• 2018.04.03 Tuesday
18:15から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:6.09km
走行時間:32分57秒
平均ペース:5分25秒/km

食中毒があったことで、
前回のジョギングから11日。

左膝の痛みはなくなったけれど、
左足の付け根の状態は、相変わらず悪いまま。
座骨神経痛らしき症状が消えない。

左のお尻のむず痒さが消えず、
走るときに左足がスムーズじゃない。

走り終わると、足裏の外側かかと付近に
痛みが出たりもして、明らかにまだまだおかしい。

  • 2018.04.02 Monday
桜の季節が終わるので、桜ストック放出。

六本木・桧町公園横(3/28)


砧(3/29)


五反田の目黒川(3/30)


六本木一丁目(3/30)


桜があれば撮っちゃう、
ダサい自分と、それをも見守る桜。

  • 2018.04.01 Sunday




料理の番組で、1周年のバーベキューパーティー。

出演者から制作、技術など、
それぞれの家族までたくさん集まってワイワイ。

一流シェフが集結し、
ミシュランの星つき和食シェフのお寿司や、
銀座の高級中華シェフの麻婆豆腐や、
東京で最も取れない韓国料理店のキムチなど、
作ったり用意してくれた、贅沢な昼下がり。

そして、みんな温かい。

そんな温かさを「ぬるさ」にすることなく、
もっと気持ちを高めるものにしていきたいと思った。

  • 2018.03.31 Saturday
J1第5節、清水はホームで
横浜と戦い、0-1で敗れた。

超ハイライン戦術でパスをつなぐ横浜に対し、
たびたび裏へ抜けるチャンスがあったものの、
決めきれずに得点できず。

逆にカウンターから失点し、
その1点が最後まで返せず敗戦。
2週間の中断明け、15連戦の最初の試合は黒星となった。


「決めきれなかった」のが敗れた最大の理由だと思う。

これまでフィニッシュの精度が良くて、
勝ち点を積み上げてきたチームが、
決定的な場面で決められなければ負ける。

素晴らしいカウンターもあったけれど、
イージーなゴール前のチャンスで決まらない、
そんな場面もあって、フラストレーションの溜まる試合。


そして敗れた理由がもうひとつ、
なんとなく得点できそうな気がしたこと。

横浜はハイラインでスキが多く、
裏を突けば簡単にチャンスシーンができていた。
ミスを突いて決定的な場面もあった。

そんなスキやミスを突き続ければ、
どこかでゴールが生まれるだろうという、
どこか緩い空気があったのかもしれない。

でも横浜は、最後が固かった。
清水も、最後が別の意味で固かった。

同じパンチを打ち続けた結果、
ガードされるようになり、パンチは効かず、
うまくできなかったように思う。


自分たちの形にハマれば力を発揮する、
でも攻めあぐね始めたときに、
臨機応変な戦い方をすることが、まだできていない。

もともと柔軟な戦い方は不得意だったうえ、
監督就任から日が浅い中での試合。

ピッチ上での修正が効きにくい問題は、
まだまだ大きく横たわったまま。
ここからもしばらく苦労するのかなと思う。

逆にここがうまくいけば、チームは変わるし、
良かった部分を伝えるヨンソン監督の指導法は、
真面目で縛られやすい選手たちに、
柔軟性を生むかもしれない。

  • 2018.03.30 Friday
厚岸町への1万5千円のふるさと納税の返礼品
「厚岸産『マルえもん』『カキえもん』『弁天かき』
3種食べ比べセット」を食べた。




1段ごとに、3種類の牡蠣が入ってます

3日前の夕方、ノロっぽい食中毒の症状が出て、
やっと体調も食欲も85%くらい回復した今日。
(食中毒の原因は、前の日に買った生牡蠣キムチっぽい)

喉元過ぎず、まだ熱さを忘れてないうちだけど、
ロック魂よろしく生牡蠣を食べた。

…というか、まさかのタイミングで届いちゃったし、
安心・信頼の厚岸産ということで、食べた。


3種の生牡蠣食べくらべ

食べ比べたところ、
「弁天かき」が一番濃厚というか、甘いというか、
海のミルク感があって、美味しかった!

で、カキえもんとマルえもんは、
それほど大きな差はなく、
美味しいけども、普通の牡蠣というか。
弁天かきと比べちゃうと、あっさりしていて、
特に可もなく不可もなくという。
わずかに磯臭さを感じるけど、気にならない程度。

まあ弁天かきが一番サイズが大きくて、
食べ応えがあったからというのもありそうだけど。

ちなみに「弁天かき」というのは、
2016年に誕生した厚岸の新ブランドらしく、
ホタテの殻に厚岸で生まれた稚貝をたくさん付着させ、
1年ほど育てたあと、ホタテ貝から取り外して籠へ移し、
籠の中でユラユラと1〜3年育てたものなんだとか。

漁協は「カキえもん」と「マルえもん」のいいところを
合わせたカキという評価もしている。
合わせたのが何か分からないけど、確かに美味しかった。

食べ比べた結果、弁天かきのファンを作るという意味で、
この食べくらべセットはいい戦略かもしれない。

そして生牡蠣のほかにも…


レンジで3分30秒 蒸しかき

僕は生牡蠣より、こっちの方が好き。
何もつけずに汁の味でいただく。

蒸しても弁天かきが一番美味しく感じたけど、
生牡蠣ほどの差は感じず、どれも美味しい!
しかも弁天かきが一番大きいのも影響していそう。

まあ、どれも美味しい。
弁天かきは、もっと美味しい。という結論。

厚岸の中でも磯臭さが強めの牡蠣もあって、
生牡蠣として食べるには苦手なものもあったけど、
今回の食べくらべセットは、どれも美味しく、
中でも弁天かきが一番美味しかった。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM