• 2019.05.23 Thursday
井上尚弥が先日のWBSS準決勝で、
2ラウンドTKO勝利。相手は戦意を喪失していた。

あまりにも強すぎる。
というか、デビューからずっと強すぎる。

ただ、日本中が熱狂する、
スーパースターになっていておかしくないのに、
世間の注目度はそこまで高くない。

衝撃TKO勝利が伝えられた夜、
21時からの録画中継視聴率は10.3%。

勝った試合は観たくなる心理を考えると、
録画を差し引いても、さほど高くない。


人気になるボクサーといえば、
どこか「逆境」や「歪さ」がある。

元不良やいじめられっ子など、
逆境から這い上がるバックグラウンドや、
辰吉のように不器用な生き方や戦い方の面白さ。

ならず者の更生物語は、
バラエティ番組の企画としても人気になったほど。

純粋なボクシングだけじゃなくて、
他でも戦っている様子に、多くの人が面白さを感じる。

でも井上は、技術、スピード、パワー、洞察力など、
すべてが最高レベルに洗練されていて、
技術的にまったくスキがない。

そして、ドラマもなく軽々と勝ってしまう。
試合後、顔には腫れも汗もない。
礼儀正しくて好青年、逆境から這い上がったわけでもない。

面白くないほどに、勝ってしまう。


今から6年近く前、井上は初のタイトルマッチ、
日本ライトフライ級王座に挑戦した。

試合の前日が、専属トレーナーでもある父の誕生日ということで、
井上はテレビの密着取材の中で、
磁気ネックレスを買い、父にプレゼントした。

父は、大喜びして涙を流した。

父はそのネックレスを試合でも首につけ、
試合後、息子は父に初のチャンピオンベルトを渡した。

親子の素敵な姿も、想像の範囲内だったりする。


こうなってくると、
日本人が大好きな「世界が認めた日本人」として、
世の中が気付くしかないのかもしれない。

そして生中継のWOWOWはスポーツ好きが見るからいいとして、
誰でも見られる地上波の放映権を持つフジテレビには、
世の中的に一体何の大会か分からない「WBSS」を、
もっと分かりやすく表現してほしい。

団体がたくさんありすぎて「世界一」だらけのボクシング界で、
世界一の中の世界一が決まる戦いということを、
もっと世の中に煽るとか…。

「ボクシング世界No.1決定戦」だったり、
「全人類の頂点を決める」みたいなサブタイだったり。
何らかの取り決めで、うたえない言葉もあるだろうけど。

決勝が日本で開催されれば、
勝手に盛り上がるのかもしれないけれど。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kakerabako.net/trackback/978071

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM