• 2019.05.02 Thursday
岩手県矢巾町へ7000円のふるさと納税をした返礼品
「日本一受賞ビール入り 岩手の地ビール ベアレンビール
定番 季節限定 飲み比べ 6本入り 詰め合わせ」を飲んだ。







岩手のクラフトビール・ベアレンビール。

ベアレン醸造所は「世界に通用するうまいビールを造りたい」と、
2001年に立ち上げられた、岩手に根差したビールブランド。

細かいことを言うと、ベアレン醸造所は盛岡市で、
矢巾町は近いだけなのか、何か関係があるのか分からないけど、
岩手ということで、関係ない返礼品じゃないしいいかと。

ちなみに、ビアジャーナリスト協会主催の
「世界に伝えたい日本のクラフトビール」で、
2015年にこの返礼品にもある「クラシック」がグランプリ、
2018年にも「百年麦酒」が再びグランプリを受賞したという。

クラシック・アルト・シュバルツの定番3本に、
季節限定の3本が入った6本入り。

で、飲んだ。

クラシック

ドイツ・ドルトムントで輸出用に造られていたラガービール。
しっかりとした苦味が特徴で、コク深さも美味しい。

アルト

現在のラガー(下面発酵)ビールが発明される前の、
上面発酵酵母を使ったエールビール。
上面発酵は高い温度で発酵させるから、豊かな香りと味わいが出る。
バランスのとれたまろやかさだけど、クラフト感のある深みも。

シュバルツ

ドイツ語で「黒」の意味があるシュバルツ。
いわゆる黒ビールの焦げ感のある苦味は少なく、
軽めで酸味がそれなりにある。

マイボック

ドイツ語で5月を表す「マイ」の名がついた季節のビール。
フルーティーさと、爽やかな苦みが口に広がる。華やか。

レモンラードラ―

ビールとレモネードをブレンドした、
低アルコール(2.5%)のフルーツビール。
さっぱりしたレモンの味が、ビールに合って美味しい。
ジンジャーエールのシャンディ・ガフより美味しい。

どれも美味しかったけど、発見はレモンラードラ―。
アルコール分が低くて、高アルコールのストロング時代には
見向きもされないのかもしれないけど、
休日の昼間にちょこっと飲むのにいいかもと思った。

  • 2019.04.30 Tuesday
佐賀県唐津市へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「老舗肉屋の特上ハンバーグ10個」を食べた。







さとふるのランキング上位にあって、
レビューの評価がかなり高いハンバーグ。

佐賀県産の黒毛和牛肉と豚肉を使用した、
140グラムのハンバーグとのこと。
冷凍で届くので、家で焼くタイプ。

食べると、肉がぎゅっと詰まってジューシー。
小ぶりだけど、がっつりという感じ。
味もしっかりついていて、ソースなしでも美味しい。

ちなみに、焼いた後の肉汁や脂に、
赤ワイン、ケチャップ、砂糖、醤油を入れた
ソースの作り方が書かれてある。洋食屋っぽいソース。
甘さが僕は好きだけど、甘すぎるって人も多そう。

もうひとつの推奨の食べ方、
柚子胡椒やワサビと食べると、いいかもしれない。

  • 2019.04.08 Monday
山形県鶴岡市へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「特別栽培米つや姫・雪若丸・はえぬき(各2kg) 」を食べた。









今回は「雪若丸」を食べたくて、
この返礼品を選んだ。

「雪若丸」は、つや姫の弟分として、
2018年に本格デビューを果たしたお米。

つや姫とは別の品種だけど、
2010年デビューの姫が人気になったことで、
その次もと、弟分的な打ち出し方をしているっぽい。

名前の由来は、しっかりした粒感や稲姿などが
男性的であること、際立つ白さとつやのある外観が
雪のように美しいこと(公式サイトより)から。

で、食べてみたところ…

甘みは普通で、味の特徴はない。
もちもちでもパサパサでもないけども、
食感はしっかりめかもしれない。

という、とっても普通のお米。
特徴は白さと、しっかりした食感。

まあ、どんなおかずにも合う、
どんなおかずも邪魔しないお米ということで、
いいにはいいんじゃないかと。

これを指名買いすることはなさそうだけど…。

  • 2019.03.29 Friday
和歌山県広川町へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「特別栽培 清見オレンジ5kg」を食べた。







清見オレンジは、「温州みかん」と
「トロビタオレンジ」を交配させて生まれたらしく、
それぞれの、いい部分も悪い部分も受け継いでいる。

いい部分では、味の美味しさ。
みかんの甘みと、オレンジの酸味が
ほどよく混ざってて、しかもジューシー。

悪い部分では、皮が厚くて食べにくいこと。
みかんのように皮をむけなくて、
オレンジのように切って食べなきゃならない。
まあ勝手に、悪い部分って思ってるだけだけど。

基本的には、名前の通り「オレンジ」。
食べ方も味も、オレンジ寄り。

ちなみに僕はオレンジやグレープフルーツを食べると、
頭に汗をかく体質で、この清見オレンジも汗をかいた。
みかんだと、こうはならない。

オレンジなんだと思う。

  • 2019.03.24 Sunday
滋賀県近江八幡市へ1万5千円のふるさと納税をした返礼品
「厳選近江牛肉 カルビ 焼肉 500g」を食べた。







肉が分厚くて大きい。
焼肉というよりも、シュラスコで切った
牛肉みたいな、厚さがある。

肉は美味しい。
とびっきりじゃないけど、かなり美味しい部類。

脂が少なめの部位と、多めの部位がある。

脂はちょっとくどくて、ちょっと固めだけど、
まあまあどれもこんなもの。

塩でもタレでも、お好みで。

  • 2019.03.12 Tuesday
宮城県大崎市へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「《白米5Kg》ついに出陣!宮城県大崎市産「だて正夢」」を食べた。









2018年本格デビューを果たした、
宮城県のブランド米。

ネーミングは“宮城らしさ”と、
“食卓の天下を取る”という思いからきてるらしい。

売りは「もっちり感」と「甘み」とのこと。
特に絶妙な粘りが生む、とびっきりのもっちり感が、
このお米の最大の売りらしい。

で、食べた。

確かに、もっちり!
今まで食べた中でも、トップクラスのもっちり!

ただ、これは好み。
僕にとっては、もっちりすぎた。
もっちりというより、ねっとり。

あと味は、甘みがあるとはいえ、ほどほど。
もっと甘いお米はいっぱいあるので、
甘みより食感が特徴なんだなと思った。

もっっっちりが好きな人は、ぜひ。

  • 2019.02.13 Wednesday
鹿児島県曽於市へ2万円のふるさと納税をした返礼品
「鹿児島県産黒毛和牛ロースステーキ4枚♪計800g」を食べた。




柚子こしょうがついてます



冷凍で届く、薄くて大きなステーキ肉。
ステーキというか、焼肉の超巨大ロースというか。

お皿に困るステーキ。

味は、普通に美味しいやつ。
脂が多めなので、苦手な人はきつそう。

薄い分、タレをつけて食べると、
こういう脂の多い肉にしては
ごはんが進むので、薄いのも悪くないかと。

  • 2019.02.11 Monday
岐阜県下呂市へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「【2018年新米】龍の瞳セットI」を食べた。









龍の瞳は、下呂市で生まれたお米。

2000年、コシヒカリの田んぼの中から
偶然発見した「いのちの壱」という品種があって、
中でも最高級のお米が「龍の瞳」らしい。

名前の由来は、米作りに欠かせない水を司る神「龍」と、
大きな米粒が瞳のよう、ということで「瞳」。

その特徴は“日本一大きな米粒”。


左が新之助、右が龍の瞳。

普通はコシヒカリとかとの比較だろうけど、
今、ウチにあるのが新之助だった…

新之助も大粒と言われているけれど、
それと比べても、大きさが全然違う。
ちなみに龍の瞳は、コシヒカリの1.5倍の大きさ。

食べると、大粒なだけあって弾力がある。
味は、大きな特徴はないかも。
甘みが特徴らしいけど、特に強いわけじゃなかった。

あと炊いたお米を近くで見ると、
お米の先が普通のお米よりも黄色い。
これは、胚芽の一部を残して
精米しているかららしい。栄養価が高い。

というわけで、特徴が分かりやすいから、
一度食べてみる価値のあるお米です。

  • 2019.02.06 Wednesday
福島県糸島町へ1万5千円のふるさと納税をした返礼品
「A4ランク糸島黒毛和牛カルビ(バラ肉)焼肉用600g入り」を食べた。








(上)とろけるカルビ、(左)普通カルビ、(右)食感しっかりカルビ

文句なく美味しい。

肉の種類は、普通のカルビ、とろけるカルビ、
食感しっかりカルビの3種類があった。
勝手に名前をつけたけども。

とろけるカルビは脂が多くてモッタリ。
高級店の特選カルビで、脂がすごすぎて、
これじゃないんだよな…という感じ。

普通カルビはやわらかくて、
しっかりした焼肉店のカルビと遜色ない。

食感しっかりカルビは、別に固いわけじゃなく、
程よい固さがあってちょうどいい。
脂が一番少なくて、脂が苦手な人は一番好きなタイプ。

これは普通に美味しい。
焼肉屋へ行かなくても良くなるカルビ。

  • 2019.01.27 Sunday
静岡県吉田町へ1万円のふるさと納税をした返礼品
「うなぎのむらた 炭火焼うなぎ 蒲焼2串セット」を食べた。









僕のガチふるさと、吉田町の特産品・うなぎ。

吉田のうなぎを食べて育ち、大学や東京へ出てからも、
吉田町のうなぎが好きでたまに食べてきたわけだけど…

今回のうなぎは、吉田のうなぎで初めて
「美味しくない」と思った。
味というか、食感がゴムみたいで苦手だった。

ちなみにこれまでふるさと納税では…

マルニうなぎ加工


静岡うなぎ漁協


どちらもほろっとふわふわ、とろける感じで、
吉田で昔食べてたうなぎっぽいなと思っていた。

で、今回の「うなぎのむらた」


見た目は一番美味しそうなんだけども。
串を抜くとき全然崩れないくらい、身がピーンとしてた。
吉田で売ってるうなぎで、初めてこんなにも、
身にゴムっぽい弾力があるものを食べた。

大学時代に初めて食べた中国産うなぎの、
弾力ありすぎる食感を思い出した。

なぜ、こんな美味しくないのか分からない。

表示には「国産うなぎ」としか書いてないから、
静岡のうなぎじゃないのかもしれないけど、
とはいえ国産のうなぎでも、
こんなゴムみたいなのは食べたことない。

まあ、たまたまハズレだったのかもしれないけど、
これを吉田の返礼品として、出してほしくない。
吉田のうなぎは、美味しくないと思われかねない。

吉田のうなぎは、マルニうなぎ加工や、
静岡うなぎ漁協のものをおススメします。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM