• 2018.06.19 Tuesday


2018ワールドカップロシア大会・グループH
日本は第1戦でコロンビアと対戦し、2-1で勝利した。

試合開始直後の前半3分に、
コロンビア選手がペナルティエリア内で
決定機阻止のハンドで一発退場。
これで得たPKを香川が冷静に真ん中へ決めて先制。

その後、数的優位の日本が主導権を握り、
一度は同点に追いつかれたものの、
コーナーキックに大迫がヘッドで合わせて勝ち越し。

絶対に勝ち点を取りたいグループリーグ初戦で、
日本がなんと勝利し、勝ち点3をゲットした。


すべてがいい方へ転がった試合だった。

試合開始早々に相手が退場し、11人対10人になり、
相手の攻撃は迫力を失った。

西野監督のもと選出された日本代表23人は、
ベテランが多く、おっさんジャパンとも揶揄されたが、
アクシデントが起きた試合を冷静に対処した。

ハリルから西野へ監督が代わったことで、
リアクションのみのカウンターサッカーから、
しっかりつなぐサッカーになったことが、
ボールを持てる時間が増えた今日の試合にハマった。

得点を取らなければならないコロンビアは、
ケガのハメスを投入してしまい、機動力を落とした。

ワールドカップは、これだから分からない。
それにしても、西野監督は持ってる。


もちろん今日の試合は、偶然勝てた部分がある。
でも、グループステージ突破が現実目標で、
大会直前に監督を変え、スタイルの模索を
一旦忘れていい日本にとっては、それでいい。

というか結果だけが残ればいい大会で、
最高の初戦になったともいえる。

日本の2点はどちらもセットプレーで、
あれだけボールを持ったのに、
相手を崩して得点できていなかったけれど、
初戦の勝ち点3は、それより遥かに重い。

ベスト4が最低条件とかだったら、
不安になる内容だったかもしれないけれど、
今の日本はそうじゃない。


それに今日の試合を冷静に見て、
日本はこれじゃダメだ!って言うのは、
評論家やメディアだけでいい。

単に見る側は、この結果で大喜びすればいい。
ドーハのように、ジョホールバルのように、マイアミのように、
のめりこんで、一喜一憂することで記憶に刻まれる。

歳をとって、いろいろ見てきて、
何かと文句をつけたくなってるからこそ、
ただただ喜びに浸りたい。

グループステージ突破の可能性が
高まったことが、今日はすべてで構わない。


それに偶然なだけじゃなく、
前線からのプレスや、2度追い3度追いが、
しっかりと効いていたポジティブ面も見逃せない。

大迫がしっかりとキープできていたのを筆頭に、
選手たちがしっかりと体をぶつけ、
ボールを保持できていたのもプラス材料。

あとはプレスが早い相手にも、
どこまでこのクオリティを保てるか。
逆に日本のプレスが遅れるような、
一瞬の空白をなくすことができるか。

…って、ついついまた心配になっちゃうけれども。


とにかく嬉しい!

それで今日は、いいじゃない!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kakerabako.net/trackback/977733

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM