• 2015.02.08 Sunday
台湾で買った、台湾限定のご当地ナノブロック。

左がOPENちゃん、右が中正紀念堂


今日は、昨日の中正紀念堂に続いて、
OPENちゃんを紹介。





本物のOPENちゃんは…



まあ本物というか、立体化したものというか。
それに、空港のセブンにいたOPENちゃんだから、
空港バージョンの装いをしてる。

OPENちゃんっていうのは、
台湾のセブンイレブンの
マスコットキャラクターで、
日本の電通のキャラクター開発ユニットが、
企画デザインをしたらしい。

台湾ではなかなかの人気者みたいで、
OPENちゃんグッズやコラボ食品などが、
台湾のセブンでは、いっぱい売られてる。

というわけで、完成したナノブロックがこちら。









ファミコンに出てくるキャラみたいな、
ドット感がかわいい。

ちなみにOPENちゃんが連れてるのは、
調べたところ、OPENちゃんの親友とされる、
ちくわ色のハムスター「ちくわ」。
犬かと思った…。ハムスターを連れ出すとは。

大きさは…



中正紀念堂よりも小さい、
手のひらにちょこんと乗るサイズ。
そりゃ当然かわいいでしょ。

台湾で買った2つのナノブロック、
中正紀念堂もOPENちゃんも、
どっちもたまらなく愛らしくていい。

他にも「台北101」がある、
台湾限定のご当地ナノブロック。

台湾へ行ったことを思い出させてくれる、
とってもいい買い物だった。



※台北では市内の誠品書店だったり、
 台北松山空港で売ってました。

  • 2015.02.07 Saturday
台湾で買った、台湾限定のご当地ナノブロック。

左がOPENちゃん、右が中正紀念堂


今日は、中正紀念堂を紹介。





本物の中正紀念堂は…





こんな感じで、白さが美しく、
ぽっちゃり感が、どことなくかわいらしい建物。

中国の初代総統・蒋介石の功績をたたえて、
1980年に完成した、蒋介石の資料館や
ホールなどがある建物が、中正紀念堂。
(中正…蒋介石の本名)

衛兵交代儀式があることでも有名で、
歌劇やコンサートなども行われている。

で、完成したナノブロックがこちら。









かわいい。
もこもこしたかわいさというか。

ちなみに大きさは…



手のひらサイズ。

台湾へ行った記念に、
中正紀念堂のナノブロック、
アリだと思う。

  • 2014.11.15 Saturday
2014年11月8日に撮影した、
台湾・台北「國父紀念館」の衛兵交替式の動画です。

交替式の中でも盛大に行われる、
任務が終わった17時の撤収の様子です。

うまく撮れてないけど…雰囲気だけでも。

  • 2014.11.09 Sunday
■初めての台湾 2泊3日台北旅行1日目
■初めての台湾 2泊3日台北旅行2日目の続き


■6:30
起床


■7:00
林森公園でランニング




泊まってるエンペラーホテル(国王大飯店)の、
道路を挟んで向かいにある公園で早朝ランニング。

街中にある公園で、
ウォーキングするには充分な広さだけど、
何キロか走るにはちょっと狭いかも。
走ったのは2.5kmだったけど、
中を走らず外周をまわったり、
隣の公園まで行ったり、街を走ったり。

でも、僕のランニング履歴の中に、
台湾でのGPSの軌跡が残っただけで満足。

ちなみにここは日本統治時代に、
共同墓地だった、由緒ある場所。




※何が書いてあるかはクリックで拡大

近場で歴史を感じられる場所。


■8:40
ホテルをチェックアウト

12時チェックアウトだけど、
送迎がホテルへ15時20分に来るから、
先に荷物をまとめてチェックアウト。
荷物をロビーで預けてホテルを出発。

すると…



雨。

ランニングのときは降ってなかったのに。
最終日は雨の中で過ごすことに。

中山駅から中山國小駅へ。


■9:10
行天宮


雨で地面がすべりやすく、行天宮の前でツルン。
なんとか膝をついただけで済んだけど、
ズボンの膝部分が地面の雨で濡れてテンションダウン。

気を取り直して中へ入ると…



ここは商売の神様として、
三国志で有名な「関羽」がまつられている。
中国で初めてそろばんを使って、
部下へ公平に報酬を分配した人物らしい。

無料のお守りがあったり、
おみくじができるんだけど、
どっちも11時からとのこと。

お守りは、日本みたいに誰かへ買ってくとかじゃなく、
実際に来た本人じゃないと意味がないっぽいことを、
ボランティアのおばちゃんが話してた。

何もできなかったけど、
台湾の文化に触れることができて満足。

帰りには、滑ったときの膝も乾いて、
テンション戻る。


■9:50
好公道(ハオゴンダウ)※金鶏園とも書かれてる


永康街っていう学生街にある小籠包の店。

他の飲食店は始まるのが10時とか11時とかだけど、
ここは9時からやってるってことで、
午前中から小龍包を食べに。
過密日程の旅行者にはありがたい。

1階で職人数名が、大量の小龍包を作ってる
厨房みたいなところがあって、
その厨房を通って、2階へ上がったところが店。
奥が店とは、知ってないと分からないレベル。

しかもこんな早くから小龍包を食べる人は
なかなかいないのか、僕らが一番乗り。



まだ準備してない状態で、
電気をつけたてくれて、調味料を用意。
さらに…



猫が自由にうろうろしてて、
窓枠とか椅子とかに乗るから、
店の人にバシッと叩かれてた。

で、日本語のメニューで注文したのが…

小龍包(80TWD)と蟹入り小龍包(160TWD)

普通の小龍包と、カニとカニミソがたっぷり入った小龍包。
中の汁を楽しむっていうよりも、肉を味わうタイプ。
蟹の方は風味がかなり出てる。

えびシューマイ(120TWD)

エビがプリップリで大きい!

安くてボリューム満タンで美味しい。
これだけ頼めば、お腹いっぱい。
お腹がちょっともっさりするレベル。
でも、もたれるって感じじゃない。

正直、この旅で一番良かった飲食店がここ。

人気の小龍包店とか、オシャレな台湾料理は、
確かに美味しくて大満足だったけど、
日本で食べようと思えば食べられる。

でもこの雰囲気や庶民感あふれる味は、
なかなか日本じゃ食べられない。

だからって、日本にある台湾料理の庶民的な店で、
こんなにも本格的な小龍包は食べられない。

で、この庶民的な店が、
わざわざ店を日本に上陸させないだろうし。


■11:00
台北地下街






台北駅周辺の地下に広がっている、地下街をウロウロ。
アニメキャラがイメージキャラで、
いたるところに、アニメアニメ。
台湾の今のカルチャーなんだなと。

あとガチャガチャもあって…



日本よりもちょっと高い値段。
(日本:200円 台湾:60TWD)

で、よく見ると…



妖怪ウォッチ。
この旅で、初めて妖怪ウォッチに遭遇。
まだ台湾では知られてないのかも。

さらにウロウロしていると…







いたるところに、なぜか沖縄。
台北地下街にある「沖縄で結婚式をあげました」の前で
写真を撮る愚行はせず。

そしてホテルの最寄駅・中山駅へ戻って…


■12:20
春水堂(新光三越南西店)

台湾を代表する飲み物「タピオカミルクティ」発祥の店で、
最近は日本でも店を展開してる。

注文したのは、もちろん…

タピオカミルクティ(Sサイズ:75TWD)


確かに美味しい。
甘くなくて、あっさりしてるというか。

これも日本で飲めるけど、
台湾で飲むっていう価値。

右は鉄観音コールドドリンク(砕き氷入り)(S:60TWD)



■13:00
新光三越南西店

新光三越をウロウロしようと、
エレベーターで最上階へ行こうとしたら、
エレベーター内にドレスを着た子どもの
親子連れが3組ほど。しかも1組は男の子。

何があるのかと思ったら…

「冰雪奇缘」


日本では「アナと雪の女王」。

台湾でも流行ってるらしく、
その写真撮影イベント?があって、
子どもが殺到してたっぽい。


このあと、行きたかった台湾料理店
「青葉餐廳」が厨房の入れ替えとやらで
この日はやってなくて、近くの店へ。


■13:40
囍壺人間茶館

開業して1年ちょっとの新しめのカフェ。
メニューに印をつけてレジへ持って行って、
注文をするスタイル。清算もこのとき。

ここで食べたのが…

牛肉麺(ニューロウメン)


台式蘿蔔糕


牛肉麺は、あっさりしたうまみがある、
太麺のラーメン。なかなかの美味しさ。

台式蘿蔔糕は「大根もち」というもので、
台湾の朝ごはんメニューの定番らしい。
2種類のタレで片側は甘味噌的で、
もう片方はコチュジャン的な味。

あと烏龍茶はやっぱ美味しい。
あったかい烏龍茶、たまらない。


ちなみにこの店の入り口の傘立てに、
ホテルの傘を置いてたら、
誰かに持ってかれるという事案が。

コンビニへ寄ってホテルへ戻り、
「すみません、とられちゃいました」と謝ると、
全然いいですよ、と。申し訳なかったです。


■15:20
ツアーの送迎車に乗ってホテル出発


■15:45
空港へ向かう途中で、
JALのツアーの中で行かなきゃなんない、
「総合土産店」へ。30分間のお土産タイム。

日本人観光客をここに連れてくことで、
店から旅行代理店へお金が入り、
ツアーの代金が安くなる仕組み。

でも買うのは強制じゃなく、
自由時間で何をしてもOK。
ちょろっと中を見たあと、近所のセブンイレブンへ。

そこで、旅の中で食べようかどうしようか、
ずっと迷ってたものを食べることに。



それは…

茶葉蛋(8TWD)


台湾のコンビニに入ると、
この臭いが充満していて。

一昔前の日本のコンビニも、
おでん臭さがすごかったけども、
それのさらに馴染めないバージョン。

っていうのもこの茶葉蛋、
名前の通り、烏龍茶などの茶葉で煮た卵で、
この香辛料として八角が入ってる。
台湾の人たちにとっては、国民食らしい。

でもこの香りは、日本人にとっては馴染みがない。
とっても臭いから、食べるのをためらう。

でも、食べることに。
袋に入れてお会計して、店外へ。



袋から出して…



殻をむいて…



パクリ。



意外と味にクセはない!

薄くしょうゆ味っぽくはあるけど、
東京のおでんとほとんど変わらない濃さ。
お茶の味が、だし的な位置付けなんだと思う。
直接的にお茶の味は感じなかった。
八角の風味に負けてるだけかもしれないけど。

で、その八角の風味はあるけど、
別にイヤな味はしない。
とってもあっさりしてる。
臭みがあるのに、味にはそんなにクセがない。

あとは普通のゆでたまご。

別に今度また食べたい!とは思わないけど、
台湾で食べて良かった!と思った。

怖いかもしれないけど、一度食べてみては。


■16:30
台北松山空港到着

空港内のセブンイレブンには…

OPENちゃん


台湾のセブンイレブンの
マスコットキャラクターで、
台湾でかなりの人気者なんだとか。

OPENちゃんグッズやコラボ食品など、
もちろん街中のセブンでもいっぱい売られてる。

ちなみにOPENちゃんは、
日本で2013年のゆるキャラグランプリに出場。
1580キャラ中、199位だった。
日本のゆるキャラは層が厚いし、
ゆるキャラで当てようとしてる町も企業も熱い。


■18:15
台北松山空港発
チャイナエアライン CI222便

機内食は「肉」をチョイス。


パンと烏龍茶が美味しかったです。


■21:55(ここから日本時間) ※日本は台湾+1時間
羽田空港着

スーツケースが出てくるのが最後の方で、
空港を出るまでにかなり時間がかかり、
Wi-Fiを返したりして、帰りは電車。


■23:30
帰宅


以上、台湾・台北旅行2泊3日でした。

過酷なスケジュールだけども、
初の台湾でも、元気がある人なら、
このくらいまわれるということを伝えられたらと。

長々とした日記を見てくださって、
ありがとうございました。

  • 2014.11.08 Saturday
■初めての台湾 2泊3日台北旅行1日目の続き


■5:30
エンペラーホテル(国王大飯店)にて起床

8階。街中のビジネスホテル的で、
眺めがいいわけじゃない。
でもこれは、この旅で重要じゃない。


■6:20
ホテル出発
(中山駅まで徒歩10分程度)


■6:50
中正紀念堂








フォルムがなんか、かわいい。

このあたり、朝にいたのはごくわずかな観光客と、
地元の学校の部活で、中正紀念堂周りを走ってる集団、
あと太極拳をしてる人たち、そして…



剣をゆっくり振ってるおじさん。
カジュアルなシャツで。

さらに敷地には…





こんなところがあったりしつつ…



中正紀念堂をあとにして、南国っぽい道を歩くこと25分!
早朝からいきなり体力を使って着いたのが…


■7:50
阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)


台湾で人気の行列店。

7時50分に並び始めて、
店には入れたのは9時10分。
なんと1時間20分待ち!
台湾人は日本人と同じでよく並ぶらしい。

行列の長さはまた改めて書くとして、
何に行列ができてたかというと…



左上が豆乳ベースのスープ(鹹豆漿:30TWD)、
右上があっさりした豆乳(豆漿:25TWD)、
下が卵焼きがたっぷり挟まったパン(厚餅夾蛋:38TWD)。

中でも日本にないのが…

鹹豆漿


茶碗蒸しのような味で、食感はゆるい。
「油條(ヨウティアオ)」っていう揚げたパンが入ってる。
これを食べれば、軽い朝食になる感じ。

確かに全体的に美味しかったけど、
旅で貴重な1時間20分という時間を、
行列に費やすことが良かったかはさておき、
台湾で最もアツい飲食店なわけで、
並んで待って食べたっていう事実にも、価値があった。
そもそも行列って、そんなものだと思う。

そして食べ終わったらすぐ移動。
地下鉄とバスを乗り継いで、
みんな降りるバス停で降りて着いたのが…


■10:15〜11:50
国立故宮博物院






前に東京・上野の東京国立博物館で開催された、
「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」を見たから、
中で見られたものはあまり変わらない。

あ〜、東京でも見たね〜的な。
でも台北で見ることに価値があるし、
国立故宮博物院を見渡すことがいいわけで。

それに東京では大行列ができてて、
たった1つ見るためだけに60分並んだ、
19センチの至宝「翠玉白菜」が、
台北では、ほとんど並ばずに見れた。

まあ台北ではさっき、
豆乳に1時間20分待ったわけだけど。

でも!東京では近くに寄れないよう、
ロープが張ってあったのが、
台北ではガラス越しで間近で見られた。

イナゴとキリギリスがとまっているのが、
よ〜く見えた。精巧さがより分かった。

そしてバスで駅へ戻り、
地下鉄に乗って次にやってきたのが…


■13:10
台北101


高さ509.2m、地上101階の超高層タワー。
でっかい。美しくはないけど迫力すごい。
展望台へ行くには、500TWD。
さっそくチケットを買って、展望台へ行くエレベーターへ。



世界最高速エレベーターのギネス認定証。
なんと、時速60.6km(分速1,010m)。
1階から、382メートルの高さの89階まで39秒。
あっという間に展望台へ。





台北の建物を知らないから、
景色を見ても、何が何だか分からず。
展望台って、知ってる景色じゃないとつまらない。

さらに91階の屋外展望台へ。



展望はできなかったけど、
台北101の頂上が間近に。

そしてエレベーター階へ戻る途中…



マスコットキャラクターの「ダンパーベイビー」。
風圧の振動を抑えるために設置されている、
中心の大きな球体をモチーフに、
日本のサンリオがデザインしたらしい。

で、さらにサンゴの展示室。



群がる中国?台湾?の人たち。
やっぱ好きなんだなぁと。

細工が凄くて…



サンゴから作られたエビ。
これはなかなか美しい。
故宮の白菜といい、台湾の人はこういうのが好きなのか、
こういうのがウケると分かったから作ったのか。

そして台北101のフードコートへ。



食べたのが…「魯肉飯(ルーローハン)」のセット


初魯肉飯。なかなか美味しい。
煮込み豚肉丼。
脂が多そうだけどあっさりしてる。

さらに…





確かバナナミルクだったはず。
普通に美味しく飲みながら、
歩いて市政府駅方面へ。そこで着いたのが…


■15:20
誠品信義店


しっかりしたトレンドスポット。
洗練されてて、台湾らしさを求めると面白味がない。
台湾の本とかDVDとかCDとか見たかったけど、
どれが台湾で、どれが中国でとか分からず。

ここから1駅分歩いて…


■16:40
國父紀念館


中国近代化革命の指導者であり、
台湾の父とも呼ばれる孫文の業績を讃え、
その教えを後世に語り継ぐための紀念館。
館内には…



どでかい孫文が鎮座。
そして孫文の像の前には…



2人の衛兵。
で、1時間に1回、毎時00分に交代式があるんだけど、
たまたま17時の終業のときに着いたから、
衛兵が終わる長いパフォーマンスが。

司会のアナウンスが始まってから、
15分近くのパフォーマンス。
ビシッと決める、凛々しいパフォーマンスだった。

ちなみに僕は数分だと思って、
動画撮影をしてたから、カメラを持つ手が限界に。
最後の方はパフォーマンスを楽しむよりも、
最後まで撮影し続けることに集中してて、
パフォーマンスは頭に残っていない。
あとから家で見た動画が、僕の中の衛兵交代式。

⇒動画はYouTubeで(うまく撮れてないですが…)


■17:35
ICE MONSTER

マンゴーかき氷ブームを作りだした人気店。
涼しい時期ってことや、
夕方っていう時間帯だからか、
行列はなく、すんなりと入店。

食べたのはもちろん…

新鮮芒果綿花甜(マンゴーかき氷)(250TWD)


マンゴー味のふわっふわのかき氷に、
マンゴーアイス、マンゴーの果実、
そしてパンナコッタが乗った贅沢な一品。

涼しいから体が欲する感じじゃなかったけど、
食べてみれば、もちろん美味しいかき氷。
口の中で、とけて、とろける氷。
マンゴーの果実がたっぷり入っていて、
2人で食べてなんとか完食。

ちなみに…



オーナーの顔をモチーフにしたキャラクター。
全体的にポップなお店だった。

このあと國父紀念館駅から電車に乗って、
2駅先の忠孝新生駅へ。

やってきたのは…


■18:10
HTCショップ 台北八店




台湾のスマホメーカー「HTC」のショップ。
僕は2年前からHTCのスマホを使ってて、
最近もHTCからHTCへ変えたばかり。

僕と台湾をつなぐ、
唯一のものがスマホだから、
とりあえずここには行っとかないと、と。

店内ではセクシーなお姉さんが、
男たちへスマホをPR。

2階はカフェだったけど、
今回の旅にそんな余裕はなく、
ショップは普通の端末やアクセサリーがあるだけで、
特に買うようなものはなく。

3分くらいいて、店を出た。
行くことに意味があった。

そして、忠孝新生駅から、
ホテルがある中山駅へ。

中山駅からホテルへ戻るまで、
いろんなところで買いまくり。


■18:40
金興發生活館
食品から生活雑貨まである店で、
そこにはやおきんが台湾向けに作った
うまい棒が30本入りで売られてた。

で、それが入ってるダンボール箱に、
なぜか1袋だけ、台湾メーカー?のうまい棒もどきが。



おみやげに、両方の30本入りを買うなどなど。
(どんな味だったかはまた後日)


■19:00
王徳傳茶荘


1862年に台南で創業された老舗茶荘(茶葉の店)。
伊右衛門のCMに出てきそうな、
イケメン店員(店主?)に試飲させてもらいながら、
自分たち用とおみやげ用に茶葉を選んだ。

2〜3度試飲させてもらったあと、
どれも甘い味のものだったから、
「もうちょっと深くて渋めの味がいい」と伝えたくて、
英語も使ってはみたけれどうまく通じず、
日本語が分かる人と電話をつないでくれた。

すると電話の向こうの、
日本語が分かる台湾の方から…

「烏龍茶は“甘い”がいいものですから、
 “渋い”は良くないですよ」

と、まさかのお叱りを受けた…
というか、知識を授けられた。
台湾人が黒烏龍茶を飲んだらどうなるんだと。

結局、甘いのは物足りなくて、
渋くはないけど、風味が強めのものとか、
ティーパックの淹れやすいものを買った。


缶がかわいい。(缶入りじゃないものもあります)

ちなみに、お値段はそれなりにするけど、
茶荘で買ったらそんなもんかと。
 例)
 定番…凍頂烏龍茶:150g 780TWD
 最安…四季烏龍茶:150g 280TWD
 最高…特級正欉(せいそう)鉄観音茶:100g 2680TWD


■19:45
JASONS(スーパーマーケット)

さらにスーパーで、お土産などお買い物。
ちなみに入口の立て看板には…



スーパーマクット。
声に出して読みたい。


そのあとスーパーマクットの先の
新東陽にも寄りつつ、
夜ごはんの前に、買ったものを置きにホテルへ。


■20:50
エンペラーホテル(国王大飯店)

そしてホテルから歩いて4〜5分の店へ。


■21:30
梅子餐庁(林森店)


梅子さんがオーナーだから、梅子。
日本人じゃなくて、台湾の人。
1965年のオープンから、日本人に親しまれてるらしい、
ガイドブックにも載ってる店。

料理は…




※取り分けたあとです






※美味しくてこのあともう1本注文


※取り分けたあとです。もとは5個




※食べ終わってサービス

写真を撮るのを毎回忘れるほど、
美味しい料理の数々。

海鮮系の台湾料理が中心で、
これだけ食べて飲んで、2120TWD。
(紹興酒はんでる)
今の日本円にして8000円くらい。

円安だからそんなだけど、
味も値段も満足できる料理だった。

エンペラーホテルに泊まるんだったら、
近いし行くといいんじゃないかと。


■24:00
ホテル着


■25:00
就寝


今日も長くて充実した一日。
ラストの明日は、今日よりゆったりと。

  • 2014.11.07 Friday
初の台湾・台北旅行。

2泊3日で、1日目の朝に出国、
3日目の夜に帰国っていう、
3日間をフルに使っての旅行。

しかも3日間をゆったり楽しむんじゃなく、
やることをギュウギュウに詰めた、
回れるだけ回るハードな行程。

初の台北なので、ガイド本に乗ってるような、
メジャーなスポットばかり行ってきた。

その日記を、写真とともに記します。

※1TWD(台湾ドル)=3.88円のレートで両替
 ここ数年で一番の円安の時期だった。


■3:30
起床


■4:45
東京シティエアターミナル出発

リムジンバスで羽田空港国際線ターミナルへ
他に乗ってたのは3人だけ


■5:10
羽田空港国際線ターミナル着


■6:13

デッキからの日の出


■7:20
羽田空港発
チャイナエアライン CI223便

機内食は和食をチョイス

鮭と白身魚で何か巻いてるものや、
卵焼きの魚介風味が微妙なお味。
烏龍茶が美味しい気はした。
現地でお昼を食べたいのであまり食べず。

ちなみに機内はかなり寒くて、
ブランケット1枚じゃどうにもならず。
チャイナエアラインは、寒い。


■10:15(ここから台湾時間) ※台湾は日本-1時間
台北松山空港着

天候は曇り。暑いと思ってたけど、
曇ってたのもあって、Tシャツに長袖シャツでちょうどいい。
気温は20〜23度くらいだろうか。
(結局、旅行中ずっと長袖を着てた)


■11:15
エンペラーホテル(国王大飯店)到着
台北の中でも賑わってる中山駅近くのホテル

本来は15時以降チェックインだけど、
12時ごろチェックインできるとのことなので、
荷物を預けて、とりあえず昼食へ。


■11:40
昼食:鼎泰豊(ディンタイフォン)新光三越南西店

「世界の10大レストラン」に選ばれた
行列ができると有名な台湾料理店だけど、
この店舗はオープンしたのが2か月前の9月12日だからか、
昼どきなのに行列なく、すんなりと入店。

小龍包


箸で優しくつままないと破れるほど、
とろんとしてて、中がジューシー。

確かに美味しかった。ザ・小龍包。
日本でも食べられる味かもしれないけど、
台北で食べると、ありがたみがある。

海老と豚肉のチャーハンと、サツマイモの葉炒め


餃子は羽根つき


これで合計693TWD(約2690円)
小龍包、美味しいには美味しいけど、
驚くほどの美味しさじゃなく。
まあそうだよねっていう感じ。


■12:30
ホテルへ戻ったものの、
まだ部屋が空かないとのことで
そのまま荷物を預けて最初の目的地へ


■12:50
中山駅


■13:15〜14:15
台北書院(茶芸館)

日本が統治してた1936年に建てられた、
台湾の国家二級古跡「中山堂」の中にある茶芸館。
1人あたり最低消費は250TWD。


廊下に席がある

凍頂烏龍茶(300TWD)、文山包種(250TWD)


茶芸のプロ「茶人」が、お茶の淹れ方を教えてくれた。
もちろん淹れたお茶を飲ませてくれた。
最高に美味しくて、最高に贅沢な時間。

パイナップルケーキ(80TWD)



■14:58
九份(キュウフン)へ、
電車とバスを乗り継いで行こうと、
瑞芳(ルイファン)行きの電車が出てる、
台湾鉄道の台北駅へ。

ちなみに切符を買ったあと、
トイレへ行ってから改札を通ろうとしたら…
あれ?切符がない!3分前に買ったのに!

なくさないようにと、ポケットにしまってたはずの切符。
携帯と一緒に入れると、携帯を出したとき落ちちゃうから、
もう片方のカメラを一旦入れてたポケットに
大事にしまってたんだけど、
そのカメラを取り出した瞬間があって、
たぶんそのときに切符を落としちゃったんじゃないかと。

ちなみに撮ったのはこれ。



切符は紙幣が入らないから、
近くに両替機が置いてあるっていう、
なんてことない写真なんだけども、
旅の始まりだから何もかもが新鮮で、
つい撮りたくなってしまい。

49TWD(約190円)の切符をもう一度買って、
凹みながら普通列車に乗り込んだ。


■15:50
瑞芳(ルイファン)駅着




駅を出て左に曲がって220メートル、
警察の先にあるバス停から九份へ

このバスが曲者で乗り過ごしたので、
その様子はまた後日紹介するとして…

「九份老街」「観海亭」って文字が出たら、
押しボタンを押して降りるのが正解。
後払いで15TWDだった。


■16:20
九份老街側の入口


こんな雰囲気で


この行列の店でちょっと買い食い


阿珠雪在焼(40TWD)


日本名“ピーナッツ巻のアイスクリーム”で、
バニラアイスに、ピーナッツを粗く削った粉をかけ、
クレープ生地で巻いたもの。
バニラアイスと、きな粉にも似たピーナッツ粉、
そしてモッチモチした生地の組み合わせが美味しい。

そして見晴らしのいい場所から…


さらにこんなディープスポットも…

泥人呉(入館料:50TWD)






お面を作り続けて30年の男が、
1人で作り上げた「鬼」のお面1500個以上が、
館内の壁にビッシリと展示されている。

スゴいスポットだったので、
この博物館については、また改めて。

そして観光客の一番人気はこの風景


千と千尋の神隠しの舞台になったとされる、
この街並み。(宮崎駿は否定)

日本からの観光客がかなり多くて…



こんな張り紙もあったり。

ただ、時間帯の問題か、
そもそもこんなものなのか、
ちょうちんの灯りは少なく、
幻想的な雰囲気はそれほど感じられず。
ちょっとガッカリスポットだった。

でも一度なら、雰囲気を感じるだけでも
行く価値はあるのかな、とも。
で、せっかく行くなら「泥人呉」へ。


■18:05
856番のバスに乗って瑞芳へ

でもちょうどいい時間の
18:25発・特急プユマ号が、
満席なうえに立ち乗り不可で、
35分後の急行が来るまで、
スーパーとかでウロウロしながら待つことに。


■19:00
19:00発の急行で台北駅へ行き、
乗り換えて劍潭(チェンタン)駅へ


■20:30
士林夜市


鉄板焼き(ビール2本含めて全部で330TWD)

美味しかったけど、普通といえば普通。

お祭り的なアトラクション多数


帰りにこの店で買った…


黒糖タピオカミルク(40TWD)

美味しかった!
黒糖ってあるけど甘さ控えめ。


■24:00
エンペラーホテル(国王大飯店)着
この時間まで、入口ロビーに荷物を預けられた。

部屋はこんな感じ





そして…


ホテル近くのコンビニで買った、
ぶどうやマンゴーのビールと、
マックで買った期間限定の
辛いチキンバーガー(82TWD)で初日シメ。


■25:00
就寝

長くて濃すぎる台北初日。
ハードすぎるけど、充実してました。

1

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM