好きな人にはいいのかどうか。

在庫処分で少し安かったから買ったけど、
2度目は買わない、甘〜い飲み物だった。

  • 2019.02.16 Saturday

ルビーチョコレート120g入り


いろいろ入ってて、これ1つでルビーチョコ本来の味は分からない


チョコ映えする上品な色


2019年のバレンタインで注目されていた、
ルビーチョコレート。

ダークチョコ、ミルクチョコが生まれ、
ホワイトチョコが世に出てから80年、
第4のチョコとして発見されたのがルビーチョコ。

そして着色料も風味も加えずに、
ルビーの色合いとフルーティーな味がある。

…という触れ込みで2018年7月から本格展開され、
今年のバレンタインに脚光を浴びた。

というか、時代の変化で世の中の興味が薄れている
バレンタインで、メディアが取り上げやすいネタだった。


で、まんまと気になって、
ネットで買った「割れチョコ」を食べてみた。

口に入れた瞬間は、ホワイトチョコレート。
で、だんだんベリー系の酸味が口に広がっていく。
でもベリーよりもまろやかな味わい。

ただ、クエン酸も入っているので、
これが本来に酸味なのかは不明…。

そもそも普段チョコを食べないから、
ルビーチョコのスゴさは分からないけれど、
ホワイトチョコからベリー系に
変化する味わいは、楽しかった。

なんてことないチョコって気はするけど、
「これってイチゴの味じゃないよ」
という話ができるだけでも、今は価値があるとは思う。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM