• 2014.11.25 Tuesday
クレジットカードを
不正使用されちゃった件
「クレジットカード不正使用の被害に遭いました」
「クレジットカード不正使用の被害に遭いました[2]」
クレジットカード不正使用被害の続報の最終結果。

4月から5月にかけて、
イギリスの「ダイソン」のサイトか何かで
クレジットカードを不正使用されて、
5件315,749円を使われていた件。

5月24日にカード会社の
カスタマーセンターに連絡してから、
6月2日までに5件とも支払いがキャンセルされ、
僕は被害を負う必要がないことが確定。

8月6日に「期限内にダイソン社から
回答が得られなかった」という連絡があって、
カード会社が返金交渉をスタート。

返金交渉に3か月かかるということで、
結果待ちの状態だったわけだけど、
その結果が、ようやく出た。


■11/25

返金交渉が成立して、
5件315,749円がカード会社へ
全額返金されたとのこと。

問い合わせから半年、
やっとすべて解決した。


カード会社に返金されたってことは、
犯人が見つかって返金してもらえたか、
ダイソンが被害を負ったかのどっちか。

犯人が見つかることは
なかなか考えにくいから、
ダイソンが被害額を負担したはずで。

こういうときは店の責任になるよなぁ。

海外Wi-Fiレンタル会社が、
クレジットカード情報を
流出させたのがいけないはずなのに。

  • 2014.08.11 Monday
クレジットカードを
不正使用されちゃった件
「クレジットカード不正使用の被害に遭いました」
「クレジットカード不正使用の被害に遭いました[2]」の続き。

4月から5月にかけて、
イギリスの「ダイソン」のサイトか何かで
クレジットカードを不正使用されて、
5件315,749円を使われていた件。

カードのカスタマーセンターに連絡したら、
6月2日までに5件とも支払いがキャンセルされ、
あとは調査結果を待つだけだった。

その調査報告について、電話があった。

■8/6(水)調査結果報告

5件の不正使用についての報告は
「期限内に回答が得られなかった」とのこと。

販売会社に問い合わせたものの、
結局、回答が得られなかった。


犯人が捕まらない中で、
不正使用だと販売側が認めれば、
販売会社が被害を被ることになるっぽいから、
販売側は回答をしなかったのかもしれない。

今後はカード会社が販売会社に対して、
返金交渉をスタートさせるとのこと。

カード会社と販売会社で、
どっちが被害を被るのかの話し合いかと。
僕が被害を受けることはないっぽい。

もとはといえば、不正アクセスで
クレジットカード番号を含む
個人情報を漏えいさせた、
海外Wi-Fiのレンタル会社がいけないんだよなぁ。

この会社からの情報漏えいが
原因とは限らないけれど…それしか心当たりないなぁ。


返金交渉に3か月かかるらしい。

また結果が出たら報告をくれるとのことです。

  • 2014.06.02 Monday
クレジットカードを
不正使用されちゃった件
「クレジットカード不正使用の被害に遭いました」の続き。

4件25万円以上の不正使用が見つかり、
カードのカスタマーセンターに連絡したところ、
後日、4件とも支払いが無事キャンセルされ、
並行して新しいクレジットカードの発行も、
お願いしていた状態からの話。


■5/30(金) 新カード到着

本来は昨日新しいカードが届いてたけど、
自宅にいなくて、再配達で今日到着。

カード再発行の申請から、
10日間かかるって言われてたけど、
5日間で届いた。

もともと使ってたカードは、
公共料金や通信関係など、
定期的な引き落としに結構使ってたから、
早くしないとと、全部変更した。

めんどくさいったらありゃしない。


■5/31(土) 新たに1件の不正使用が

そしてまだ明細には出てなかった、
もう1件の怪しい決済というのが、
サイト上の明細に出現。

5/23 DYSONJP(B) 58,628

前回の被害から1週間後。

僕に気付かれないよう、
週1ペースで、買われてたようで。

カスタマーセンターに報告。
ただし土曜っていうことで、
不正使用と認められるかどうかは、
月曜に報告しますとのこと。

認められるはずで、
これで被害は5点合計315,749円。

これからダイソンを見るたび、
このことを思い出す。

そんなことがずっと頭にあったら、
これからもしダイソン製品を買ったとしても、
扇風機の風は全然心地良くないし、
掃除機で部屋がスッキリしても、
頭はスッキリしないはず。

ダイソンに罪はないのに!


■6/2(月) 無事、不正使用がすべてキャンセルに

カスタマーセンターから電話。

58,628円の決済が、
無事取り消されたとのこと。

これでひとまず、
取り消しの処理は全部終わり。

あとは2か月以内に分かるらしい、
調査結果の報告を待つだけ。


※調査結果の報告が出たら報告します

  • 2014.05.29 Thursday
■5/23(金) クレジットカードの不正使用に気付く

いつものように、
クレジットカードの明細が書いてある
書面が届いた。

いつものように封を開いて、
金額を見ると、結構な額。

何だ?と思って明細を開いたら、
「国民年金保険料 1年前納」とあって、
そっかそっかと一旦納得したんだけども。

下まで見ていって、違和感が。

4/25 DYSONJP(B) 59,184

DYSONJP…DYSONJP…
えっ?ダイソン!?
ダイソンで買ってないのに!?

ってことは…
誰かにカードを使われてる!

値段から調べてみると、
買われたのはこれ。



欲しいと思ったことはあるけども。
知らないうちに買っちゃうほど、
カードの毒に冒されてはいない。

さらに、まだ書面になってない、
請求確定前の利用明細を、
ネット上で見てみると…

5/01 DYSONJP(B) 92,365
5/08 DYSONJP(B) 61,508
5/16 DYSONJP(B) 44,064

週1でダイソン買ってることに!
もちろんどれも買ってない。

ちなみに買われたのはこれら。







そりゃどれも欲しくなるけど!

4点で合計257,121円。
これ請求されたらヤバすぎる!

確実に、カードの不正使用。

たぶん転売して換金するために、
値崩れしにくいダイソンの商品を、
僕のカードで買ったんじゃないかと。

ただ、明細を見たのが深夜の25時。
盗難窓口に電話してみたけど、
カードを止めることはできても、
それ以上の対処は何もできないとのことで、
次の日、サービスセンターが開いてる時間帯に、
もう一度電話することにした。


■5/24(土)カスタマーセンターへ電話

翌日昼ごろ、カスタマーセンターに電話。

4件のダイソンすべてが、
イギリスの加盟店で決済されているとのこと。

不正使用の疑いが強いということで、
カードを止めて、再発行してもらうことに。
10日ほどで新カードが発行されるという。

ただ土曜ということで、
不正使用と認められるかどうかは、
判断する部署が休みとのこと。
週明けの月曜に返答をもらえることに。

そしてさらなる被害として、
まだ明細には出ていない、
もう1件の怪しい決済が、
最近も行われているとのこと。

それは履歴に表示されてから、
僕からカスタマーセンターへ
新ためて報告するしかないと。

同時に、カード再発行の手続きをすることに。
新たな番号でカードが作られる。
再発行手数料が510円かかるとのこと。

被害を受けたのに、手数料がかかるとか、
なんて迷惑な!


■5/26(月)不正使用が認められた

夕方にカスタマーセンターから連絡。

ダイソンでの購入がされた時期に、
イギリスへ渡航していないことなどから、
不正使用が認められ、
ダイソンで買われた4件すべての決済を
キャンセルしてもらえた。

ホッと一安心。

そして510円かかるはずだった、
カード再発行手数料が、0円でOKに。

というのも、因果関係は不明だけど、
僕は以前、海外でWi-Fiを貸し出している
「エクスコムグローバル社」を利用したとき、
クレジットカードを使った。
そのあとこの会社への不正アクセスで、
僕のクレジットカード番号を含む、
109,112件の個人情報が漏えいした。

それが関係するかもしれないということで、
手数料を0円にしてくれたらしい。

いやーありがたい…とかいう話じゃなく、
ホント、漏えいとか大迷惑!

調査については、海外でカードが使われたから、
調査に2か月が必要とのこと。
(国内なら期間はもっと短いらしい)

とりあえず待つしかない。


そんな感じで、クレジットカードの
不正使用の被害に遭っちゃった。

海外だったから簡単に証明できたけど、
もし国内で、しかも物じゃない、
サイトの利用みたいなので不正使用されてたら、
僕が買ってないっていう証明ができたか分からない。

クレジットカードの怖さというか、
セキュリティの甘さを感じた、
ここ数日間だった。


※追記:このあとの様子は
「クレジットカード不正使用の被害に遭いました[2]」

  • 2014.05.20 Tuesday
免許の更新へ行ったら、
リアクションが大きい受講者がいた。

それは、50代くらいの小太り色黒男性。
紺のポロシャツに、野球帽をかぶっていた。

このおじさん、
基本的に「うんうん」と言いながら、
真剣に教官の話を、
真剣なまなざしで聞いていて。

教官が

「今の免許証は本籍が書いてありません。
 免許証に埋め込まれているICチップに、
 記録されています」

と話すと…

「これにICチップが埋めこまれているんですか!」

と全体に聞こえるリアクション。

交通規則の映像を見ているとき、
ノロノロ運転の高齢ドライバーをが、
後ろの車に煽られたり、
追い越されそうになったときには…

「きてるきてるきてる!」

と、志村後ろ!的なリアクション。

さらに映像内で、暗い色の服の人を、
夜はなかなか気付けないという内容では、

「オレの服はまずいなぁ…ねぇ」

と、教官に向かって、
着ている紺のポロシャツを指さしていた。

おじさんが気になって、
講義が頭に入らなかった。

受講が終わって、教室を出るとき、
おじさんは教官に質問していた。

「ICチップはどう埋め込まれているんですか?」

さっきまでゆったりとした口調だった教官が、
だいぶ早口で質問に答えていた。

  • 2014.03.09 Sunday
金曜のランニングで。

忍者雲の仕業で舞ってた
雪の中を走っていて、
視野が狭くなっていたうえに、
雪をキョロキョロ見ながら走ってたらば。

杭と杭の間にかかっている
チェーンに激突。

その結果、足が…





毛がないのは置いといて、
分かりにくいけど打撲で内出血。
触るとヒリヒリジンジン。

で、色が全然変わってない、
左足の方が実は痛かったり。

今のが金曜夜。

そして2日経った今日の夜が…





治る方向へ向かってる色。
くっきりと跡が出つつ。

もも毛はもちろん生えておらず。


これからはしっかりと
周りを見るよう心に誓った。

忍者雲がやってきて、
突然の雪が降ってきてもキョロキョロせずに、
忍者の罠みたいな鎖にかからないよう。

  • 2014.02.12 Wednesday
夜の20時過ぎ、
仕事へ向かうバスに乗ると、
車内が何やら騒がしい。

「また警察呼ぶなら呼べよ!」

ホームレスのような、
髪の毛ボサボサの60代くらいの男が叫んだ。

乗客が言う。

「運転手さん!早くしてよ!
 この前もこれで30〜40分やったんだから!」

この男、騒動はこれが初めてじゃないらしい。

運転手は、無線で会社に問い合わせた。
そして無線のボリュームを上げたのか、
バスの最後尾まで届くほどの音の大きさで、
無線の向こうと会話した。

運転手「乗車を拒否していいんですね」
会社「拒否してください」
運転手「了解しました」

運転手「・・・ということです。
    降りていただけますか?」
男「だから邪魔にはならねぇだろうよ!」

運転手「運行を中断します」

バスのエンジンが止められた。


原因は、男がバスに持ち込んだ荷物の量。
大きな旅行用バッグを
3個持ち込んだのが規定以上だったらしい。

大人1人の運賃しか払ってない様子で、
それがもめてる原因っぽい。

男「通路なら邪魔にならねぇし、いいじゃねぇか」

再開するかどうかは、
男と運転手のバトル次第。

とはいえ、過去にもこのバトルを見た乗客は、
長期戦にもつれこむことを知っている。

1人、また1人と、降り始めた。

電車に切り替える人、
次のバスを待ち始める人、
バスの中は徐々に人が減っていく。

男は、それでも居座った。
運転手は、再び無線で指示を仰ぎ、
男に「バスを降りてください」
「会社からの指示ですから」と告げた。

男は言った。

「てめぇ自身で判断しろよ!」

やだかっこいい。
いや違う、ただのワガママだ。

本来の発車時刻から5〜6分後、
もうすぐ次のバスが来そうだったので、
僕もバスを降りた。

次のバスにそのまま乗れるよう、
運転手はちっちゃな紙をくれた。

強風吹き荒れる真冬のクソ寒いバス停で、
次のバスを待った。


しばらくして、
自転車に乗った警察官がやってきた。

男は少しの抵抗のあと、
納得がいかない表情でバスを降りてきた。

警察に聴取を受ける男。
やりとりは聞こえないけれど、
まだ納得がいかない表情。

そうこうするうち、次のバスが到着。

寒空に放り出された僕ら乗客たちは、
怒りを感じる足取りの速さで、
運行休止中のバスの向こうに停まった、
バスに乗り込んだ。


そんな、今日の夜の出来事。

前のバスの発車から10分後、
まだ平行線をたどる男と警察を横目に、
バスは発車した。

  • 2014.02.08 Saturday




船橋のIKEAへ。

引越し後、早く家具を揃えないとと
焦りが出ちゃって、
大雪警報を振り切って、行っちゃった。

家を出てIKEAに着くまで、
雪で電車が動いたり止まったりで、
かかった時間は普段の倍。

その時点で行くのをやめればよかったのに、
僕ら2人とも雪を完全になめていた。




そんな天気だから、
もちろんIKEAはガラガラ。

いたのはカーペットを買う2人組の男など、数えるほど。
そして普段は21時まで営業してるとこを、
遅くになるとお客様の安全確保ができないっていう理由で、
19時半閉店のアナウンスが流れた。

急いで選んで、カートに積みまくって、
閉店ギリギリにレジへ。

買ったものはすべて配送することに。
手続きを済ませて、
IKEAを出た時点で20時近く。

外は吹雪。



カーペットを選んでた2人組の男は、
カーペットを2人で持って、
IKEAの外で作戦を練ってた。


IKEAから目と鼻の先にある、
JR京葉線の南船橋駅は
京葉線のストップで電車が動かず。

タクシー乗り場には、
一向に来ないタクシーを待つ行列が。

駅のアナウンスも
電車運転再開のメドが立たないってことで、
とりあえずその時点でまだ動いてた、
京急本線の船橋競馬場駅方面へ。



ところが吹雪は、歩く道も体力も奪った。
歩道橋は、まるでラージヒル。
歩道が雪で埋まって、歩けない。
そして顔へビンタされてるかのように、
全力でぶつかってくる雪。

僕ら2人は、
まるで遭難したかのような状態だった。


そうして1.6キロの道のりを歩き、
やっと着いた船橋競馬場駅も、
着いたころには電車が動いてなくて。

絶望感の中、唯一の光は、
もう1.6キロ先に駅がある総武線。
動いたり止まったりを繰り返してた。

ただ、ここでもタクシーは拾えず、
再び歩くことに。

1.6キロの遠さを知ってるだけに、
なかなか踏ん切りがつかなかったけど、
それしか方法がなかった。


意を決して、東船橋駅方面へ。

ただその前に、あまりにも寒かったから、
船橋競馬場駅を出てすぐのコンビニで、
まずは温かいものを買って食べた。

そしてさあ出発しようとしたそのとき、
地元の人が地図を持ってる人に
「東船橋駅の途中まで案内しますよ」
って話す声が聞こえた。

「一緒にいいですか?」と聞くと、
「ああいいですよ」との答え。
温かすぎる言葉に、便乗させてもらうことに。

地元の人の先導で、
吹雪の中、雪深い道を歩いていくと、
道が分からなくなった数名が彷徨ってた。

「おーい!そっちじゃないよ!」
「えーっ!そうなの!?」
「こっちこっち!一緒に行きましょう!」

遭難した人を救助してるかのようなやりとり。

結果、パーティーは10人前後に。
連なって歩いてく様は、
雪山を下ってるかのような雰囲気。

ただ2人で歩いてた最初のときより、
時間が経つのがずっと短かった。

相変わらずの吹雪だったけど、
苦しさはなく、東船橋駅に到着した。


そのとき総武線は
一時的に動いてなかったけど、
20〜30分後に運転再開のアナウンス。

IKEAを出てから約2時間が経っていた。

そして駅のホームに降りると、
なんとそこには、
IKEAのカーペットを持った2人組の男がいた。

ここまで歩いて運んできたのか!!

買ったものをすべて配送した僕らは、
なんだか感動してた。


そして23時、帰宅。

それはもう反省しきりで、
二度とこんな軽率なことはするまいと誓った。

「ぜんぶ雪のせいだ」とか、
間違っても雪のせいにはできない。

自分たちがいけなかったな、と。

するとそのとき、
雪が降らない実家で暮らす、
母親からメールが届いた。

「静岡は雪が降らなかったよ。
 楽しみにしてたのに(T_T)」

どっと疲れが出たのを感じた。

  • 2013.08.17 Saturday
銀座の歩行者天国を歩いてたら、
車道から歩道に向かって、
何やら人だかりが。

何かパフォーマンスでも
やってる人がいるのかな?って思って、
近づいてみたら…





看板の細い部分の上に、
器用に乗っかって寝てるネコ。

これ、実はよくある光景らしく、
「銀座 猫」で検索すると、
似たような画像がわんさか出てくる。

銀座のあらゆる看板の上で、
いろんな猫が座ってる。

僕が見たネコも、
人が集まって、ざわざわしてるのに、
起きずにずっと撮られ続けてた。

と、何かのきっかけで、
ネコが起きた!



辺りをきょろきょろ見回して、
冷静に今の状況を把握して…



また寝た。

もう慣れすぎというか…
確信犯ですよ、これは。

  • 2013.03.05 Tuesday
この前、久しぶりに自宅の電話が鳴った。

電話に出ると、
50〜60代くらいの女性が、
上品なトーンでありながら、
ちょっと気が強そうな口でこう名乗った。

女「NTT取次センターですが」

あからさまな、怪しい電話。

どうしてこういうとこは、
怪しさしかない名前を名乗るんだろう。

いやそれは何度かこういう電話を受けて、
怪しい電話ってことを知ってるからで、
初めてならNTTからの電話だと思う人が
多いかもしれない。

で、こういう電話は久しぶりだから、
しばらく話を聞くことにした。

女「お客様のお電話はアナログ回線ですので、
  このたび開通しました光回線への
  変更のご案内を〜(ここから軽く説明)」

“光回線に変更することもできる”案内じゃなく、
“光回線へ変更する”案内っていう内容。
だます気満々の、かなり悪質な勧誘。

どんな反応をするのか知りたくて、
それに50〜60代女性とはいえ
ちょっとこらしめたくて、
軽い案内を聞いたあとも電話を切らず続けた。

僕「会社名を教えてください」

すると、気が強そうな感じでこう答えた。

女「NTTの取次センターです」

いやいや、それは答えになってない。

僕「取次センターという会社名ですか?」
女「NTTの取次センターです」
僕「いえ、NTTの取次センターという会社名は
  おかしいじゃないですか。会社名を教えてください」
女「…取次センターです」

気の強そうな声が、一瞬戸惑った。

気が強いんじゃなくて、
気が強いように見せないと、
この仕事はやってられないのかなと。

性格が悪かったり、
人をだますことを何とも思わなければ、
仕事と思って割り切れるのかもしれないけど。

パソコン前で電話してた僕は、
ささっとGoogleさんに聞いてみた。
もちろんそんな会社は存在しないし、
悪質勧誘として書かれたサイトがずらり。

僕「取次センターって名前なんですね?
  そしたら少々お待ちください…
  検索したんですが、取次センターという
  名前の会社はないですよ。本当の会社名は何ですか?」
女「取次センターなんですが…」

それから少しやりとりがあって、
僕が一番言いたかったことを伝えた。

僕「こういう仕事して恥ずかしくないんですか?」

相手はマニュアルに戻ったように、
こう言って電話を切った。

女「変更のご必要はないということで、
  それでは失礼します」


50〜60代女性がその仕事を始めたことに、
どんな経緯があるのか分からない。

でも、こんなしょうもない仕事を、
やってほしくないなと思って、
説教くさいけども、ちょっと言ってみた。

被害者が出てほしくないとかよりも、
そういう仕事を選んじゃうのって、やだなと。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 年が明けてから引越した人の「収支内訳書」の「住所」の書き方
    Mr. B
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM