• 2018.07.18 Wednesday
J1第16節、清水はホームで
C大阪と戦い、3-0で勝利した。

W杯の中断から約2か月ぶりのリーグ戦は、
中断前最後の川崎戦の0-3とは真逆の結果に。
しかも基本的に清水ペースで完勝した。

そんな気持ちいい試合を、
秋葉原の清水サポが集うカフェで観戦した。



まさかの完勝だった。

1週間前の天皇杯・J2甲府戦は完敗で、
現地で見たというカフェに来ていた清水サポも、
「ひどい試合だった」と話していた。

だから、仮にそこから改善していたとしても、
守備的に戦って、ワンチャンを狙う形になると思っていた。

しかし、蓋を開けてみると、
主導権を握っていたのは清水だった。

C大阪が全体的に重たく、寄せが緩く、
清水の中盤がボールを持てたことで、
主導権を握ることができていた。
清水はかなり、戦いやすそうに伸び伸びとプレイ。

清水の選手たちは基本的に、
余裕を持ってプレーできると力を発揮でき、
余裕がなくなるとプレー精度が大きく落ちる。

サッカーはだいたいそういうものだけど、
清水の場合はそれが顕著で、
しかもソッコのスーパーなゴールで先制できたことで、
自信を持ってプレーできていた。


むしろ自信がないのは、カフェの清水サポだった。
鮮やかな追加点で2-0のリードになっても、
多くの人が「2-0は危険なスコア」と怖がっていた。

日本がベルギーに敗れる前から、
痛い目に遭い続けてきた清水サポは、
僕も含めて、ビクビクしていた。

でも、追加点を奪うという、
中断前の川崎戦や惨敗の甲府戦をふまえれば
信じられない、3-0になり大盛り上がり。

いぶし銀の動きをする兵働に
「さすがひょうさん!」の声。
そして謎の「長谷川悠」コールの連呼。

試合終盤になってようやく、
みんなが安心して見守っていた。


今日は、セレッソが悪すぎた。
次節のガンバ戦も、今日の動きができるとは限らない。

そんな次節、ひとつ興味深いのは、
新加入のドウグラスが出場可能になる中、
今日、外国人選手が揃っていいプレーを見せたこと。

外国人枠の関係で、今日出場した外国人選手4人のうち
誰か1人が、ベンチ外になるわけで、
誰をベンチ外にするかが困りどころ。

ソッコとクリスランがゴールをあげ、
ソッコ・フレイレのディフェンスラインは無失点。
デュークもいつもより効果的な働きができていた。

たまたまなのか、ドウグラス効果か分からないけど、
うれしい悩みができて良かったと思う。
まあ、ポジションと交代でのプラス面を考えると、
デュークなんだろうなぁとは思うけど。

誰が出るにせよ、調子の悪いガンバ相手に、
油断せず、次節も自信を持ってプレーしてほしい。

甲府戦のようには、ならないよう。



DAZNの勝ちロコ映像に合わせて、カフェ内横断の勝ちロコ。
都内のカフェですよ、ここ。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kakerabako.net/trackback/977762

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM