• 2019.07.06 Saturday
J1第18節、清水はホームで
神戸と対戦し、2-1で勝利した。

お互いに驚異的な個の力が得点になったこの試合。
清水はロングカウンターでドウグラスが驚異のドリブル、
ゴール前に持ち込んで北川が決めると、
神戸はビジャがゴール前で
美しいダブルタッチからのシュートが決まり同点。

最後は清水、二見のロングスローを
ドウグラスが高い打点でヘディングゴール。
リーグ戦7試合連続ゴールは、クラブ記録更新。

これが決勝点となって、清水が勝ち点3を積み上げた。


それにしても、ドウグラスがえぐい。

1点目、ボールを受けるときのターンで
加速し相手の宮を置き去りにすると、
山口のスライディングが足にひっかかりながら、
体を持ち直してトップスピードのままゴール前へ。
最後はダンクレーの股の間を狙って
走り込んだ北川へ正確なパスを出してゴール。

2点目、二見のロングスローは、
鋭いボールではないにもかかわらず、
高い打点と走り込みでヘディングをゴールに叩きつけた。

昨シーズンから、クロスがドウグラスの頭に合えば、
いい角度やいい体勢じゃなくても決めていたように、
ヘディングの強さが、この日も発揮されていた。

シーズン序盤は不整脈による出遅れから、
コンディションが整っていなかったものの、
ここ数試合は、あのドウグラスが戻ってきた。

完全体のドウグラスは、手が付けられない。
チャンスのないところからでも、得点を生んでしまう。

西澤のセットプレーもキックの精度が高く、
種類が豊富なので、セットプレーからの得点は、
これからもっと増えるんじゃないだろうか。

ボールを持たされたとき、なかなか崩せない清水にとって、
ドウグラスが戻ったことは、非常に非常に大きい。


あとはディフェンス面。

J1で唯一、1試合あたり2失点以上なわけで、
チーム全体での守備ができ始めている今、
あとは最終ラインの踏ん張りが重要になっている。

中途半端なプレーから、なんでもない場面で、
失点しそうになるのをなんとかしたい。

松原がビジャに体勢を崩されながらも、
シュートをブロックしたシーンのように、
集中した粘り強い守備を、続けていきたい。

鳥栖戦のように簡単に決められることを、
最低でも防いでいければ、さらに上へいける。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.kakerabako.net/trackback/978115

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM