• 2018.12.28 Friday
東京マラソン2018に出場したメモを、
今さらながら、でも2018年のうちに。

左足の坐骨神経痛で、
お尻のあたりが鈍くてじんわりとした痛みの中、
東京マラソンに出場した記録です。


■6:00
白米軽く、みそ汁を一緒に。
スタートまでに栄養系のゼリーを
2つお腹に入れた。


■7:50
新宿駅でトイレへ。
会場のトイレはどこがすいてるか分からないから、
トイレは駅で済ませた方がいい。


■8:00
GATE2へ


Eブロックスタートは、GATE2だった。
ちなみにEブロックになったのは、
ベストタイム3時間47分25秒、
今回の予想タイム3時間45分00秒。だいぶ前。

ゲートはかなり混雑してるけど、
じわじわと進んで問題なく入れた。
隅の方がスイスイ動いてた。そういうのよくある。


■8:22
手荷物を預ける


で、念のためトイレへ行こうと思ったけど、
近くのトイレは混んでて、
空いてるトイレがどこか分からないから、
トイレは諦めて、スタート地点へ。

スタート地点へ向かう途中の階段で、
脇にそれて、止まってストレッチ。



■8:35
Eブロック到着






気温9.2度 湿度30%という、
マラソンにはちょうどいいコンディション。

スタート地点で30分くらい止まって待ってたけども、
人がぎゅっといるのと、風が強くないから、
凍えることなくいられた。

ちなみにスター前の寒さが耐えられなければ、
もう着ないウエアを着ていって…

スタート前に脱いでEブロックの「洋服ポスト」に
投げ入れるっていうのもアリだった。
その服は、海外に寄付されるらしい。


■9:10
スタート

Eブロックはそれなりに前ではあるんだけど、
それでもスタートの合図から
スタートラインを通るまで、5分07秒かかった。

左足に違和感があるから、出だしは慎重。
で、やっぱり左足の動きが悪く、
ここのところ10キロ走れば痛んでた左膝が、
マラソンでも痛むのは時間の問題だろうなと。

ただ慎重すぎてペースが遅くなって、
このままだと自己最高記録を塗り替えられない。

そこで、とりあえずペースを上げて、
予定の4分50秒/kmでいけるとこまでいくことに。

なるべく上下動をなくして、膝に負担をかけない走り。

そして沿道から遠いサイドを走る。
声をかけてもらいたい感満載でユニフォーム着てるのに、
反応しないのは申し訳ないから、
フォームを崩さないよう淡々と走った。

そして「給水地点の水をぜんぶ飲む」大作戦。
給水所が来たら、スルーせずに必ず水分をとる。
できることならスポーツドリンク。


■10km
外国人に話しかけられる。
スペイン語で何か言ってるのは分かった。
なぜなら、大学の第2外国語でスペイン語を習ってたから。

でも、何を言ってるのかは分からなかった。
なぜなら、1年しかスペイン語を習わなかったから。

僕の時計を指さしてたから、
とりあえず今の時間と今のタイムを言ったものの、
聞きたいのはそれじゃない感じのジェスチャー。
「トレス」(3)という言葉だけは聞き取れた。

しばらくまったくかみ合わず、
僕が「アルヘンティーナ?」と聞いたら、
外国人は「メヒコ」と答えたときだけ会話になった。


途中でこんなメッセージも


■15km
不安だった左膝に痛みが出始めたけれど、
痛みは断続的。痛んだり、やんだり。

しばらく走ってるうちに、
ペースもまだ落とすことなくいける感じで、
これなら完走はできるだろうという余裕が。

そうして心に余裕が出てきたことで、
淡々と走ってて、全然楽しんでないじゃん!という気持ちに。
これじゃ川沿いを淡々と42キロ走るのと変わらない。

そこで沿道近くを走るようにして、
声援を浴びながら、応えながら、マラソンを楽しみ始めた。

で、そんな状態がずっと続いた。
ペースも維持。
たまに膝を大きく曲げたりして、
膝がずっと痛まないようにしつつ走った。


あと去年は走ってる間にお腹がすいて、
どこか力が抜けてく感じがあったんだけど、
今年はお腹がすく前の10km地点から、
エネルギージェルを10kmごとに食べたことで、
エネルギー不足を防げたのはありそう。



と、吸水ごとにスポーツドリンクを飲んだ。
水じゃなくて、スポーツドリンク。
給水所でペースを緩めることになっても、
水分をこまめに補給するのは大事。


■35km
ここで、さすがにきつくなってきた。
35kmは膝に痛みがなくても、きつい。

ただ、足が前に出ないわけじゃなく、
関節が痛いというもの。


37km
手足のしびれも出てきた。

ラストの給食で、干し梅を2個ゲット。
2011年の東京マラソンに出たとき、
干し梅が最高に美味しくて感動したものの、
去年の東京マラソンでは余裕がなくて取れず。

7年越しの干し梅は、やっぱ美味しかった!
ずっと口に残る梅の味が、ずっとうれしい。


■39km
足がつりそうになってきた。

左足じゃなくて、右足の足の裏。
靴の中で足がずれる感覚

ここからはだましだまし走る。


■41km〜
ラスト1kmでペースを上げた。
余力があって、上げることができた。

だからラップタイム的には、
ほとんど落ちることなく最後まで走れた。


■フィニッシュ



公式記録3時間35分20秒、
スタート地点を通ってフィニッシュするまでの
ネットタイムで3時間30分13秒。

もっと前から少しペースを上げれば、
3時間30分を切れた気もするけど…つる怖さに勝てなかった。
実際、ペースを上げてたら、つってたかもしれない。

左足の膝と股関節、右足の腿も痛んでたし、
実際はギリギリのところだったんだろうなと。

で、東京駅フィニッシュの東京マラソン、
今年も走ったあとは歩かされた。


フィニッシュ直後


歩き始め


水や


バナナなどの


給食もいただきつつ歩く

で、寒い!体が冷える!朝より寒い!
途中でペットボトルを捨てるために一度止まったら、
ふくらはぎがつって、動けなくなりそうだった。



体を保温するアルミシートをかけてくれるんだけど、
風でバサバサッと翻って、寒さをあまり防げず。



というか、このタオルもかけてもらってるし、
さっきの給食やら水やらを次々とくれるから、
バサバサなるアルミシートを押さえる手が空いてない。

いろいろ補給できてありがたいんだけど…
「大根あげるわよ」「みかんもあるわよ」という
近所のおばちゃんに会ったみたいなフィニッシュ後。


去年より手荷物受取場所までの距離が短かったのは、
スタートが前目だったから?


■走り終えて…
日比谷公園では食べ物・飲み物を支給してくれる中…



やっぱトマトが一番美味しい。
適度な水分と、空腹を和らげる固形物と。


という感じで、至れり尽くせりではあるけれど、
とにかくフィニッシュ後のケアを、
どうにかしてほしい東京マラソン。

来年は3月開催ということで、
寒さは今年より若干和らいでる時期かもだけど、
フィニッシュまでで力を使い果たすと、
駅までの“完走”がきつくなることを頭に入れておかねばと。

  • 2018.03.26 Monday


東京マラソンの記録証が到着。

すでにメールで来ていたダウンロード先から、
記録証のPDFファイルはダウンロードしてたけど、
書面が来たら来たで、また楽しい。

走ったときだけじゃなくて、
こういういろんな要素が楽しい。

これで東京マラソン2018は完全にフィニッシュ。
次の東京マラソン出場はいつになるやら。

でも不思議なもので、
2017年大会の抽選で久しぶりに当選して出場したあと
「2年連続出場はないだろう」と思っていたのが、

今年2年連続で当選して出場すると、
今度はなぜか「3年連続もあるんじゃないか」と
思ってしまっている。

でもそういう調子に乗った思いも含めて、
東京マラソンは楽しい。

  • 2018.03.04 Sunday
19:29から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:4.26km
走行時間:26分25秒
平均ペース:6分12秒/km

東京マラソンから1週間、
筋肉のダメージが少しずつ癒えてきてるので、
ゆっくりジョギングをすることに。

体を軽く動かした方が疲れが取れるとか、
本でも書いてあるし。

ところが。

走り始めの時点で、両腿の裏に張りを感じ、
すぐに左膝に痛みが出て、
やがてふくらはぎも張って、
全然疲労が抜けてない4kmジョギング。

去年の東京マラソンの1週間後にも走ったけど、
そのときは逆に体が軽くて1km5分を軽く切れた。
でも今回、明らかに回復のスピードが遅い。

去年より速いペースでフルを走ったからなのか…
今年は軽い坐骨神経痛でフルを走ったことで、
足のいろんなところに大きなダメージを負ったからか…。

とにかく全然癒えてなかった体。

次に走るのは、また1週間後かと。

  • 2018.03.01 Thursday
フルマラソン4日後にもなると、
さすがに足は日常に支障ないレベル。

左膝がまだたまに痛かったり、
左お尻の坐骨神経痛的な鈍いムズムズがあったり、
左足首に力が入りにくかったりするけど、
違和感レベルで、問題ない。

でもしばらくは休養。

体を動かす程度のランニングは、
再開したいとは思うけど、今は休むのが大事。


で、そういえば。

東京マラソンでは、清水ユニを着て走った。





42.195kmということで、
番号「42」で名前は「MARATHON」で注文。

ところが当日、ゼッケンをつけてみると…



数字が隠れてる!

そもそも「42」だけじゃ分かりにくいのに、
さらにゼッケンで隠れる最悪の事態!

そして背中の「MARATHON」は、
後ろを走ってる人が気付く程度で、
声援を送ってくれる人には見てもらえない!

そんな、僕の見立てが甘かった
東京マラソン専用ユニフォーム、約2万円。

ところが!

地上波の東京マラソン中継が
どんなことやってたのか録画を見てみると、
なんとそこには…





いた!!

しかも背中を向けて「42」が見えてる!

フィニッシュ地点がほんの2秒映ったときに、
ちょうどフィニッシュして、
しかも一瞬だけ振り返ってたというスゴいタイミング。

ちなみに、この写真を撮ってました。



ユニフォーム着てて良かった!という、自己満足。

世の中のあらゆることは自己満足なので、
それでいいんです。

  • 2018.02.27 Tuesday
足がだいぶ回復。

夕方には左ひざの痛みが消え、
筋肉痛は残ってるけど普通スピードで歩けるように。
階段ももう、上下どっちもスタスタ歩ける。

ただ左膝が良くなってくると、
他の痛んでた左足の部分が目立ってくるもので、
左足は歩くと足首とか付け根の外側とかも少し痛みが出てる。

軽い坐骨神経痛の左足の方がやっぱり
痛んでる部分が多くて、それは筋肉というより、
関節とかの良くない負荷がかかった部分っぽくて。

とりあえず休養して戻したいなと。

もちろん左のお尻の奥のムズムズした感じがあるから、
坐骨神経痛っぽい症状も直していかないと。

日々ストレッチ。

  • 2018.02.26 Monday
フルマラソンの次の日だから、
もちろん足は動かない。

とにかく痛んでるのは左膝。

軽い坐骨神経痛(自己診断)で左足の動きが悪く、
マラソンで左膝への衝撃が大きかった。
で、左膝の痛みは、今日もひくことはなく。

膝の曲げ伸ばしで激痛。
しばらく座ってて立ち上がると激痛。
階段の上り下りで激痛。

ひざサポーターの通販に出てくるおじいちゃんみたいに、
ゆっくりとしか立ったり座れず。
駅の階段で人波に乗って人並みに歩くには、
自分のMAXのスピードで歩かねばならず。

ただ、去年より走る練習量を増やしたからか、
去年よりも、筋肉の痛みは軽め。

去年のマラソン翌日は、足のすべてが痛くて、
筋肉の痛みがとんでもなかったんだけど、
今年は筋肉自体の痛みは、去年ほどじゃない。

両足の腿裏と、左足の腓腹筋とヒラメ筋、
右足のヒラメ筋が特に強く張っているけれど、
それが歩けない原因になってるわけじゃない。
あとは、左足の付け根外側が少し痛んでるか。

1年を通して、多くて週2でしか走ってなくて、
大会4か月前からは去年よりも月に20kmずつ長く走った。

11月に85km、12月に111km、1月に99km、
2月は24日までに69kmと走ったことで、
ネットタイムは3時間38分から3時間30分になった。

それでも走り足りてないんだろうけど、
仕事があってそこまで時間がとれない中で、
できることはやれたと思う。
そんなことを感じた、翌日の足の痛み具合。

反省すべきは、坐骨神経痛を招いて、
左膝を痛める原因になった、ストレッチ不足かなと。

  • 2018.02.25 Sunday
東京マラソン2018に出場!





軽い坐骨神経痛を抱え、
左足に不安があった今回だったけど、
ネットタイムで3時間30分13秒!

今回の目標は2段階あって、
1つは去年の3時間37分59秒を上回ること、
そしてもうひとつがサブ3.5。(どちらもネットタイム)

結果は、去年の記録を上回ることはできたものの、
サブ3.5はあと13秒で達成ならず!
(まあ記録を聞かれたら、3時間半って言っちゃうけど!)

とはいえ、足に不安があった中で、
これだけ記録を伸ばせたことはかなり満足。
スタートでは不安しかなくて、
ここまで記録を伸ばせると思わなかった。

その不安が表れてるのが、最初の5km。

1km5分以上の、かなり慎重なペースで入った。
これは渋滞を追い抜くためにペースを何度も上げて、
足を使うのを避けていたから。

とりあえず周りのペースに合わせて、
ゆっくりした走り出しをしていた。

人がバラけてきたところで、
本来記録を狙うために設定していた、
1km4分50秒にペースアップ。

15kmから左膝が痛みだしたけれど、
筋肉はもって、ペースをある程度維持。
10月以降は去年より月20kmくらい多く走ったことで、
筋力がついていたんだと思う。
(とは言っても週2ランで、月111kmが最高だけど)

終盤はさすがに落ちたけれど、
最後の1kmは再びペースアップできた。

去年の東京マラソンは終盤落ちるだけだったから、
それだけ練習量を増やした成果が出たんだと思う。


去年と比べて最初の5kmは遅く、それ以降は速い。
そして30km以降、そこまでペースダウンすることなく走れた。


完走直後も、去年と違った。
去年はちょっとでも足の動きを間違えれば、
足がつって動けなくなりそうだった。
歩くペースも、牛歩だった。

今年もつりかけたけど、
去年と比べたら全然大したことなかった。
というか今年は、坐骨神経痛で足の運びが悪かったことで、
左膝と股関節がかなり痛んで、レース後はその痛みで牛歩になった。

練習量を増やしたことで、筋力がだいぶつき、
練習量を増やしたのに体のケア不足、
ストレッチ不足だったことで、膝と股関節の痛みにつながった。


という感じで終わった、東京マラソン2018。

練習の量や質を上げれば、結果がついてくる。
でも負荷をかけたのにケアを怠れば、別の部分に問題が出る。

2年連続で出られたからこそ学ぶことが多い、
東京マラソンだった。

そして「あと13秒」が、次へのモチベーションになりました。

  • 2018.02.24 Saturday


さあ明日、本番!

足には不安しかないけれど、
練習は前回以上にがんばったという自信で、
楽しく走れればと!

  • 2018.02.22 Thursday
東京マラソンのナンバーカード引換をしに、
木曜昼過ぎの時間帯に東京ビッグサイトへ。


エントリーというイベント感


ランナーしか入れないことで優越感は否めない


税関のような場所だけど和やか


今年はみんな同じ色のリストバンド


ゼッケンを引き換えてくれる人たちが、数人で一斉に
「がんばってください!」と言われるときどうしてよいのやら


出場者全員の名前が書かれたボード
番号順だけど番号は振ってないから、自分の名前は簡単に見つからない


ここまでがランナーだけが入れる場所


ここはみんな入れる東京マラソンEXPO


アシックスブースの広さたるや


初日の昼間だからか、外国人がかなり多い印象。
引き換えはスイスイと進んだ。

で、せっかく2年連続で出場してるので、
2017年と2018年の違いをいくつか。


■ランナー確認はスマホ画面を見せればOKになった
◎2017年
 ⇒自筆で必要事項を記入したエントリー用紙を提示
◎2018年
 ⇒メールで届くURLにアクセスして必要事項を入力して
  表示される画面を見せればOK

入口などでランナー確認が必要なとき、
3つの方法から選べるようになった。

1.郵送されてきたエントリー用紙
2.メールで届くURLで必要事項を入力して
  表示された画面(PDF)をプリントアウトしたもの
3.上に書いたスマホ画面

書く手間も、ネットで必要事項を入力する手間も、
変わらないけれど、用紙を忘れても大丈夫なのはいい。

本人確認資料(免許証など)を忘れたらアウトだけど。


■セキュリティリストバンドをタイトめに巻かれた
◎2017年


◎2018年


当日の入場ゲートでチェックされるリストバンド。
(セコムのところがQRコードになってて読み取る)

僕の前にリストバンドをつけたおじさんが、
「もうちょっとゆるくできないの?」と係の人にお願いしたら
「このくらいにする必要があるんです」と言われていた。

去年、ゆるめで何度も服にひっかかってたことへの配慮か、
ゆるくて取れちゃうことがあったのか。

お風呂から出たときに乾かすのが大変だけど、
冬で汗もかかないし、確かにきつい方が不便はないかも。


■顔写真の撮影があった
◎2017年
 ⇒顔写真の登録なし
◎2018年
 ⇒顔写真の登録あり

セキュリティリストバンドのQRコードを読み取ったあと、
顔とゼッケンが入るように写真を撮影して登録。

腕輪をつけられ、番号とともに写真を撮られる、囚人気分。


■ボランティアのおばちゃんと会話した
◎2017年
 ⇒「がんばってください」みたいな声掛けくらいだった
◎2018年
 ⇒声掛けに加えて、2人から「何回目の出場?」という会話があった

完全に個人的な変化でしかないけども。

リストバンドをつけるときと、
顔写真の撮影をするとき、わずかに待ち時間があったからか、
ボランティアのおばちゃんが話しかけてくれた。

で、顔写真撮影で前の人を待っているとき。
おばちゃんから「出るの何回目ですか?」と聞かれて
「3回目です。2年連続なんですよ!」と楽しそうに言うと、
おばちゃんからまさかの余計な一言が。
「すごーい、本番の前に運を使い果たしましたね!」

おいっ!!

というのも、その前のやりとりでおばちゃんから
「なんだかさっぱりした表情ですね」と言われ、
「はい、さわやかな人なので」と僕が返したことで、
おばちゃんのグイグイいけるスイッチが入ったらしく。

僕にとっては楽しいひとときでした。


そんな、東京マラソン2018のナンバーカード引換。

このワクワク感も含めて、東京マラソンだと思う。
行くの面倒だけど、東京マラソンだから許せる。

  • 2018.02.21 Wednesday
これはやばい。

左足の付け根、お尻の方にずっと、
鈍くてじんわりとした痛みがあるのが、
これが坐骨神経痛なんじゃないかと。

お尻の奥の鈍い違和感だったり、
左足全体に痺れる感じがあったり、
走るときにストレッチが不足していたり、
それなのに走行距離を伸ばして負荷が増えていたり。

自己診断だけど、当てはまることが多々。

それに、イスに座って仕事をするときに、
左足を下にして組んだり、
左足をイスの上に曲げて座ったりと、
左足を圧迫する姿勢なのも良くないかもしれない。


坐骨神経痛は軽いんだけど、
これが治らないまま走ると、
左足が100パーセントの動きじゃないから、
膝に負荷がかかっちゃって、膝痛を発生させる。

最近は10km走らずに膝が痛んでる事態。
ペースが落ちるし、膝の痛みと戦いながら、
ずっと走ることになるんじゃないかと。
もちろん好タイムも望めない。

去年より練習したのに、
去年より練習したからうまくいかないという。

とりあえず本番までストレッチを続けて、
出来る限りのことをやりたいなと。


速く走ろうと思って、
早くから練習量を増やして、走行距離も伸ばせば、
どうにかなるってわけじゃないということ。

その分のストレッチなどのケアをしないと、
うまくいかないというのは教訓。

ただ努力すればいいってわけじゃないんです。
考えて努力することが大事なんです。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM