• 2019.08.18 Sunday
佐賀県佐賀市へ5千円のふるさと納税をした返礼品
「佐賀県産夢しずく5kg」を食べた。









夢しずくは、「キヌヒカリ」と「ひとめぼれ」の
交配によって生まれた品種。
2000年に本格的な栽培をスタートさせ、
2017年から2年連続で「米の食味ランキング」で特A評価。

名前の由来は、新世紀の佐賀米作りへの「夢」と、
朝露に濡れる稲の新鮮なイメージを
「しずく」という言葉で表現したとのこと。

味は、まあ普通。

しっかりめの弾力と、ほのかな甘み。
という、スタンダードなお米という感じ。

リーズナブルなお値段なら買うお米かな…という感想。
生産地や生産者によるから、すべてには言えないけど。

  • 2019.08.01 Thursday
岐阜県神戸町へ1万5千円のふるさと納税をした返礼品
「やまちゃん飛騨牛焼肉セット 計約1kg」を食べた。


冷凍で届く


オリジナルのタレ(180ml)付き


5種類の肉が入ってます

前に注文した「やまちゃん焼肉セット」の、
飛騨牛を返礼品の名前に入れたバージョン。
(当時は1万円の返礼品が、現在は1万5千円)

ちなみに通常のやまちゃん焼肉セットも飛騨牛。
違いは、飛騨牛がカルビか赤身か…といった微々たるもの。

今回入ってるお肉は…

・飛騨牛A3等級以上赤身:約200g
・国産牛肩ロースまたはモモ:約200g
・国産上豚バラ:約200g
・国産上豚肩ロースまたはロース:約200g
・国産鶏モモまたはムネ:約200g

牛、豚、鶏という3種類があって、
脂がのってるもの、赤身がしっかりしたもの、
かなりバランスのとれたラインナップ。

味も普通に美味しく、普通の焼肉店レベル。

おつまみに、食事に。
通常の「やまちゃん焼肉セット」も、こちらの飛騨牛も、
どっちも満足できる内容だと思った。

  • 2019.07.30 Tuesday
北海道白糠町へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「白糠酪恵舎チーズセット【3種類×2組】」を食べた。


ふるさと納税で人気のチーズ


スカモルツァ(モッツァレラを1日風乾させて数日間熟成)
ロビオーラ(ウォッシュタイプと呼ばれ、外を塩水で洗いながら熟成)
トーマ・シラヌカ(トーマ・ピエモンテーゼというあっさり味の全乳・小サイズ)


一応生で食べてみると…スカモルツァ(左上)は普通に美味しい
ロビオーラ(右上)はチーズらしい臭みが強烈だけど、
カマンベールをしょっぱくしたような味で結構美味しい
トーマ・シラヌカ(下)は中はチーズらしい味で、表面は土臭さが…
(奥さんは何も感じないとのことなので、人によりそう)

スカモルツァ

ヨーグルトを思わせる爽やかな酸味と
濃厚なチーズの美味しさで何にでも合いそう

ロビオーラ

臭みがすごいけど、濃厚な味わい
しょっぱめな分、食べやすくてじゃがいもに合う

トーマ・シラヌカ

控えめなチーズ味でパンに合う
モッツアレラと同じ使い方。でも表面がやっぱ少し土臭い…


チーズらしいチーズというか、
塩味がしっかりついていて分かりやすく、
でもそれぞれにクセがある。

どれも美味しい。
クセがあるからお酒に合う。

ただこのクセの強さが嫌いだと、
食べるのが辛いだろうなぁとは思う。
ロビオーラのチーズらしい臭みは特に。

そんな個性も含めて、
返礼品として楽しめるんじゃないかと。

  • 2019.07.27 Saturday
福井県坂井市へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「さんさん池見二代目がお届けする 福井県産いちほまれ 5kg」を食べた。









いちほまれは、
「日本一“いち”美味しい、誉れ“ほまれ”高きお米」
になってほしいという思いから名付けられた。

こしひかり発祥の地である福井が、
およそ6年の歳月を掛けて作り上げ、
2018年(平成30年)に本格デビューした。

その結果、福井県産のいちほまれは、
平成30年産米の食味ランキングで「特A」評価。
いきなり好評価を受けた。

で、食べてみると、
やわらかい食感と弾力のほどよいバランスに、
ほんのりとした甘みがあって、
主張しすぎないけど存在感がある、絶妙な美味しさ。

最近はここ数年でデビューしたお米を、
ふるさと納税で結構食べてるけれど、
その中でも、かなり美味しい部類だと思った。

年によって美味しさにバラつきはあると思うけど、

  • 2019.07.10 Wednesday
北海道安平町へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「【夢民舎ブランド】はやきたチーズ色々詰合せ」を食べた。










左からクリームチーズ、カチョカバロ、カマンベール


左からさけるチーズ、スモークモッツァレラ、スモークカマンベール

入っているのは…
・カチョカバロ(200g)
・夢民舎のさけるチーズ(90g)
・スモークモッツァレラ(130g)
・カマンベールはやきた(125g)
・スモークカマンベールはやきた(120g)
・クリームチーズ(160g)

すべてにおいてレベルが高い!
今までに食べたチーズの、ワンランク上の味わい。

味はとってもシンプルで、
チーズは濃厚で、味は濃くない。

子どもはあまり好きじゃなさそうだけど、
ワインとかいろんなお酒に合うチーズ。

ただ、味が濃くないことで、
スモークカマンベールは苦みを強く感じ、
さけるチーズはコンビニのやつと違って味がかなり薄い。

それ以外は、今まで食べたチーズの中でも、
トップランクに美味しかった。

これは一度、返礼品として選ぶといいと思う!
ぜいたく感、幸せ感がなかなか!

  • 2019.07.02 Tuesday
高知県四万十町へ5千円のふるさと納税をした返礼品
「四万十町で育った美味しい特別栽培「仁井田米」にこまる3kg」を食べた。









にこまるは、九州のブランド米
「ヒノヒカリ」に代わりうる品種として、
2006年に長崎県で生産が本格スタート。

これまで西日本では「ヒノヒカリ」が主流だったのが、
温暖化の影響で品質が落ちてしまい、
暑さに強い品種として作られた
「にこまる」が注目され、栽培面積を広げているらしい。

ちなみに名前の由来は、
「にこにこ」と笑みがこぼれるほどおいしく、
「まるまる」とした粒張りの良さを表現したんだとか。

で、有名な産地のひとつが高知県。

四万十町がある高知県西の
平成30年産「にこまる」の評価は、
上から2番目のA評価を受けている。
(産地によっては特Aの評価、年にもよる)

食べるとややもっちりしていて、いわゆる「粘り」がある。
味も十分美味しくて、ほのかな甘みを感じる。

そんな十分なお米の美味しさとともに、
時代に合わせたお米が生まれている、
そんなことを知るだけでも、食べる価値はある。

  • 2019.06.19 Wednesday
静岡県浜松市へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「改元記念!浜名湖うなぎカット蒲焼2枚組」を食べた。







静岡でうなぎといえば、吉田か浜名湖。
浜名湖養魚漁業協同組合が製造してるうなぎ。

よく「国産」としか書かずに、
どこのうなぎか分からないようにしてる業者もあるから、
「浜名湖産」というのを確認して返礼品に選んだ。

冷蔵の真空パックで届いた返礼品。

食べると、身が引き締まっていて、
でもゴム感はなく、ぎっしりとした美味しさ。

かなりバランスのとれた美味しいうなぎだった。

タレがでっかいのもうれしい。
一人暮らしならタレごはんとかやってた。

吉田の静岡うなぎ漁業協同組合とともに、
浜松の浜名湖養魚漁業協同組合は、間違いなさそう。

  • 2019.06.16 Sunday
新潟県阿賀野市へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「スワンレイクビール 金賞セット」を飲んだ。





1997年に、新潟から世界を目指し、
阿賀野市で開設されたクラフトビールブランド
「スワンレイクビール」。

公式サイトによると、2019年3月時点で、
国際審査会を含むビアコンテストにおいて、
金・銀・銅合わせて126個のメダルを獲得した、
日本有数のクラフトビールブランド。

で、この返礼品は、特に評価を受けた3種類が、
2本ずつ入ったセット。


スワンレイクポーター(アルコール6%)


世界最高峰のワールドビールカップ2000と2006で、
世界1150種の中から、2度の金賞に輝いたビール。

しっかりした香ばしい苦味があって、でもさわやか。
意外とバランスが良い、不思議な黒ビール。


アンバースワンエール(アルコール5%)


インターナショナルビールサミット98で金賞のビール。

しっかりとした香りと、ポーターより強い苦み。
でも苦みは、さわやかで飲みやすい。
まさにエール系の深みがいい。


越乃米こしひかり仕込みビール(アルコール5%)


新潟の特別栽培コシヒカリを使用したビール。

ラガービールの中に、確かにお米の味が!
普段、小麦のパンを食べてるなかで、
米粉パンを食べるとおいしい!みたいな。

結局普通のビールに戻るんだけど、
一度飲んでみるのは楽しいと思う。


それぞれのビールに特徴があって、
美味しいだけじゃなく、楽しい返礼品だと思う。

で、もちろんその地域の品。

これまで返礼品として、
スーパードライとかエビスビールみたいな、
ふるさと納税としてつまらない品を申し込んでた人に、
スワンレイクビールで、楽しんでほしいなと。

  • 2019.06.12 Wednesday
岩手県紫波町へ1万6千円のふるさと納税をした返礼品
「金色の風・銀河のしずく 2種食べ比べセット」を食べた。





長い年月をかけて開発された、岩手生まれの2品種。
どちらも近年デビューしたもので、
山形でいうところの「つや姫」と「はえぬき」の関係かと。
金色の風の方が上位に位置付けられている。

それがセットになっている、
ふるさと納税らしさ抜群の返礼品を、食べた。


銀河のしずく




2016年に販売をスタートした、
約10年の歳月をかけて開発された品種。

「銀河」はお米一粒一粒の輝きのイメージや、
岩手出身で岩手イメージが濃い宮沢賢治の
「銀河鉄道の夜」をイメージさせることで、
やんわりと岩手を表現。

「しずく」はこのお米の特性の
「つや」「白さ」など美味しさを表現したという。

固くはないけど、しっかりしたお米。
味は、とにかく普通、で十分美味しい。
インパクトこそないけど、いいお米だったなぁと。

積極的にこれを選ぼうとは思わないけど、
値段が同じものがいくつかある中で、選ぼうと思える。

お米でそれって重要。


金色の風(こんじきのかぜ)




2017年秋に販売スタートした、
コシヒカリやひとめぼれなどを交配した、
岩手県のフラッグシップ米。

「金色」は、黄金文化、黄金の國という岩手県をイメージ、
さらに稲穂を連想させることから。
風は豊かな岩手の風土を表し、
日本の食卓に新たな風を吹き込むという意味なんだとか。

ふんわりしていて、味は甘みが美味しい。
でいて、甘さが強調されてるわけじゃなくて、
しっかりとバランスがとれている。

とはいえ、銀河のしずくより上かというと、
そこまで違いを感じなかった。

好みレベルかなぁと。


ちなみに、日本穀物検定協会の
2018年産米の食味ランキングによると、
岩手(県中)の「銀河のしずく」が最高ランクの特Aで、
「金色の風」は3ランク目のA'だったらしい。

まだ味は安定していないようで、
これからかもしれない。

  • 2019.06.07 Friday
鹿児島県肝付町へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「鹿児島県産黒毛和牛サーロインステーキ(約200g×2枚)」を食べた。

※金額は2019年5月時点







サーロインの十分なやわらかさと、
ほどよい甘み、そしてほんのりと赤身肉のような味わい。

美味しかった。

有名ブランド牛のサーロインステーキで、
脂が苦手な人は、こっちの方が美味しいかもしれない。

逆に赤身肉の鉄っぽい味が苦手な人は、
この肉はちょっと苦手かもしれない。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM