• 2018.03.10 Saturday
J1第3節、清水はアウェイで
札幌と戦い、3-1で勝利を収めた。

前半はいわゆる“ミシャ式サッカー”に翻弄され、
サイドチェンジをうまく使われて失点。
それでも耐えると徐々に慣れてペースを握り、
終わってみれば3点を奪っての逆転勝利。

シーズン開幕から2勝1分という、
素晴らしいスタートを切った。


実は残留争いをした昨シーズンも、
最初の3試合は2勝1敗で、
失点1と好スタートを切っていた。

だから今シーズンが、
特別いい結果になってるわけじゃない。

ただ、大きな違いは試合内容。

昨シーズンは「偶然守りきれた」シーンが多く、
得点シーンも意図がそこまで感じられなかった。
ボールを持っても、よくバタついていた。

それが今シーズンは、ファンソッコを中心に守備が安定。
チーム全体が余裕を持ってプレーできていて、
ボールをただ蹴り出すシーンは去年より減った。

前にクリスランやテセがいるから、
苦しくなったらあえて、アバウトに蹴り出すことはあるけれど、
クリアしては拾われ…を繰り返すシーンはだいぶ減った。

自信が芽生えているんだと思う。

そう思ったのは3点目の河井のミドル。
昨シーズンだったら枠にいかなさそうな場面で、
きっちりと枠に飛ばした。

これは技術が向上したわけじゃなくて、
メンタルの問題のように思う。

よくゴルフや野球で言われる「イップス」は、
自信がなくなったりして力の入れ具合がおかしくなり、
狙った場所にボールを飛ばせなくなるもの。

それと同じようなことはサッカーにもあるはずで、
自信があればミートできるボールも、
自信がなければミートできず枠外へ飛んでしまう。

選手たちの精神状態は、
今、かなりいい感じなんだろうなと思った。

昨シーズンまでのメンタルの弱さ、脆さを、
今シーズンは感じなくなっているのが、
試合内容にも表れているように思う。


あとは、前半フィットしなかったデュークが、
後半になって機能したのも見逃せない。

開幕からの2節から、唯一違うメンバーが、
ケガの石毛に代わって左サイドに入ったデューク。

前半はただ走りまくるだけに見えちゃうほどで、
周りとうまくかみ合っていなかったのが、
後半に入るとシンプルなプレーでフィットし、
豊富な運動量が大きなプラスになった。

そういったヨンソン監督や選手たちの修正力が、
チーム力をアップさせていると思う。

なんだか、チームがたくましい。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kakerabako.net/trackback/977632

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM