• 2007.02.25 Sunday
キャベツ千切り用の幅広スライサーを買って、
シャッシャッシャッシャッとキャベツを動かしてたら、
楽しくなって切りすぎてしまった僕です。

切れ味がいいから、楽しくなってやりすぎた。
ふわっとした千切りがうれしくて、調子に乗ってこんもりと。

食べてみると、ふわっとした見た目の通り、
よく言うところの「トンカツ屋のキャベツ」みたいだった。


そういえば、キャベツの千切りでいうところの
「トンカツ屋のキャベツ」みたいな“おいしい例え”って、
他には何かあるんだろか。

・定食屋のみそ汁
・お肉屋さんのコロッケ
・そば屋のカツ丼
・漁港のマグロ丼
・飯盒炊爨のカレー
・おばあちゃんのお漬け物

こういう言葉って「本物感」を出してくれる。
潜在的にあるイメージが、
おいしいんじゃないかっていう期待感を抱かせてくれる。
たぶんそんなだから、そのまま商品名にもなれる。

ただ、この中でオールマイティーな単語もある。
それは「定食屋」と「おばあちゃん」。

・定食屋のみそ汁
・定食屋のコロッケ
・定食屋のカツ丼
・定食屋のマグロ丼
・定食屋のカレー
・定食屋のお漬け物

・おばあちゃんのみそ汁
・おばあちゃんのコロッケ
・おばあちゃんのカツ丼
・おばあちゃんのマグロ丼
・おばあちゃんのカレー
・おばあちゃんのお漬け物

どれもどこか「懐かしい」感じがするからか、
「食べてみたい」って気にさせられる。

味には、客観的に見て美味しいかどうかっていう基準と、
主観的なものとして、馴染みがあるかどうかっていう基準がある。
一流料理人が作った料理も、実家の母親が作った料理も、
どっちも美味しいって思えることが多い。

「懐かしい味=美味しい」っていう図式。
実際、母親の料理がホントに美味しかったりするんだけど、
それに上乗せされたものが、懐かしい味にはある。

そういった期待感を抱かせてくれるのが、
「おばあちゃんの」や「定食屋の」っていう言葉。
定食屋へあまり行ったことがなくても、
核家族で家におばあちゃんがいなくても、言葉として強い。

食のネーミングとして、最高に強い単語だと思う。

大量に作った千切りキャベツなら…

「定食屋の千切りキャベツ」でも、
「おばあちゃんの千切りキャベツ」でも、なんかいい感じがするように。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM