• 2018.01.07 Sunday
年に1度、正月休みの帰省のときに、
僕に吠えていた実家の秋田犬・チェリーさんについて、
残念なご報告があります。

昨年の春のことになりますが、
チェリーが亡くなりました。

9歳と8か月でした。

実家の親の話によると、足の靭帯を痛めてしまい、
動かない足の影響で徐々に体が弱ってしまったとのこと。
動物病院で診てもらうなどしましたが、
高齢のため手術が難しかったそうです。

最後の夜は、普段吠えないチェリーが、
高い声で鳴いていたとのこと。
それでも僕の親が側にいると安心なのか、
苦しそうではありながら、静かにしていたそうです。

本来は穏やかな、チェリーらしい最期でした。

チェリーの姿を楽しみにしていてくださったみなさま、
チェリーを見守ってくださり、ありがとうございました!

かなり時間が経っての報告ですみません。
毎年写真や動画を公開するタイミングで、
報告させてもらいました。

それとYouTubeの方には昨年コメントを書いていたんですが、
概要の欄に書くだけだとなかなか届かず…
YouTubeでどう広くコメントを伝えられるか分からず…
検索にひっかかる可能性があるこちらにも書きました。

動画の公開は続けますので、元気な姿を引き続きご覧ください。

  • 2017.01.03 Tuesday
昨日、実家へ帰ったとき会った、
2017年の年始のチェリーさん。







9歳半の雌の秋田犬。

チェリーさんがお年を召して、
僕に吠えることがなくなり、
すごく穏やかになったと思ってたのに。

昼間と夜で別の顔を見せたんです。

昼間のチェリーさん。


夜のチェリーさん。

  • 2017.01.02 Monday
実家へ日帰りで帰省した。

すると実家のすぐ近く・・・



毎日遊びに行っていた
本家があった場所は道になっていた。




友達が魚をとってたり、
ジャンプして渡ってた小川は、
そのまま残っていた。
(僕は魚もジャンプも怖くて見てただけだけど)


変わらない景色で、
子どものころを思い出した。

変わった景色でも、
子どものころを思い出した。


景色が変わっても、
変わらなくても、思い出は蘇る。

変わることも、変わらないことも、
怖がる必要はないということです。

  • 2016.09.08 Thursday
37歳の今年行く海外旅行は、
2泊3日の香港・マカオになった。

そこで旅行で不在になるよと親に連絡。
すると写真が送られてきた。





1990年、両親が香港旅行したとき、
香港から僕へ送ってくれたポストカード。


そのころ僕は小学5年生で、
実家近くの本家でお留守番だった。

この香港は、両親が唯一、
これまで2人で行った海外旅行らしい。

なぜ僕を連れてってくれなかったのかは、
置いとくことにして…

その旅行のとき、
両親の年齢は父38歳・母36歳。

今の僕が同じくらいの歳になって、
夫婦で香港へ行くことに、
母からは「感慨深いです」との言葉。


今度の香港旅行では、
26年後の香港の夜景のポストカードを、
親へ送れたら素敵だなと思う。

夜景もポストカードも興味ないけど、
時の流れが素敵だなと。

  • 2016.04.28 Thursday
実家から送られてきた、
2016年4月末のチェリーさん画像。



もうすぐ9歳。

春の陽気に、おねむです。

  • 2016.04.24 Sunday


まだ4歳とか5歳のころ、
隣の家まで50メートルは離れていて、
辺りにはだだっ広い空き地が広がり、
目の前の道路は車がギリギリすれ違える程度。

それが住宅地が2つでき、
家の前の道が広くなり、
家の裏の養鰻池跡や田んぼの間に道が作られ、
さらに住宅地ができていった。

最近では近所にスーパーができていた中、
ついに、家電量販店やさらにスーパーなどが入った、
ショッピングセンターができたという。

それが最初の写真。
田んぼや空き地がある中に、
突如として現れたショッピングセンター。

30年という時間をかけた、
リアル・シムシティ。

なんだかワクワクする。


ただ、実家へ帰るたびに、
母からの写真がLINEで届くたびに
変わっていく周りの景色には、
楽しさと同時に、どことなく寂しさもあって。

夏になると毎晩うるさかった
うしがえるが鳴く声は、
今では車が走るエンジン音に変わっている。

小川は道の下に隠れ、
網を持っていても魚を捕まえる場所はなく、
アメンボが浮いたり、タニシがくっつくような、
ちっちゃな池もない。

鰻が跳びはねていた池はなくなり、
臭いエサのにおいもない。

ただ、そんな無機質になってく町並みに
寂しさを感じるのは、
僕の日常が東京にあって、
実家は非日常になったからっていうのもあって。

故郷への、身勝手な思い。


町はきっと、まだ発展していく。

そのたびに、きっと複雑な感情になるんだろうなぁ。

  • 2016.04.06 Wednesday




実家から送られてきた写真。
小山城と、満開の桜。

武田信玄が築いた城が復元されたもので、
戦国時代には、徳川家康との戦いが繰り返され、
武田方は敗れる前、この城に自ら火をつけて、
甲州へ落ちていったらしい。(町のサイトより)

そんな、一応歴史ある城。

ただ、小高い山の上にあって、
それなりに長くて急な階段があるから、
部活でさんざん上り下りさせられた場所だった。

武田軍の苦境より、部活での苦しみの方が、
城のイメージとして強い。

  • 2016.04.02 Saturday


実家から送られてきた、桜の写真。

満開だけど、花の数はまばらで、
桜らしい咲き誇る美しさはない。


実はこれ、僕が小学校へ入学したとき、
実家の庭に植えた桜らしい。

小学校入学で、何かをしてくれていたことに、
咲き誇る以上の意味がある。

  • 2016.01.07 Thursday
実家で僕がチェリーさんに何度もカメラを向けてたので、
僕がチェリーさんLOVEだと思った親から、
チェリーさんの画像が送られてきた。

かわいい顔が撮れたよーと。

いやLOVEじゃないんだけど…
と思いながら画像を見てみると…







か、かわいい…。

自撮りテクがうますぎる、
アイドルなんじゃないかと思うくらいに。

  • 2016.01.05 Tuesday
3日に実家へ帰ったとき会った、
2016年の年始のチェリーさん動画です。



8歳半の雌の秋田犬です。
人間の歳でいうと、60歳超え。

手入れがしっかりしてなくて、
毛がモコモコしてます。

正月だけ会うので、2009年から毎年ほえられ、
触れることすらできなかったんですが、
ついにその歴史に終止符が打たれました。

緊張感は解けてないですが。




Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM