ワンランク上の僕になりたくて書いてるブログ

分かったような口ぶりで、背伸びして自分勝手に書いてます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
LINKS
qrcode
PROFILE
SEARCH
<< じらすミスチル 【1/2】 | main | Jで名古屋が優勝する意味 >>
じらすミスチル 【2/2】
じらすミスチル 【1/2】 の続き)


それともう1つは、
18日の0時からラジオ限定で、
「ロックンロールは生きている」って曲が解禁になってて。

これは発売、配信時期が不明で、
アルバムに入ってるのかも分からない、
ただただラジオ局に届いた曲っていうもの。

テレビでもネットでもない、
ラジオだけでの限定配信っていう形をとってる。

曲調はタイトル通り、ものっすごくロックで、
これまでのミスチルにはないような音楽になってるもの。
歌詞の内容ももちろん、常識をぶち壊せ的なロックの内容で。

ラジオでロックな曲を流すっていう、
すごく昔ながらの手法をとって、
ロックバンドのど真ん中の思いを歌ってるっていう。


で、どうしてこの2つなんだろうと、
そんなことを考えたとき、なんかミスチルらしいなぁって思った。

というのも、僕はミスチルって、
バランス感覚に優れたバンドだと思ってて。
音楽のバランス、生き方のバランス、考え方のバランス、
いろんな部分がとてもニュートラルな場所にあって。

そんなバンド…というかスタッフ含めたチームが、
最新のティザーサイトで難解な仕掛けをしつつ、
昔ながらのラジオでど真ん中のロック曲を流すっていう、
両極端な面を見せてる。

自分たちの表現したいことと、
バランス感覚のもとで、シーソーの端っこに乗ってるような、
一番勢いが出る形で上下に揺さぶって、
でも全体ではバランスがとれてる、そんな感じなのかなぁって。

それにデビューから20年以上、
ブレイクから15年以上が経ってるバンドなわけで、
ともすればどんな曲を出してもマンネリ化しがちな中、
コアなファンもライトなファンも刺激することを、
こういう仕掛けでやってるんじゃないかとも思いつつ。

もちろんスタッフ含めたミスチル自身も、
完成と破壊を繰り返す中で、楽しさを感じてるのがありつつ。

そんなミスチルが安定してるだけじゃなく、
ファンもミスチルを聴くことに安定を感じてる中で、
ちょっと不安にさせるというか、揺さぶるっていうのは、
すごくいい刺激になってるはずで。

実際、僕はめちゃくちゃ刺激されてるわけで。


策略通り、かなりじらされててソワソワしてるんだけども。
このソワソワが全然イヤじゃなく、楽しんでもいて。
それが「ミスチルやばい」の感想になっていて。

アルバム発売まで2週間を切った。

これだけのじらしと、
発売までの「ロックンロールは生きている」で、
ミスチル欲が相当刺激されてるだけに、
発売されたときの快感は、もっとやばいかもしれない。
| イチカワ | 音楽 |
| 記事URL | comments(0) | trackbacks(1) |









url: http://blog.kakerabako.net/trackback/974953
ロックンロールは生きている オンエア
毎日変わる、新しい情報をチェック!話題に困ったら………******トレンドが1分でわかる。毎日更新情報!******抜け初めてわかる!髪は長〜い友達だから***本日のおすすめ***【スカルプD】男性の髪に薬用シャンプーで頭皮からヘアケア薬用スカ...こんな頭皮環境の方にオ
| ザ・コレクターズ大頭鑑 | 2010/11/21 8:25 PM |