• 2018.07.18 Wednesday
J1第16節、清水はホームで
C大阪と戦い、3-0で勝利した。

W杯の中断から約2か月ぶりのリーグ戦は、
中断前最後の川崎戦の0-3とは真逆の結果に。
しかも基本的に清水ペースで完勝した。

そんな気持ちいい試合を、
秋葉原の清水サポが集うカフェで観戦した。



まさかの完勝だった。

1週間前の天皇杯・J2甲府戦は完敗で、
現地で見たというカフェに来ていた清水サポも、
「ひどい試合だった」と話していた。

だから、仮にそこから改善していたとしても、
守備的に戦って、ワンチャンを狙う形になると思っていた。

しかし、蓋を開けてみると、
主導権を握っていたのは清水だった。

C大阪が全体的に重たく、寄せが緩く、
清水の中盤がボールを持てたことで、
主導権を握ることができていた。
清水はかなり、戦いやすそうに伸び伸びとプレイ。

清水の選手たちは基本的に、
余裕を持ってプレーできると力を発揮でき、
余裕がなくなるとプレー精度が大きく落ちる。

サッカーはだいたいそういうものだけど、
清水の場合はそれが顕著で、
しかもソッコのスーパーなゴールで先制できたことで、
自信を持ってプレーできていた。


むしろ自信がないのは、カフェの清水サポだった。
鮮やかな追加点で2-0のリードになっても、
多くの人が「2-0は危険なスコア」と怖がっていた。

日本がベルギーに敗れる前から、
痛い目に遭い続けてきた清水サポは、
僕も含めて、ビクビクしていた。

でも、追加点を奪うという、
中断前の川崎戦や惨敗の甲府戦をふまえれば
信じられない、3-0になり大盛り上がり。

いぶし銀の動きをする兵働に
「さすがひょうさん!」の声。
そして謎の「長谷川悠」コールの連呼。

試合終盤になってようやく、
みんなが安心して見守っていた。


今日は、セレッソが悪すぎた。
次節のガンバ戦も、今日の動きができるとは限らない。

そんな次節、ひとつ興味深いのは、
新加入のドウグラスが出場可能になる中、
今日、外国人選手が揃っていいプレーを見せたこと。

外国人枠の関係で、今日出場した外国人選手4人のうち
誰か1人が、ベンチ外になるわけで、
誰をベンチ外にするかが困りどころ。

ソッコとクリスランがゴールをあげ、
ソッコ・フレイレのディフェンスラインは無失点。
デュークもいつもより効果的な働きができていた。

たまたまなのか、ドウグラス効果か分からないけど、
うれしい悩みができて良かったと思う。
まあ、ポジションと交代でのプラス面を考えると、
デュークなんだろうなぁとは思うけど。

誰が出るにせよ、調子の悪いガンバ相手に、
油断せず、次節も自信を持ってプレーしてほしい。

甲府戦のようには、ならないよう。



DAZNの勝ちロコ映像に合わせて、カフェ内横断の勝ちロコ。
都内のカフェですよ、ここ。

  • 2018.07.11 Wednesday
2018年天皇杯3回戦、清水はJ2甲府と対戦し、
0-1で敗れ、3回戦で敗退した。

試合の中継がなかったから、
どんな内容になっていたかは分からない。

監督や選手のコメントを見た感じでは、
試合勘がなく、メンタルも公式戦モードに戻ってなく、
体力も戻ってなかった様子だった。


ワールドカップの中断期間、
他のクラブは数日の休みで練習に戻った中、
清水はJ1最長の16日間の休みをとった。

そういう特殊なことをするわけだから、
何か納得できる意図があると思ったけれど、
今日の試合結果と、監督や選手のコメントで、
まったく納得できない休みになった。

清水というクラブは、
天皇杯にテストマッチ感覚で挑んだんだと、
僕は正直思ってしまった。


その最たる部分が、ファンソッコのサイドバック起用。
で、どうやらうまくいかなかった様子。

試すことは構わない。
でも、新しいポジションを試すなら、
どうしてあと数日早く始動して、
テストマッチをこなさなかったのか?

このチームは明らかに、
ソッコをセンターバックに据えることで、
ディフェンスが持ちこたえられていたはずで、
それは攻撃するときの安心感にもつながっている。

そのポジションを動かすのは相当なチャレンジで、
公式戦の前に十分試す必要があったはず。

テストが足りないということは、
照準をリーグ戦だけに絞って、
天皇杯をテストマッチに近い位置づけにしたとしか思えない。
ぶっつけの3バックもやったみたいで…。

でも、天皇杯をテストマッチにする意味も分からない。
今の清水は選手をダブつかせていて、
ルヴァン杯も敗退して、これで出場できる公式戦は、
リーグ戦に限られてしまう。

この試合、まったく理解ができなかった。


来週水曜からのリーグ戦で、
チームが完成度を大きく高め、勝ち始めるなら、
別に納得する。でも、不安しかない。

準備期間が短い日本代表が、
ロシアW杯で結果を残したのとは違う。
そもそも日本代表には蓄積された連係があり、
個の能力も即興でできるレベルで高かった。

清水はそうじゃなく、
もともと連係がうまくいってなかった。
大人のチームでもなく、臨機応変な戦いができていない。

天皇杯をテストマッチ化して負け、
しかもそのテストさえも失敗した。

収穫が「久しぶりに90分間の公式戦をした」ことと
「ソッコはやっぱりセンターバック」だけなら、
テストマッチとしても、あまりにもお粗末だと思う。

  • 2018.06.06 Wednesday
2018年天皇杯、清水はFC今治と対戦し、
1-0で勝利、3回戦進出を決めた。

中継がなく、試合内容が分からないので、
結果とコメントからしか試合が見えないけど、
どうやらボールを回され、内容は良くなかった様子。

川崎、練習試合の藤枝、そして今治と、
パスを回す相手に苦戦するということは、
全体が連動しての守備に問題があるからか。

今日の苦戦は、ファンソッコが
いないからというだけじゃなく、
チームとしての守備が機能しなくなっているのも、
関係しているんじゃないだろうか。

開幕からしばらくできていた堅い守備が、
明らかに綻びを見せているわけで、
そこはリーグ再開へ向けて最大の改善ポイントだと思う。

  • 2018.05.20 Sunday
J1第15節、清水はアウェイで
川崎と戦い、0-3で敗れた。

試合は終始、川崎ペース。
というか川崎が完全コントロール。
清水は何もできずに3点を奪われ敗れた。


最低であり、予想できた試合でもあった。
最近のパフォーマンスからは、ありえた試合。

全体が連動していないからか、
プレッシャーをかけるとき遅れる場面が目立って、
相手をフリーにし、次々とパスを回された。

一方で清水は距離感が悪くて、
パスの出しどころがないというか、
うまくパスの出しどころを作れず、
近くの味方に逃げるパスをするか、
前線へ五分五分のボールを蹴り出すか。

その結果、相手の攻撃を受け続け、
流れの中じゃなくても、必然的に失点を喫した。

こうして、実際の個々の能力以上の、力負けになる。


たぶん前節の4-2からも、
その前の1-3からも特に変わっていない。

相手がミスするチームには勝てるけど、
相手が普通にプレイできるチームには勝てない。

清水が何をしたってわけじゃなく、
相手のプレー精度の良し悪しで結果が変わるだけ。

それは当たり前といえば当たり前なんだけど、
清水が結果を動かす印象がない。

たぶん今、結果を動かすための練習をしているけれど。


シーズン序盤は、守備の立て直しによって、
強固なディフェンスから勝ち点を稼いでいた。

それが今、攻撃を組み立てる練習を始め、
パスで相手を崩そうとしているところで、
勝ち点を奪えなくなっている。

それがどこまで関係しているか分からないけれど、
ゴトビ監督体制下でも同じようなことがあって、
現実路線で守備すれば勝ち点を稼げていて、
自ら試合を動かそうとすると負けが込んでいた。

なかなか解決しない問題なんだろうと思う。


これで、およそ2か月のW杯インターバルに入る。

現在10位とはいえ、J2との入れ替え戦になる
J1参入プレーオフの16位との勝ち点差は3。
しかも下位には資金が潤沢にあったり、
上位へ行く力のあるクラブがかなり多い。

ただ、これで方向性を変える必要はないはずで、
再開までには、シーズン前以上の準備期間がある。

攻撃をどう組み立て、
そのとき守備を、どうまとめていくか。

今の戦い方からの積み上げで、
攻撃をうまく融合させるためには、
いいインターバルになると思う。

ちょっと早い夏休みは、宿題がたくさんある。
宿題をしっかりやれば、力は伸びているはず。

今日みたいな試合を続けたら、落第だと思う。

  • 2018.05.16 Wednesday
Jリーグルヴァン杯第6節、
清水はアウェイで札幌と対戦し、3-0で勝利。

次のステージへ望みをつなぐ清水と、
ルヴァン敗退の決まっている札幌の差なのか、
今回も清水がPKで先制してラクになったのか、
ある程度、試合を優位に進めての勝利。

しかし競っていた磐田も勝ったため、
ルヴァン杯は3位に終わり、
次のステージへ進むことはできなかった。


惜しい結果に終わったけれど、
クラブとしては、ルヴァンは上へ進めたら
儲けものという大会だったように思う。

過密日程の中、リーグ戦に出場したメンバーを
休ませることを一番に考えたスタメンを組んだから、
本来とは違うポジションで使われる選手も出てきて、
チーム全体がうまく機能していなかった。

本気のサテライトリーグを戦ったような感じで、
そのリーグが今日をおもって終了した。


これでサブのメンバーが試合に出られる機会が
天皇杯までなくなって、
アピールのチャンスが減った。

…ととるか、

練習でアピールするしかないから、
練習の強度や集中力を今以上に高めて、
練習にすべてをかける。

…ととるかは選手次第。

監督がある程度選手を固定して、
ここまで戦ってきたのは、
過密日程によるものだったり、
就任1年目で戦術浸透のためだと思う。

サブに若手をどんどん入れる様子を見ると、
しっかりと可能性をアピールできれば、
本来は試合で使っていく監督だと思う。

このルヴァン敗退がマイナスではなくて、
練習で成長することにつながる、
プラスになるよう、ここから取り組むことが重要。

敗退は悔しいけど、これがリーグ戦へプラスに働くよう、
練習に取り組んでくれたらと思う。

  • 2018.05.12 Saturday
J1第14節、清水はホームで
湘南と戦い、4-2で勝利した。

前半にPK2つで2点を奪い、
後半は流れから得点して4点の大量リード。

しかし全体的に内容は悪く、
松原の退場もあって4-2まで追い上げられ、
点数の割に、スッキリとはいえない勝利。

それでもホーム2連勝という、
清水にとって大事な結果を得ることができ、
順位としても中位に踏みとどまることができた。


清水はちょっとしたメンタルの揺れで、
勝ちも負けもするチームだというのが、
改めて分かったような試合だった。

簡単に言えば不安定。
良く言えば、もっとできるチーム。

敗れた前節や前々節と比べて、
それほど大きな差はない試合内容。
内容がそれなりでも負けた試合から、
内容がそれなりなのに勝った試合に。

PKで先制できたから勝てたともいえる試合だと思う。
PKをとれるくらいのチャンスがあった良さはありつつも。

気持ちに余裕があったから勝てた。
今の清水はそのレベルにあると思う。


先制すると、心に余裕が生まれて判断が早くなる。
先制されると、心に余裕がなくなって判断が遅くなる。

心の余裕が、頭の余裕になる。
体の余裕も、頭の余裕になる。

頭の余裕がプレーを正確にし、
判断力を早め、より良い選択肢のプレーを選べる。

プレーの正確性やより良い選択が
チャンスを演出し、シュートを枠内に入れる。
守備から攻撃への流れを速くする。
ボールを失ってからの寄せが速くなる。


とは言いつつ、去年よりベースがアップしているから、
偶然が乗っかってでも勝てる試合が増え、
必然で負ける試合が、少しだけど減っている。

勝ちを拾われてばかりだったチームが、
勝ちを拾えることが増えているだけでも成長で。

W杯での中断までリーグ戦は1試合。
余裕を持てるメンタルで中断期間を過ごせるよう、
次節は、内容が悪くても勝ち点をとれれば大きい。

  • 2018.05.09 Wednesday
Jリーグルヴァン杯第5節、
清水はアウェイで磐田と対戦し、1-2で敗れた。

この日もほぼターンオーバー。
過密日程の中でリーグ戦からメンバーを変更し、
でもリーグ戦と同じような寄せの甘さから失点。

これでルヴァン杯は3位に転落し、
次のステージに行けるかは、
最終節の磐田の結果次第となった。


成長が見えないのがもどかしい。

チーム自体がレベルアップしているのは確か。
選手個々も意識が高くなり、伸びているのも確か。

だけど結果が出ないし、
同じような失点を繰り返すのがもどかしい。

ルヴァン杯はターンオーバーして臨んでるから、
経験や調整の場としての側面は大きいけれど、
うまくいかない原因が、コンビネーションとか、
試合勘というよりも、単純に個の緩さというか、
防ぎようがありそうな失点が多いのが気になる。

リーグ戦も同じで、疲労の蓄積はあるだろうけれど、
寄せが甘くて相手に気持ち良くプレーさせてしまうのが、
どうも良くない。


リーグ戦もカップ戦も、チームの順位は瀬戸際。

カップ戦は自力では上へ行けなくなった。
リーグ戦はそろそろ勝たないと、降格圏に沈んでいく。

結果を出すためにどうすればいいか。

気合を入れ直すとかいうのとはまた違う、
集中力というか、厳しさというか、強引さというか。
そういったものが欲しいと、外からは思う。

攻撃でパスをつなぐだけ、守備で相手を遅らせるだけ、
そういった怖くないチームになっているように見える。

チームの方向性の問題とかじゃなくて、
ちょっとした意識の違いで良くも悪くもなる。

この瀬戸際で、落ちることなく進んでほしい。

  • 2018.05.07 Monday
昨日のJ1第13節、清水はアウェイで
鳥栖と戦い、1-3で敗れた。

早い時間帯に2失点をすると、
そのあとは単調な攻撃に終始して反撃はうまくいかず、
7連敗中の鳥栖に敗れた。


全体的に精彩を欠いた試合だった。

ディフェンス面では集中力が低く、
オフェンス面では決定力も崩す力も足りなかった。

もともと、守られると崩せないチームなだけに、
チャンスで決められなければそりゃ負ける。
点をとられたら、そりゃ負ける。

後半終了が近づいて2点差、1人多い状況で、
なぜ前線へ放り込まずに回しているのか。

試合の頭ではリスクを冒さず
前線にどんどん当てる形をとっていたのが、
いざ得点をとろうというときは丁寧になる。

清水は2点をとらないといけない場面、
相手は7連敗中でメンタルが弱ってるはず、
事故で得点が入る可能性は、他の相手より高かったと思う。

引かれたとき、自分たちの攻撃の形はまだないんだから、
どんどん放り込むべきだったと、僕は思う。


そして足元へのパスだらけで、
ちょっと意表を突いたことをすると、
味方もついていけずにミスになる。

足元へのパスは読まれて奪われ、
意表を突いたパスはミスで相手ボールになる。

相手が「取りどころ」だとかかってこられると、
まんまとボールを取られてしまう。


連戦の疲れはあるだろうし、
広島と鳥栖で中3日の試合は、
移動の疲れもあるとは思う。

だから精彩を欠いたのはありつつも、
「崩せない」問題は何年も横たわっている。
相手の狙い通りやられることも多い。

裏切るプレーを、同じ意識のもとでできないと、
もう一段階、チーム力は上がらないと思う。

  • 2018.05.02 Wednesday
J1第12節、清水はアウェイで
広島と戦い、0-2で敗れた。

試合全体を通してボールを持ち、
今シーズンで一番パスはつながったと思うけれど、
最後の部分でうまく崩せず、チャンスは少なめ。

連勝は2でストップし、上位へ行くことはできなかった。


たぶん今シーズンで一番攻めることができていて、
ボールを回せていて、セカンドボールへの反応も
早かった試合だった。

でもそれと同時に、今シーズンで一番、
勝てない気持ちになった試合でもあった。

レンガの壁を、素手で崩そうとしている感じ。
11試合で5失点という広島は堅く、
カウンターでやってきた清水は、崩す術を持っていなかった。

清水の選手たちに、崩す意図はあったけれど、
最後の部分で正直な突破しかないから、
すべて跳ね返され、止められていた。

攻めていたのに、決定的な場面は、
それほど多くなかったんじゃないだろうか。

例えば試合終了近くに竹内が持ち出して、
テセへの決定的なクロスを上げた場面みたいに、
ときに無理した意外性のあるプレーができないと、
広島のようなミスの少ない相手は崩せない。

それはここ数年ずっとの課題で、
今シーズンが特段悪いわけじゃない。

ずっとファストブレイク、ショートカウンター、
個の力で点をとるチームだったわけで、
ボールを回して崩すことは何年もできていない。

そんな課題が、改めて突き付けられた試合で、
その課題は誰もが分かっているんだろうと思う。

今日は内容が良かったからノープロブレム!
なんてことは誰も思っていないと思う。


ヨンソン監督のチーム構築の途中だから、
今は守備の整備が、ある程度できてきた段階。

ファンソッコという守備の軸がいて、
金子を中心にしっかり相手にプレスをかけることで、
守備面では、チームに安定感が出ている。

ここから攻撃面を、どう構築できるか。
個の力がないわけじゃないし、
攻撃のポジションの選手が伸びてきている。

チームとしての形は作りつつも、
清水の選手の良さでもあり、
うまくいかない要因にもなる、
真面目さ、真正直さに、どう変化をつけられるか。

そんな清水にずっとある課題を、
改めて突き付けてもらえた試合だったと思う。

  • 2018.04.28 Saturday
J1第11節、清水はホームで
柏と戦い、2-1で勝利した。

前半、ボールを支配されていたものの、
セットプレーからのテセの豪快ヘッドと、
北川が巧みなコントロールからのゴールという、
前線が自らのストロングポイントを発揮。

後半はペースを握り、ディフェンス陣を中心とした
ハードワークで守備面もいつも通り1失点に抑え、
なんと昨年8月以来、13試合ぶりにホームで勝利した。


清水は前半に耐えて、後半に攻勢をかけるスタイルが、
前半にリードしたことで拍車がかかった。
後半は距離感も良く、ボールを拾って攻勢。

そしてセットプレーとカウンターが効き、
ファンソッコを中心とした粘り強いディフェンス。
チーム全体が豊富な運動量で守る姿勢。

しっかりと強みを出したサッカーができていた。


うまくいった要因のひとつが、
両サイドバックの安定にあったと思う。

相手に研究されたうえに調子を落としている
両サイドバック、松原・立田の代わりに、
左に二見、右に飯田が入ったことで攻守に安定。

その結果、奪われる不安や抜け出される怖さが、
チーム全体から消え、攻撃面もスムーズに。

もちろん松原・立田のこれまでの貢献度は
計り知れないけれど、ここで一旦外れるのは、
正しいタイミングだったと思う。

二見がサイドもできるということを再確認でき、
飯田が本職サイドバックとして復帰してきたことは、
連戦で選手層に厚みをもたらす、大きな意味もある。


復帰というか復活という意味でいえば、
テセの今シーズン初ゴールも大きな意味があって。

風貌や言動と違ってナイーブなテセが、
ゴールを決めることで自分の居場所があることを
自ら感じられたことはかなり重要だと思う。

重圧や肩身の狭さがなくなることで、
プレーに正確性が生まれるだろうし、
普段の練習から、うるさく言えると思う。
(今も変わらなかったかもしれないけど)

チームが前節に勝ったことで、
今日の試合のプレー精度が上がったように、
結果が出ることはとても大事で、
試合や練習に臨むメンタルが変わる。

こうやって過密日程の中で代わって入った選手が、
いいパフォーマンスを残したことは、大きかったと思う。


プレーの精度が上がったことで、
試合内容以上に、結果が大きく変化した。

連戦の途中で結果が出たのは大きい。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM