ワンランク上の僕になりたくて書いてるブログ

分かったような口ぶりで、背伸びして自分勝手に書いてます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
LINKS
qrcode
PROFILE
SEARCH
<< 腹調、復調せず。 | main | 半月ぶりのジョギング >>
ビオフェルミン
ずっと腸がおかしいから、ヨーグルト療法をやめて、
整腸剤のビオフェルミンを買った。
この薬を選んだのは、腸炎で病院から処方されたのが、
同じくビオフェルミンだったから。

ただ市販されてるのは「ビオフェルミンS」。
病院で処方されたのは「ビオフェルミンR」。

この違いって一体何なんだろか。


調べると、主な違いは他の薬との兼ね合いらしい。

ビオフェルミンSが普通の整腸剤なのに対して、
ビオフェルミンRは抗生物質とともに飲めるもの。
ちなみにRの意味は「Resistance」とか「Resistant」らしい。
日本語で「抵抗」とか「抵抗する」って意味。
オームの法則とかで抵抗が「R」で表されてるのと同じ。

腸炎のときは、確かに殺菌を殺すため、
クラビット錠っていう抗生物質を飲んでた。
だからビオフェルミンRが処方されたらしい。
抗生物質うんぬんじゃなくても、病院ではRの方らしいけど。

…というSとRの違いでした。
別に医療関係の人に聞いたわけじゃなくて、
ネットで調べただけだから、間違ってたらゴメンナサイ。


ごはんを食べると、お腹が痛くなる現状。
飲み物をガブ飲みしても、もちろん痛む。
で、便が出る。

そんな暮らしをしていたら、体重は1キロ落ちて55キロに。
ここ4〜5年での、最軽量ボディに。

ただ、軽いはずなのに、なんか重い日々。
| イチカワ | リサーチ |
| 記事URL | comments(0) | trackbacks(1) |









url: http://blog.kakerabako.net/trackback/764615
【クラビット錠】についてブログで検索すると…
クラビット錠 をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると…
| 病名・病気・医学のブログリンク集 | 2008/05/30 6:44 AM |