• 2017.03.21 Tuesday
東京マラソン2017 振り返り【1】の続き


■8:20 手荷物を預ける



直前にジャージを脱いで、
手荷物を20番トラックに預けた。

中央分離帯にロープが張ってあるから、
トラックと逆側の道にいると、
トラック側へ行くのが大変なので、
最初からトラック側の道を歩く方がいい。

ちなみに手荷物袋のサイズは
縦57cm×横40cm(約20リットル)と、
なかなか小さめ。

都内在住の僕はパーカーと
ジャージのズボンを入れた程度だったから、
スカスカだったけど、みんなパンパンだった。


■8:25 トイレを諦める

水分をとったことと寒さから、
またトイレへ行きたくなったので、
中央の新宿中央公園方面、
G〜Lブロックへ進む脇のトイレへ。

ところがそこは、大大大大大行列!
並んだらスタートに間に合わないレベル。

そこで、すいてるトイレへ行こうとしたけど、
どこがすいてるのか分からず。
スタートブロックへの整列が8:45までで、
間に合わないと最後尾スタートになるので断念。

トイレへ行きたい状態のまま、
スタートすることに。

でも、こんなことを想定して、
わざとトイレへ行きたい状態の中で
ランニングをしたのが役立った。

途中でトイレへ行きたくなくなることを
体感として分かってたから、
そこまで焦ることなくスタート地点へ。

実際にレース中、トイレへ行くことはなかったし、
フィニッシュ後も家へ帰るまで
トイレへ行くことはなかった。


東京マラソン2017 振り返り【3】へ続く

  • 2017.03.20 Monday
今回から数回にわたって、
東京マラソン2017に出場したときの
レポートを書きたいと思います。

東京マラソン2017から
3週間以上が経って、
今さらではあるけれども、
思い出として、次に出るときの参考として。


■7:49 大江戸線・新宿駅着

新宿駅に向かう日曜早朝の電車には、
1駅止まるたびに、ランナーが増え、
新宿駅へ着くころにはランナーだらけ。

ランナー用の手荷物袋を
持ってるから分かりやすい。
近くには外国人ランナー2人組も。

そんな外国人ランナー、
マラソンのために日本へ来て、
ワクワクが止まらないかと思いきや、
英語でこう言っていた。

「ソー・ナーバス…ソー・ナーバス…」

そうなっちゃうんだ。


■8:05 「ゲート4」に並び始める

駅でトイレへ行ったあと、
Gブロックスタートの僕は、
会場内へ入るためにゲート4へ。



セキュリティチェックがあって、
なかなか進まない中、
10分ほどかかってゲートを通過。

奥の列の方がスイスイ進んでた。


東京マラソン2017 振り返り【2】へ続く

  • 2017.03.05 Sunday
13:13から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:4.02km
走行時間:19分22秒
平均速度:12.4km/h
平均ペース:4分49秒/km

東京マラソンから1週間、
ランニングを再開。

すっかり走れるまで回復した足は、
まだ腿に重さがあるけれど、
痛みじゃなくて、全然走れる状態。

そして前の東京マラソン後も感じたけど、
やけにぴょんぴょん跳ねているような感覚。

そして最初の2キロは4分30秒/kmペース。
フルマラソンを完走できる足になってるからか、
単にフル後の初ランでテンションが高いからか、
理由は分からないけれど。

ただそんなペースで走ったからか、
ふくらはぎに張り。

42kmの東京マラソンよりも、
4kmのペースを上げたランニングの方が、
ふくらはぎに痛みが出るわけで、
ペースの問題なんだろうなと。

準備運動とかいろいろ見直さないと。

  • 2017.03.02 Thursday
東京マラソン4日後の体は、
もう生活にまったく問題ない。

翌日のあの筋肉痛のひどさは
何だったのかというほど痛みは引いた。
雪が解けたあとのよう。

ただ、雪解けした街の中でも、
ビルの脇の日陰だったり、
ガードレールの付け根だったりに、
雪の山が残っていたりするわけで。

筋肉痛もまだ、
「腿の裏の付け根」あたりや、
「スネの上の方」には特に残っている。

腿の裏は、長い距離を走るといつも、
鈍い筋肉痛がずっと残る。

スネ(たぶん前脛骨筋)は、
今回足首を痛めてて、
つま先が上がりにくかったから、
負荷がかかりすぎてたのかもしれない。
そもそもスネの筋肉が弱いから、
足首の痛みが起きてたのかもしれないけど。

逆に言えばここが鍛えられると、
もっと走れる可能性はある。

普段のランニングで、
ペースを上げまくるから、
ふくらはぎを使い過ぎている。

今の走りからレベルアップするなら、
走り方もトレーニングも変えないといけない。

ただ、走る時間がない中で、
ゆっくり長い距離を走るわけにはいかず、
その限界との戦いがあったりはする。

とりあえず走り方なんだろなと。
左右のバランスも悪い。

まあ、東京マラソン、
次に当選するのは何年後なんだって話だけど。

  • 2017.02.28 Tuesday
筋肉痛はまだ全然あるけど、
ガマンすれば、見た目は
普通に歩いてる感じにまでは回復。

昨日はガマンしたとこで、
どうにも足が動かなかったから、
かなり戻ってきたと思う。

駅まで小走りするくらいもできる。

ちなみに不思議なもので、
ずっと痛めていたふくらはぎは、
普通に筋肉痛っていうくらいで、
大きく痛めてはいない。

それに数か月もの間、
足を酷使すると痛みが出ていた
右足中足骨のあたりの足裏も
まったく痛んでいない。

マラソンの調整って難しい。
自分の体が分からない。

正解なんてないから、
自分ができる限りのすべてのことを
やるしかないんだと思った。

  • 2017.02.27 Monday
東京マラソン翌日、
足のすべてが痛い。

筋肉は腿の表も裏も、付け根も膝近くも、
ふくらはぎの腓腹筋もヒラメ筋も、
スネも膝も足首も、余すことなく。

さらに歩けば右膝の痛み。
駅まで小走りしようとしたら、
力が入らない痛みで前に進めない。
足を引きずるほかない。

足首も痛い。
ここ2か月間、抱えてきた痛みが、
東京マラソンで悪化。
で、つま先が上がらないから、
地下鉄駅の構内を
足を鳴らしてペタペタと歩く。

なんとか歩けるレベル。
ハタから見れば負傷者。

地下鉄駅、階段を下りるときに、
ハシゴを下りるような足運びになる。
そして、そんなときに限って、
エスカレーターがあって良かった…と思ったら点検中。

東京マラソンは、まだ終わらない。

  • 2017.02.26 Sunday
東京マラソン2017に出場!





6年前に出場した
「東京マラソン2011」は3時間56分34秒。
9分09秒も、記録を更新しました!

ラスト10kmで苦しみながらも、
なんとか走り切ってのフィニッシュは、
走り終わったからこそ言える、
「マラソン最高!」という気分だった。

目標の3時間45分に届かなかったのは、
たまらなく悔しいけれど、
とんでもなく大きな達成感がある。


記録更新は、当然ではある。
6年前はまだランニング歴約2年10か月、
ハーフマラソンのタイムは、
1時間47分43秒だった。

今はランニング歴約8年10か月、
直近のハーフマラソンのタイムは
1時間39分03秒。

6年も積み重ねたのに、
9分しか伸びないのは、
成長が鈍いくらいかもしれない。

でも、普段走ってる距離は、
6年前とそれほど変わらず週1〜2回で、
健康のために続けている程度。
むしろ忙しさで、東京マラソン出場が
決まるまでは、走る回数が減っていた。

そうした中、この日に合わせて
自分なりのトレーニングをしてきて、
本番では自分のすべての力を出し切った。

準備が実ったという達成感。
タイムを縮められた達成感。

そして何よりも、
最後苦しくて、歩きたくなっても、
走り抜いて耐えた達成感がある。


大会前の計算では、
1km5分ペースでいけば、
3時間45分を切れると考えていた。

実際に30kmまではそれでいけていて、
30kmの時点で3時間45分は
十分いけると思った。

でも、甘かった。
35kmに大きな壁があった。

壁があるのは頭では分かっていたし、
6年前も同じように、
足が動かなくなっていたはずなのに、
根性でどうにもならない辛さを忘れていた。

フィニッシュ後に歩き始めたら、
足の筋肉すべてがつる寸前の状態で、
マトモに歩くことができなかった。
少しでも力がかかれば、
そのまま倒れ込んで動けなくなりそうだった。

そもそも今の自分の走力の限界が、
3時間45分を切れないレベルだったと思う。

だからこそ今回は、今の自分が出せる、
すべての力を出し切ったという思いが強かった。
筋力も精神力も、終わったときはゼロだった。

そこに、大きな達成感があった。

だから、悔しいけど、悔いはない。


万全の準備をして、全力を出し切って、
完ぺきとは言えなくても、
結果を残すことができた達成感。

この達成感が気持ちいいことを知っているから、
次の達成感を味わいたくなる。
マラソンに限らず、どんな場面でも。

そして、完ぺきじゃないからこそ、
また次へのモチベーションが
湧くのかもしれない。

まあ、ボロボロになっている今、
「来年も東京マラソンに出たい!」とは
これっぽっちも思えないけど。

でもまた、出たくなるんだろなぁ。

  • 2017.02.25 Saturday
東京マラソン前日。
昨日ぶり返し気味だった
ふくらはぎの痛みは消えた。

で、今日は本来、
家で仕事をするくらいで、
あまり足を疲れさせたくなかったんだけど、
そうもいかなかった。

午前中から仕事で四ツ谷へ。

そのあと秋葉原のスポーツバーへ行って、
待ちに待ったJリーグ開幕戦を観戦!



神戸にJ1の厳しさを教わるという、
ワクワクした気持ちが
どんどん萎えてしまう試合内容に、
精神的に疲れるというのがありつつ・・・
という話はまた後日として・・・

そのあとまた仕事で六本木へ。

そんなあちこち歩いて、
いろんな意味で疲労困憊の1日だった。

19時に帰ってきて牛丼と豆腐。
炭水化物多め、脂肪分と食物繊維少なめ。

そんな1日。
ちなみに・・・



昨日まで気になってた
腕の輪っかにはもう慣れた。


さあ、明日はついに本番。

サブ4を最低ラインに、
どこまで記録を伸ばせるか。

目標は、3時間45分。

Gブロックスタートだから、
スタートの合図からスタートラインを
越えるまで8分以上のタイムロスを想定。

あとは最後のペースダウンを、
どこまで食い止めることができるか。

30kmまで1キロ5分弱のペースでいけば、
3時間45分という想定。

と、考えるだけでワクワクする。

ワクワクする気持ちが、
みるみる沈んでくのを今日味わったけど、
それでも明日にワクワクする。

“希望の数だけ失望は増える、
それでも明日に胸は震える”

この街の景色は、楽しく映るんじゃないかと。

  • 2017.02.24 Friday


昨日のランナー受付でつけた、
大会参加資格があることを示す、
セキュリティバンド。

大会当日まで外しちゃいけないということで、
昨日・今日とこれをつけて生活。
レースの鳩かと。

この巻き加減がゆるゆるで…







これだけ動く。

とはいえ、ピッタリつけらると、
今度は風呂上がりに
びちゃびちゃしたままになるから、
ゆるめがベストなんだろうなと。

手を洗うときバンドが手首に落ちてくるから、
体を低くすることで
バンドが落ちないようにする不審な行動をとったり、

逆に着けてることを忘れると、
服を脱ぐときガリガリッ!とひっかかったり。

ちょっとしたストレスはありつつ、
それをワクワク感が上回るから、ガマンできる。

ちなみに丈夫にできてるから、
引っかかってもわずかに折れるだけ。
破れる心配はなさそう。


そして足の状態。

昨日、心肺と筋肉に刺激をと、
結構速いペースで走ったばかりに、
左右のふくらはぎに若干張りがあり。

たぶん大丈夫だと思うけど、
調子が良かったから、調子に乗りすぎた。

疲労をとるため、ふくらはぎを揺らす
軽〜いマッサージをした。


それと体重。

ここ数か月、体重が57〜58kgだったのが、
今日の空腹時には、55kgまで落ちていた。
この体重はここ何年かで一番少ない。

何度も長い距離を走ったこうえに、
仕事が十何時間も続いたときに食べなかったりして、
健康的に、不健康的に絞れた。

1kg減ると、フルマラソンのタイムが
3分縮むっていう説があるくらいだから、
走るうえでは、ベスト体重。

レース中、しっかりエネルギーを補給して、
エネルギー切れにならないよう。

  • 2017.02.23 Thursday
朝までお台場で仕事だったから、
仕事先の仮眠室で寝たあと、
昼前、近くの東京ビッグサイトでやっている
ランナーの事前受付へ。


フィニッシュ地点が東京駅になっても
受付は変わらず東京ビッグサイト


ランナーだけがくぐれる広くて狭き門


入るとすぐにセキュリティバンドを付けてくれる
大会当日まで3日間、取っちゃダメ


ナンバーカード引換所
「がんばってくださ〜い!」と言われて
悪い気はしない


ここは誰でも入れるところ


新コースの紹介


EXPO会場は平日昼でも大賑わい


東京メトロの24時間乗り放題券(1枚600円)
1日に4回も5回もメトロに乗るときお得。
東京マラソンEXPO限定(3000セット)の
ドラえもんデザイン。会場でこれだけ買った。


木曜11時半過ぎだったからか、
ランナー受付は混むことなくスムーズ。

ランナー1人に対して、
「がんばってください!」と言ってくれる
スタッフの数が多いから、
なんだかうれしいやら恥ずかしいやら。

商店街の抽選で4等なのに
チリンチリン!と鐘を鳴らされるような、
そこまでしなくて大丈夫ですから!という。

とはいえテンションが上がるもので、
「がんばってください!」と言われたとき、
ついに本番を迎える高揚感と、
選ばれた人だけが入れるという特別感で、
小さく握り拳を作って、笑顔でうなずいていた。


そんな、東京マラソン本番3日前、
18:54から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:6.41km
走行時間:30分03秒
平均速度:12.8km/h
平均ペース:4分41秒/km


※トレーニング効果…【小 1〜5 大】
※平均ピッチ(ケイデンス)…1分あたりの歩数









東京マラソン前の最終調整。

心肺機能と足に刺激を与えるため、
6キロのうち真ん中の4キロは、
息苦しいくらいのペースで走った。

調整法がいろいろ書かれてるから、
3日前にこれをやっていいのか、
イマイチ分からないんだけど、
ふくらはぎを痛めないよう、
かかと着地に気をつけてペースアップ。

とりあえず痛みは出ず、
疲労もそれほど感じず、体はまずまずの状態。
ここ2〜3か月、ずっと痛んでたふくらはぎは、
今が一番痛みがなくていい状態。

あとは本番まで、
体調を崩さないようにせねば。

生ものダメ絶対。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM