• 2019.05.14 Tuesday
2018年9月、韓国のコンビニで買った飲み物。

아재커피
(230ml/900ウォン)




一番大きく書かれている「아재커피」は、
「aze coffee」というコーヒーブランド名らしい。

キャッチコピーっぽく書いてある
「다방커피 맛 그대로」をGoogle翻訳すると
「喫茶店のコーヒーの味そのままに」。

ということで飲んでみると…

あっま!
甘いコーヒー牛乳!

パッケージみたいなハードボイルドな男が、
こんな甘いコーヒーを飲んでるはずがない!

ダイドーの「Mコーヒー」みたいな味。
ここ25年くらい飲んでないけど。
(雪印のパックのコーヒー牛乳も近いかも)

ただ、不味くはない。

変にコーヒーの味を強めると、
コーヒー感と甘さが戦って不味いことがあるけど、
これはもう、コーヒーは戦ってない。

甘さにコーヒーが合わせていってる味。
だから、不味いわけじゃない。

僕はコーヒーに砂糖を入れないから、
そういう感想なんだろうけど、
甘いコーヒーが好きな人は好きかもしれない。

僕は甘いコーヒーが苦手だから、
積極的に飲みたくはない。

  • 2019.05.13 Monday
昨日の試合後、ヨンソン監督の退任が発表された。

ヨンソンがそこまで悪かったわけじゃなく、
打つべき手の中で、即効性とうまくいく確率を考えたとき、
ベターなのが監督退任だったんだと思う。

ヨンソンは普通の監督だった。
可もなく不可もなく、前任の小林監督同様、
何が悪いわけでもなく、戦力なりの結果を残した。

何試合もいい内容のときはあったから、
自分たちのやりたいサッカーができれば戦えていた。
「ドウグラスが戻れば」「新戦力がフィットすれば」
おのずと良くなるんじゃないかと思っていた。

でも、それはむしろ逆になってしまった。
チームとして戦えなくなってしまった。

だから、次に打つ手が難しくなった。

そこで篠田コーチにとりあえず指揮をとらせて、
「初期化」をせずに「再起動」させることを選んだ。

スペックが良くて、機能していたのに、
やることが増えて重くなり、うまくいかないチームを、
リフレッシュさせることにしたんだと思う。


今シーズンは、不運も重なった。

選手を生かすためのフォーメーションとして、
3-5-2を選んでキャンプで練習を積んだら、
エウシーニョがケガで出遅れ、
選手たちがミスで失点を重ねて2節で3バックを断念。

第3節で4バックに戻したものの、
練習不足の感は否めず、低調な出来で5失点。

その後、ようやく昨シーズンのサッカーを
取り戻してきたものの、新戦力の融合はうまくいかず。
崩壊している相手に勝ち、連動している相手に負ける状態。
さらには誤審も重なり、結果は2勝2分7敗の勝ち点8、
ルヴァン杯は1試合を残して敗退が決定した。

混乱、混迷から、ヨンソンは立て直せなかった。

そして、プラン通り戦うことはできても、
試合中にピッチ内で修正できないという、
清水にずっと横たわる課題を解決できなかった。

それがヨンソン監督での限界ともいえるけど、
選手たちが変わらなければならない部分でもあって、
もっといえばチームの空気を変えられないクラブの問題。

僕はヨンソンに、不満はない。


で、当面は篠田コーチが監督代行として、
指揮をとることが発表された。

たぶん大枠の戦い方は変わらず微調整で、
指導法や選手との接し方、起用法が変わる。

まずは再起動でリフレッシュすることによって、
処理スピードが上がり、試合でミスを抑え、
緩みが出ないよう、自信を持った集中したプレーを!

ここからの大分・仙台・松本の3試合は、
相性がイマイチ良くないとはいえ、
浦和・鹿島・川崎とのここ3試合よりは、
本来圧倒されないはずの相手。

監督が代わっても結果が出ないというのを避けるため、
交代タイミングがここだったというのもありそうで、
ここから3試合が、勝負になる。

  • 2019.05.12 Sunday
J1第11節、清水はホームで
川崎と対戦し、0-4で敗れた。

清水は前半、相手ボールを中盤で奪って
カウンターのチャンスがあったりしたものの、
またもセットプレーの甘さで先制されると、
その後も緩い守備から失点を重ねて4失点。

攻撃のリズムも作れず、3試合連続無得点で3連敗。

第11節を終えて勝ち点9の17位という低迷を受け、
ヨンソン監督の退任が発表された。


退任については明日書くとして、
まずは今日の試合について。


ここ2試合、リーグの鹿島戦やルヴァンのガンバ戦と、
相手に自由にやられるという問題が出ていた。
そして、ミスや緩みで失点する。

それが今日も、同じだった。
前半こそ連動した守備で期待を持てたものの、
試合が進むにつれて、川崎に支配される時間帯が増え、
ミスや合わない場面も増えていった。

試合中に修正する川崎と、
試合中にプランがはまらなくなると、
柔軟に対応できず、うまくいかなくなる清水。

清水がうまくいかなかったのは、
もとからの「ピッチ上での修正力」の低さとともに、
「味方の動き」にまだ戸惑っている感がある。

清水は昨シーズン、簡単にボールをつなぐことが多かった中、
今シーズンはドリブルで持ち上がる中村慶太やエウシーニョが入って、
ボールの動かし方に変化が生まれた。

これはうまくいけば、チームの進化を生むところだけど、
未だにフィットしていない様子で、チームは退化。
故障中のヘナト含めて、新戦力を使いこなせていない。

普通は、味方がどう動くか感覚で分かっているから、
相手やボールの動きを予測することに頭を使えるけれど、
清水はまず味方の動きが分かってないから、
いろんな予測で、一瞬遅れているように感じる。

選手同士の理解が進んでいないのか、
監督が理解させられていないのか。

選手の個の能力だけで、強さは決まらない。
純粋な個の能力を足し算して、
強さが決まるようなサッカーゲームとは違う。

今日の相手・川崎であれば、
負傷欠場の選手の代わりに入っている選手が、
それなりに役割を果たし、結果を出した。

清水と同じように苦戦している浦和は、
個の能力が高いはずなのに、
今日の試合で名古屋相手に攻撃を受け続けていた。

一方で、決して戦力的に上位とはいえない大分が、
今日の時点で3位にいる。

清水は今、17位の降格圏に沈んでいる。


そんな中で、試合後のヨンソン監督の退任は、
仕方なかったと思う。

  • 2019.05.11 Saturday
昨日、免許更新という名の、身分証明書の更新へ。

5年間無事故だったから、優良講習。
5年間車を運転してないから、無事故。

講習で強く話していたのは2点。

・横断歩道で横断者がいるとき、車は必ず一時停止をすること

・自転車は車道の左端を走り、
 自転車が走れる歩道では車道側を通ること

5年に一度、30分だけの講習なのに、
免許と関係ない自転車のルールに時間を割くってことは、
それだけ自転車の運転に問題があるわけです。


更新した免許証の有効期限の欄。
西暦メインになっている理由のひとつは、
外国人ドライバーにも分かりやすいように。

  • 2019.05.10 Friday
18:01から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:4.08km
走行時間:21分41秒
平均ペース:5分19秒/km
平均心拍数:137 bpm
最大心拍数:172 bpm

まあ、特にこれといってなく。
現状維持のランニング。

途中でスクワット40回をはさんで、
ちょっとだけトレーニング感を出す。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM