• 2019.12.07 Saturday
J1第34節、清水は最終節にホームで
鳥栖と対戦し、1-0で勝利を収めた。

自力で残留を決めるには勝利が必要だった清水は、
いつものようにミスは出ていたものの、
積極的な守備、寄せの速さで致命傷には至らず。
攻撃でもわずかながら、組み立てができた場面も。

すると後半、ドウグラスのスーパーゴールで先制。
その1点を守り切り、7試合ぶりの勝利となった。

その結果、最終節でJ1残留が決定。
序盤戦と終盤戦で苦しんだシーズンは、
最終的に12位という、なんだか残留争いを
していない風の位置でフィニッシュした。


今日も内容は、決して良くなかった。
相変わらず攻撃の組み立てはうまくいかず、
守備ではあたふたする場面もしばしば。
失点につながりそうな危険なミスも1度じゃなかった。

それでも内容は、チームが調子を落とす前に少し戻った。
集中して守り、ドウグラス頼みのサッカーで
勝ち点を拾えていたころの、現実的なサッカー。

前半戦の対戦同様、鳥栖にミスが多く、
個でもある程度の余裕を持てたことで、
いわゆる「気持ちを見せて」戦う姿が見てとれた。

攻守に積極性を失わずに戦えたのは、大きかった。


これまで不甲斐なかった試合でも、
選手たちは気持ちを見せようとしていたと思う。
でも、結果として気持ちが見えないプレーになることもあった。

原因は、チームとしての自信のなさや不安のような、
消極性にあるんじゃないかと思ったりする。

守り切れない不安、得点できない不安、
そんな中で戦うから、プレーに迷いが生じる。
それが一瞬の遅れになり、球際に激しくいこうにも、
相手に寄せる前に回される。寄せきれない。

あと試合前に準備していたことが通用しなかったとき、
修正できないまま攻撃を受け続ける場面も多かった。

これまでピッチ内で声がもっと出ていれば、
準備していたことと違っても、
選手同士でやることが明確になるから戦いやすくなり、
判断スピードが上がり、積極性も増してなかっただろうか。


今日の試合の場合、自力残留には勝つしかなく、
不安より、なんとかしてやるという気持ちが上回り、
積極的な戦い方になった部分があるかもしれない。

そのおかげか、ミスも出ていたけれど、
ミスを気にせず次のプレーもチャレンジできていた。
試合を通して気持ちが見えたし、
守備での寄せが速くなっていた。

この精神状態で毎試合戦えていれば、
終盤の大失速はなかったんじゃないだろうか。

ドウグラス頼みとはいえ、勝ち点を拾えていた気がする。


そしてもうひとつ、もっと根本的な問題として、
クラブとしての何かが足りていない。

というのも、監督が何人変わっても、
選手がどれだけ入れ替わっても、
チームがまったく良くならないわけで、
クラブとして、問題があるとしか思えない。

例えば鹿島は、選手が入れ替わっても、
強い時代が長く、新たな選手が次々と活躍する。
チームにしっかりとしたスタイルというか、
鹿島の空気のようなものがある。

清水には、そういったクラブの色が見えない。
清水はどんなサッカーをやりたいのか分からない。

いつまで経っても試合に敗れた理由として
「ピッチ内で意思疎通が図れていなかった」
「選手同士で声が出せていなかった」
その程度のレベルの声があがってしまう。

クラブとして強くなるための「空気」が感じられない。

それは選手個々の問題であるのと同時に、
クラブとしても雰囲気作りが足りていない証拠。
選手が入れ替わってもそうなるということは、
クラブ全体に漂う何かが、欠けているとしか思えない。

心臓の病気で、脳を手術しても、病は治らない。


今シーズンはまだ天皇杯があるけれど、
クラブとして変化しなければ、
また来シーズンも、残留争いになってしまいそう。

変わらないと、ずっとこんなだと思う。

  • 2019.11.30 Saturday
J1第33節、清水はアウェイで
セレッソ大阪と対戦し、1-2で敗れた。

清水は前半、それなりに戦えていて、
コーナーキックから先制点を奪ったものの、
後半は試合を支配されて2失点。

リードされてからは
守備の固い相手を崩すことはできず、
いつもながら攻守ともに冴えず逆転負け。

J2とプレーオフを戦う16位にいる湘南が勝利し、
最終節を残して、勝ち点差1まで詰められてしまった。


チームのパフォーマンスは、ずっと悪い。

攻撃ではオロオロ、守備ではアタフタして、
プレーに意図が感じられない。

細かなミスやパスのズレがあって、
ボールを奪っても前に運ぶのが遅れ、
プレスを受ければ後ろへ下げるか、
パスコースを限定されてパスカットされる。
チャンスシーンがあっても決め切れない。

前節の大分戦は、
大分対策として前線からのプレスがハマり、
その積極性があらゆるプレーの積極性を高め、
全体的なパフォーマンスも上がっていた。

でも、今日のようにいつもの戦い方をするとまた、
全体的に消極的なプレーになってしまう。

ただ、今シーズンはもう諦めていた。
勝てる試合に勝てればいいと。


なぜならシーズン中盤までは、ここまで酷くなかったから。

第25節のあと、残り9節となったときに、
僕は「勝てる相手に勝てば十分残留できる」と思っていた。

内容的には悪い試合が多かったものの、
ドウグラス頼みでも、相性のいい相手や、
ミスの多い相手には勝てることが多く、
残りの相手を見たとき、残留は難しくないと思っていた。

ところが、名古屋・湘南に連勝したあとは、
1分5敗で勝ち点を伸ばせなかった。

浦和戦あたりから内容がどうにもならなくなった。
ドウグラス頼みすらできなくなっていた。
以前なら勝てそうだった相手にも負けるようになっていた。

ヘナトをはじめ、後ろの選手にケガ人が増えた。
磐田戦では開始早々に退場者を出してしまった。

不安は頭の余裕をなくし、プレーの判断を遅れさせ、
攻撃を受け続ける試合が増えた。
あらゆる精度が落ちた。

さらに試合中の修正ができず、
試合前のプランが崩れると、何もできない試合が増えた。

下手になったんじゃなく、頭がクリアになっていない。


最終節の鳥栖戦は、16位湘南の結果次第で、
清水が引き分け以下だと、
J1プレーオフ行きの可能性がある。

ピッチ内で意識統一をすること。
ピッチ内で声を掛け合うこと。

最終節、大事なのはそういう基本だと思う。

  • 2019.11.23 Saturday
J1第32節、清水はホームで
大分と対戦し、1-1で引き分けた。

最終ラインからボールを回す大分に対して、
清水は前線から積極的にボールを追う対策がハマり、
何度もゴール前に迫ったものの、
フィニッシュとそれに至る質が足りずゴールが遠かった。

そうこうしているうちに、前半終了間際に失点。
しかしそこで沈まず、アグレッシブな戦いを続けると、
終盤にセットプレーからドウグラスのオーバーヘッドを、
ゴール前でジュニオール ドゥトラが合わせて引き分けに。

これで連敗を4で止め、残り2試合で、
J1プレーオフの16位との勝ち点差は4となった。


前半戦で対戦したときもそうだったけど、
大分に対して、清水はうまく対応できていた。

つなぐ大分に対し、清水は高い位置でボールを奪う、
そんな明快な戦い方というのも、
臨機応変な戦いが苦手な清水にとってやりやすかったはず。

そして奪うという積極的な戦い方は、
選手の意識も積極的にさせたのかもしれない。
仕掛ける場面が多く、金子を筆頭にミドルも狙い、
4連敗中にはなかった積極性が見えた。

ヘナトアウグストの復帰も大きく、
特に大分のようなつなぐ相手に対して、
追う守備・奪う守備ができるヘナトの存在は頼もしかった。

しかもヘナトは、豊富な運動量で、
ボールを持った味方近くへ、頻繁に顔を出してくれる。
他の選手の積極性もあったけど、
今日は清水陣内でパスの出しどころに困るシーンや、
苦し紛れのロングボールが減っていた。


ただ、全体的に攻撃での質は低めだった。

浮きまくるフィニッシュ、組み立てでの停滞、
プレーの意外性の少なさ、パスのわずかなズレ。

唯一の得点シーンをアシストした、
ドウグラスのオーバーヘッドは例外として。

ミスとまではいかない精度の低さで、
ゴールに迫りながら、ネットを揺らせなかった。

4連敗中で残留争いという厳しい状況で、
積極的な戦いができただけでも、進歩だと思うけど。

欲を言えば勝ち点3が欲しかっただけに、
もったいなさも感じた。


さあ、残り2節で、
J1プレーオフの16位湘南との勝ち点差は4。

15位 清水 勝点36 得失差-24
16位 湘南 勝点32 得失差-24
17位 松本 勝点30 得失差-16

今日は、清水が引き分けに持ち込んだのと同時に、
湘南が試合終了間際の失点で、
引き分けに持ち込まれたのも大きかった。

最後の数分で、運命は大きく変わった。

これで順位が入れ替わる条件は、
・清水2敗、湘南1勝1分or2勝(それか松本2勝)
・清水1分1敗or2分、湘南2勝
※ちなみに最終節は湘南と松本の直接対決

今日の積極性のまま、残り2節も戦ってほしい。
ビビらず、縮こまらず、丁寧になりすぎず。

  • 2019.11.10 Sunday
J1第31節、清水はアウェイで
仙台と対戦し、0-2で敗れた。

この日も清水は冴えない戦いで、
あらゆることがうまくいっていなかった。

ミスとセットプレーで2失点という、
絵に描いたような清水の悪い試合。

これで4連敗となり、残り3試合で、
J1プレーオフの16位との勝ち点差は4。
残留争いの厳しい戦いが続いている。


何がダメかといえば、全部ダメ。

素早いプレスを受けただけで、
清水は簡単に無力化されてしまった。

自信なさげな清水の選手たちは、
ボール回しではフリーの味方にボールを預けるだけ。

安全なプレーばかりを選択するけれど、
分かりやすいパス回しは相手に読まれ、
消極的な気持ちがミスを生み、
ボールを奪われると簡単にゴール前まで運ばれる。

メンタル面で完全に負けていたように思う。


ケガ人の続出がひとつの原因だろうけど、
選手の質だけで順位が決まるわけじゃないのは、
Jリーグのいろんなクラブが証明している。

清水の場合は、残留争いの中で、
自信を持ったプレーができていないこと、
思い切りのいいプレーができずにいることが、
90分を通してうまくいかない大きな原因だと思う。

能力以下のプレーしかできていない。


次の相手は、選手の質だけじゃないことを、
いい意味で証明している大分。

シーズン前半に戦ったときは、
ヨンソン前監督の退任で、篠田新監督体制の初戦。
前線からのプレスで大分のミスを誘発、
引き分けだったものの、絶好調の大分を封じることに成功した。

ただそれは、清水がそれまでと違う戦い方をしたことで、
大分がうまく対策できなかったのもあるはずで、
次の試合は大分も同じ過ちはしないはず。

それでも、うまく戦えた自信と感覚を持って、
清水は大分と戦ってほしい。

前回の対戦のようにうまくいかなくても、
自信を失うことなく、積極的に戦ってほしい。

その気持ちだけで、結果は変わると思う。

下のチームも勝ち点を積み上げられていない中、
大分との試合に勝てば、残留にかなり近づける。

逆に負ければ…と考えず、積極的な姿勢で臨んでほしい!

  • 2019.10.23 Wednesday
2019年天皇杯、清水は準々決勝で
鳥栖と対戦し、1-0で勝利を収めた。

リーグ戦のここ2試合、浦和戦や広島戦と同じように、
前半のうちに先制し、そのあとは防戦一方の状態。

しかし清水が寄せの速さや、球際で負けないという、
ここ2試合とは違う顔を見せたことで、
なんとか踏ん張り逃げ切った。

これで清水は天皇杯5年ぶりのベスト4、
神戸との準決勝に進出した。


正直、ここ2試合と内容はさほど変わらない。

鳥栖は、浦和や広島よりも精度や連係が良くはなく、
寄せたり、球際に行きやすかったから、
清水が速く寄せられたり、球際の戦いが良かったのはある。

しかも雨が強く降り、ピッチコンディションも悪く、
ボールコントロールが難しかったことで、
鳥栖が攻め切れなかったのも大きかった。

清水は前の試合よりも良かったけれど、
チームの成長かといえば、そこまででもない。

攻撃に移ってもボールをすぐ奪われるし、
プレスを受ければ後ろへ戻し、
あとは縦へ蹴り出し、ドウグラス頼み。

トーナメントだから勝てばいいんだけど、
次に勝てるかどうかは運次第といった勝利。

ただこれをあと2回やれば優勝で、
賞金1.5億円も、ACL出場権もゲットできる。

相手との相性次第でいけるのがカップ戦。


準決勝の相手は神戸。

神戸にはリーグ戦ここ5試合で3勝2分け。
相手次第の清水にとっては、悪くない相手。

ただ神戸は、フェルマーレンと酒井高徳の加入で
守備が安定し、ここ最近のようにはいかなさそう。

どっちに転ぶか分からない。

ただ、清水の内容が悪い割には、
新国立に行ける可能性が十分ある相手だと思う。

  • 2019.10.19 Saturday
J1第29節、清水はホームで
広島と対戦し、1-2で敗れた。

きっちり守り、早い時間帯に得点を決め、
清水にとっては勝ちパターンだったものの、
重心が守備に偏り過ぎて失点すると…

少ないチャンスを決めきれないうちに逆転を許して敗れた。

…って前節とほぼ一緒。
残留争いから抜け出せずにいる。


前節と同じで、先制すると気持ちが守りに入るのか、
あらゆるプレーが消極的になる。

パスがつながらず、プレーの精度が低く、
プレスもかからず、ボールを運ばれるとズルズル下がり、
相手のやりたい放題、やられてばっかり。

こうやって勝ったり負けたりで、
今シーズンはしのげるんだろうけれど、
希望の見えない戦いは、失望感が大きく、
ホームスタジアムへの足を遠のかせてしまうのが心配。

何がしたいのか分からない戦いは、
ストレスがたまるだけ。

守ってどうカウンターにつなげるのか、
戦術ドウグラスが封じられたときどう打開するのか、
守備がハマらなくなったときどう守るのか、
あまりにも無策に見えて、ワクワク感がない。


準備していた通りのことをやって、
うまくハマれば勝ち、うまくハマらなければ負ける。

ハマらなかったときにどうするか、
ピッチ内での修正ができていないのか、
準備が足りていないのか。

何度監督が代わっても、うまくいかないわけで、
「チームが若いから」と言い続けて、
それなりに中堅どころが多いチームになってもまだ、
同じ問題を抱え続けている。


リーグ戦、残り5試合。

ハマりやすいはずの相手が多いわけで、
自信を持って、余裕を持って、
柔軟な戦い方を見せてほしいと思う。

  • 2019.10.06 Sunday
J1第28節、清水はアウェイで
浦和と対戦し、1-2で敗れた。

きっちり守り、早い時間帯に得点を決め、
清水にとっては勝ちパターンだったものの、
重心が守備に偏り過ぎ、前半ATには簡単に失点。

少ないチャンスを決めきれないうちに逆転を許して敗北。
残留争いからは抜け出せていない。


また清水の悪い部分が出た。

前半アディショナルタイム、
キープか攻撃をやり切る時間帯に、
前線でドウグラスがイチかバチかのヒールパス。

軽いボールの失い方をすると、
そこから簡単に運ばれて、誰も寄せられずフリーでクロス、
ゴール前ではソッコが簡単に前に入られて失点。

いつもの安い失点をしてしまった。
消費税が上がっても、失点は安いまま。


ただ、良くも悪くも内容はここ数試合同じ。

相手との相性の差や、能力や状態の差で
勝敗が決まってるだけで、
清水の状態は良くなったわけでもなく、
悪くなったわけでもない。

だからここからも、たぶん勝ったり負けたりを
繰り返していくんじゃないかと思う。

残留のためなら、勝てる相手に勝てればいい。
全勝する必要はないわけで、
同じ戦い方で、勝ちを拾えればそれでいい。

今の戦い方でやっていけば大丈夫だと思う。
というか、それしか方法はない。

  • 2019.09.29 Sunday
J1第27節、清水はアウェイで
湘南と対戦し、6-0で勝利を収めた。

序盤こそ湘南の前線からのプレスに、
清水のDF陣がバタつき危うかったものの、
先制点から落ち着き、ゴールラッシュに。
終わってみればJ1ではクラブ最多タイの6得点。

守備では無失点に抑え、
結果としては文句のない勝利となった。


今シーズンは0-8で負けたり、
試合終了間際のゴールで何度も劇的な勝利を収めたりと、
地味なクラブなのに、試合がド派手。

炎上覚悟のYouTuberかのような、
インパクトある試合が次々と生まれている。

新たに今回、6-0で勝つ試合が生まれた。


ただ今回、清水が特別良かったかといえば、
入りとしては、いつも通りだったと思う。
湘南の前線からのプレスに手を焼き、
苦戦を強いられそうな雰囲気があった。

でも、プレスを受けても苦し紛れに前線の
ドウグラスへ蹴れば、収めてくれたこと。
あと湘南のプレスが弱まったことで、
清水は楽に試合をコントロールし始めた。

そしてゴールを奪い始めると、
清水の選手たちは自信を持ってプレーを始め、
これまでの試合ではあまり見せていなかった
長短ワンタッチ織り交ぜてのスムーズなパス交換を披露。

自信を持てたから決定力も高く、
シュートが枠内へ収まり、次々と決まったんだと思う。


選手の能力が劇的に上がったわけじゃない。
0-8で敗れた試合との違いは、
自信と余裕の違い程度だったりする。

自信や余裕がつまらないミスを減らし、
頭がクリアになったことで周りが見え、
プレーの選択肢が広がっていた。

今日の戦いで、選手たちがやれると自分たちを信じ、
今後少しでも余裕を持てるようになれたら、
大きな意味のある試合だったと思う。

湘南が監督問題もあってか、状態が良くなさそうで、
清水の選手が優位に立てたからこそだけど、
清水は他の試合でも、もっと自信を持っていい。

今のベースはあくまでも、カウンターサッカー。
その中で、自信を持ったプレーができれば、
ボールを奪ってからのプレーで最適解を選択でき、
シュートやパスの成功率も上がるはず。

守備ではプレスを受けてもバタつかず、
ビルドアップとロングパスを使い分けながら、
前へとボールを運べるはず。


今日の大勝は、状態の悪い相手に対して、
早く先制点を奪えたことで出た結果。

再現性の低い、特殊な試合。

今日のスコアは「自信」だけに影響させ、
次はまたしっかりした守備からのカウンターで、
不調の浦和に襲い掛かってほしい。

相手の状態は悪いけど、地味な試合でいいから、
まずは残留を手繰り寄せてほしい。

  • 2019.09.18 Wednesday
2019年天皇杯、清水は4回戦で磐田と対戦し、
1-1で延長戦でも決着つかず、PK戦の末に勝利した。

水曜開催ながら、次節まで1週間以上空く日程で、
ほぼベストメンバーで臨んだ試合は、
内容が相変わらず悪く、チャンスシーンは数えるほど。

それでも敗戦濃厚だった後半ラストプレーで同点ゴール、
PKでは西部が2度のストップをして、劇的な勝利を収めた。

これで清水は天皇杯5年ぶりのベスト8、
鳥栖との準々決勝にコマを進めた。


この試合の主役は、GKの西部だった。

1か月前のJ1リーグ札幌戦、
0-8の大敗を喫した清水のGK西部は、
この日まで出場機会が巡ってこなかった。

屈辱的大敗のあと、出場がなかったのは西部ただひとり。
それだけに今日の静岡ダービーへの思いは、
38歳にして「ターニングポイント」と事前に考えるほど、
サッカー人生がかかった戦いだったという。

そんな今日の戦いで、1失点はあったものの、
PKを2つも止め、自らのプレーで勝利を手繰り寄せた。

その物語だけで、この試合は観る価値がある。


スポーツの試合には、試合ごとのドラマがある。

今日でいえば、清水敗退濃厚の後半終了間際に、
泥臭くも入った、同点となるオウンゴール。

しかも静岡ダービーという負けられない試合、
天皇杯という負けたら終わりの大会で、
後半ラストプレーで同点としたドラマ。

そして、好きなクラブをずっと見ていると、
チームや選手の浮き沈みにもドラマがある。

それが今日の試合でいえば、西部が主役になった瞬間。
1か月前の0-8でボロボロになった大ベテランが、
人生をかけた一戦で、勝利を手繰り寄せたドラマ。

試合内容は褒められたものじゃなく、
退屈な時間が長かったけれど、
今日の試合に限っては、物語で退屈は吹き飛んだ。


天皇杯、あと2つ勝てば、
2020年元日の決勝に進める。

ちなみに2005年シーズンの天皇杯、
準優勝に終わったときのGKが西部だった。

新たな物語を、見たい。

  • 2019.09.15 Sunday
J1第26節、清水はおととい金曜にホームで
名古屋と対戦し、3-2で逆転勝ちを収めた。

清水は前半の速い時間帯に、
またも緩い対応から失点を喫したものの、
名古屋も緩く、清水が西澤の2発などで逆転。

日曜までの今節を終えて、
J2とのプレーオフを戦う16位まで、
勝ち点差5に引き離すことができた。


名古屋はやっぱり、清水がやりやすい相手だった。

自分たちのサッカーを貫いてくれるから、
臨機応変に戦うのが苦手な清水にとっては、
事前に準備していた対応策が生きやすい。

そしてビルドアップが苦手な清水にとって、
前線からハメてこないのはやりやすいし、
カウンターが命の清水にとって、
名古屋はショートパスを繰り返すから引っ掛けやすい。

清水自体は、ここ数試合とさほど変わっていないくて、
相変わらず危うい場面が多く、去年終盤ほどの破壊力はない。

北川が抜けた穴が思った以上に大きく、
ドウグラスを使ったカウンターの破壊力が落ち、
攻め切れないから守備の時間も増えてしまう。

守備ではソッコがリーグ戦で久しぶりに出場し、
パフォーマンスを取り戻しつつあるとはいえ、
GKを中心に危うい守備は相変わらず多い。

でもこうやって、勝てる相手に勝ち、
負けてしまう相手は仕方ないと割り切ることが、
今シーズン、少しでも上へ行くために大事になる。


これでシーズン後半戦は4勝4敗1分。

ここ数試合、大敗はあったものの、
上位陣との戦いが多かった中で五分。

今後は相性のいい相手や下位との戦いが多い。

その中で、今日も見せてしまった「安い失点」を減らし、
攻撃陣がきっちりと決めていくことが重要。

そういう意味では、名古屋の緩さはあったとはいえ、
この日、枠内ミドル3本が得点に結びついたのは、
前向きになれる材料だと思う。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM