ワンランク上の僕になりたくて書いてるブログ

分かったような口ぶりで、背伸びして自分勝手に書いてます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
LINKS
qrcode
PROFILE
SEARCH
クンテープ道頓堀本店 グリーンカレー
タイフェスで買ったタイカレー。

クンテープ道頓堀本店 グリーンカレー
(クンテープ/購入価格・3個で税込み1000円)







美味しさ度 ★★★☆☆
タイ風味度 ★★★☆☆
舌ヒリリ度 ★★★★☆
汗にじみ度 ★★★★☆
クセある度 ★★☆☆☆
※美味しさ度以外、星の数と美味しさの関係はありません。

「クンテープ」という、大阪にある
タイ国政府認定のタイ料理レストランが
出しているタイカレー。

汁感の強いスープのグリーンカレー。

辛さは、充分辛い。

具は鶏むね肉とタケノコで、
グリーンカレーとしては少なめ。

味はイマイチ。

タイカレーはココナッツミルクが
入ってる量が重要だと思う僕は、
ココナッツミルクが弱いこのグリーンカレーは、
物足りなかった。

店のグリーンカレーってことで
期待したんだけども…。

こういうタイプもあるよねと思いつつ、
残念なレトルトのグリーンカレーだった。
| イチカワ | タイカレー |
| 記事URL | comments(0) | trackbacks(0) |
タイ・フェスティバル2017へ
日曜、六本木の草間彌生展に行ったあと、
昼に代々木へ行き、5年連続のタイフェスへ。


曇り空、ここ5年で一番涼しいタイフェス


前日が雨で客が集中と思いきや、通常通りの客足


タイの人気カオマンガイ屋台の日本の店「ガイトーン東京」


おなじみの吊るした鶏も


ちょっと少なめなカオマンガイ(500円) は美味しいけど普通


新大久保にある、食べログ3.8の人気タイ料理店「バーン・タム」


パッタイ(500円)。日本で食べた中でトップの美味しさかも。


人気タイ料理店「ラララ・ピーナッツ・ポニー・コスモ」食堂(4店)


激混みだったけど、4種類で500円はコスパ最強


シンハービール・ドラフトとともに。


渋谷側の入り口には、今年もトゥクトゥク販売中。

土日開催のタイフェスで、
土曜に雨だったから、日曜の昼、
曇り空で涼しいこともあって、
人出がスゴいかと思ったら、いつも通り。

だとしても、安定のタイフェス。

いつもは適当に店を選んでた中、
今回は店をロックオンして
人気店で買ったんだけども。

ごはん美味しいし、
食べ物フェスなのに500円のものが多い、
コスパの高さ。

タイフェスへ行かないと、
もう、夏を迎えられない体になってしまった。
| イチカワ | 飲み食い |
| 記事URL | comments(0) | trackbacks(0) |
草間彌生展
昨日の午前、国立新美術館で開催されている
「草間彌生 わが永遠の魂」展へ。



チケットは前売りで買ってあったので、
チケット購入の待ちはなく館内へ。

ちなみに「ミュシャ展」という
人気の展示も開催中なので、
チケット売り場はそれなりに混雑。
乃木坂駅の構内、美術館へ向かうところに
机を置いた臨時チケット売り場があって、
そこはすいていた。

開場が10時で、到着は午前10時10分。
前日の土曜の入場待ち時間が、
10時05分の時点で5分だったから、
余裕で入れると思ってたんだけども。

25分待ちでようやく入場。
開催が約1週間後の22日までだから、
混雑しているんじゃないかということを、
美術館好きっぽいおじさんが言っていた。

内容は、想像通りの草間ワールド。
今も描き続けている絵画がずらり。







以前のものもあったけど、
他の美術展より短い45分くらいで回れた。

昔は正確な形と配列だった点が、
今はいびつな形と列になってはいるけれど、
作品を生み続けておいる88歳は、
まさに永遠の魂。

作品の向こうに見える草間彌生に圧倒された。

そして外の広場には、かぼちゃのオブジェ。



まあ、あるよねという感じだけども、
これを見とかないともったいない感がある時点で、
その域に達している草間彌生はスゴい。
| イチカワ | エンタメ |
| 記事URL | comments(0) | trackbacks(0) |
2017 J1 第11節 意識の統一を…
J1第11節、清水はホームで
鳥栖と対戦し、1-1で引き分けた。

前半にチアゴ・アウベスの
豪快なミドルが決まって先制したものの、
試合終了間際に失点してのドロー。

2015年5月30日以来、
J1のホームでの勝利がなく、
日本坂トンネルよりも長い
トンネルを抜け出せずにいる。


逃げ切れなかったのは、
「逃げ切るための方法」を忘れて、
不可解な戦い方をしていたからだと思う。

試合終了間際、清水は1-0で、
あとはゲームを終わらせるというときなのに、
清水のゴールキックのあと、
五分のボールが続いている中で、
清水は前線に4人もかけていた。

その結果、相手にボールが渡り、
縦へのボールが入ったときには、
守備が手薄でカウンター気味の状況に。

慌てて戻った清水の選手たちをよそに、
相手に冷静に決められてしまった。

1-0でリードしているチームの
戦い方ではなかった。


後半アディショナルタイム、
コーナーキックの連続をしのぎ、
勝利が見えたあとの出来事だった。

なんとなく、このまま
勝てそうな雰囲気が漂っていた。

そんな「勝てる」という気持ちが、
気の緩みにつながっていなかったか。

そして、そういった気の緩みや、
試合の終わらせ方を
これまで何度も反省してきたはずなのに、
反省が一向に生きてこないのがもどかしい。


アウェイはとにかく守備からと、
最後まで集中を切らさず戦っている。
全員が同じ意思で動くから耐えきれる。

一方でホームでは、本来守るべきときでも、
なぜか攻めの姿勢を見せることがある。
そのときピッチ上は考えがバラバラになる。

そんなホームとアウェイの違いが、
アウェイで勝てるのに、ホームで勝てない
原因のひとつになっているのかもしれない。

そして「勝てていない」という事実がのしかかり、
リードすると過剰に冷静になろうとか、
「いつも通り戦おう」という気持ちが生まれ、
逆にいつも通りじゃない精神状態になる。

勝てていないから、勝てない悪循環。

となると、やるべきことはひとつで、
全員が試合をどう締めるべきなのか、
しっかり確認するという
基本を徹底することなんじゃないだろうか。
| イチカワ | エスパ |
| 記事URL | comments(0) | trackbacks(0) |
夏が近づく
20:39から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:5.98km
走行時間:28分07秒
平均ペース:4分42秒/km

すっかり暑くなってきた5月、
涼しい夜のランニング。

1週間ぶりのランニング。

週1と週2が交互くらいが、
最低ラインになるかと。

そうすればある程度、
走れる足でいられる。
| イチカワ | ランニング |
| 記事URL | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>