• 2018.06.29 Friday
2018ワールドカップロシア大会・グループH
日本は第3戦でポーランドと対戦し、0-1で敗れた。

先発を6人入れ替えて臨んだ日本は、
前半から覇気のないポーランドに対して、
攻め込むシーンがあるものの得点を奪えず。
逆に後半、セットプレーから失点。

しかし同時間帯に行われている
セネガル×コロンビアの経過によって、
0-1のまま試合を締めれば
決勝トーナメント進出が決まることから、
残り10分ほどはボール回しに終始。

それ以降、どちらの試合も得点が動くことなく、
セネガルと勝ち点、得失点差、得点数も並んで、
フェアプレーポイント(レッド・イエローカードの数)の差で
決勝トーナメント進出を果たした。


西野監督は、2つの賭けに出た。

1つは先発を6人入れ替えて臨んだこと。
この采配は、この試合に負けたことを考えるとミスで、
決勝トーナメント進出できたことを考えると、正しかった。

入れ替えたことで、日本の選手間の距離が悪く、
パスの出しどころが少なく、
動きがかなり悪かったポーランド相手なのに、
チャンスをうまく作れずにいた。

精神的にどこか落ち着きがない選手も多く、
決定的な場面でフリーの選手にボールを出せなかったり、
普通に回せるはずのパスがズレたり、
なんでもないボールを自陣ゴールラインにクリアして、
相手コーナーキックにしたりと、いっぱいいっぱいな様子があった。

即席チームだから、選手が変わればこうなるわけで、
改めて前の2試合でスタメンだった11人が、
絶妙なバランスのうえで上手くいっていたことが分かった。

ただこれで次の試合、ケガや疲労の問題がなければ、
過去2試合のメンバーで戦うはずで、
6人を休ませられたのは大きい。

次は中3日の試合になる中、
この賭けに勝ったリターンは、大きいと思う。


もう1つの賭けは、試合終盤の約10分間のこと。

この試合、日本もセネガルも同じスコアで敗れれば、
日本がフェアプレーポイント差で上回り、
決勝トーナメント進出が決まることが分かっていた。

そんな中、日本が0-1でリードされて迎えた終盤、
同時刻キックオフのセネガルも失点し、0-1になった。
そこで日本は、0-1で負けているにもかかわらず、
失点のリスクをなくすため、自陣でパスを回し続け、
日本は0-1のまま負ける決断をした。
セネガルが0-1のままで終わることに賭けた。

そうして、セネガルも0-1で敗れ、
日本は決勝トーナメントに進出、賭けに勝った。

これ試合中は、ものすごいギャンブルだと思って、
ドキドキしながら見ていたけれど、
冷静に考えると、勝つ確率の高い賭けをやっただけだと分かった。

そもそも80分以上戦って1点しか生まれていない試合で、
得点する確率はそこまで高くない。
だから単純に、得点する確率と、得点しない確率を比べれば、
得点しない確率の方が高い。
つまり、日本がポーランドから得点する確率よりも、
セネガルがコロンビアから得点できない確率の方が高い。

それに試合内容も、日本セネガルともに低調だった。
セネガルには、得点の気配がそれほどなく、
これは日本代表スタッフがチェックしているはず。
セネガルが得点できない雰囲気だから、
セネガルがそのまま敗れると踏めたんだと思う。

つまり日本は、サイコロの偶数が出るか奇数が出るかの
丁半博打じゃなくて、
サイコロの1が出るか、1以外が出るかというレベルの
勝てる博打をやっただけだったと思う。


そして戦い方にブーイングや批判が出たことについて。

試合終盤、負けているのに、
点を取りにいかずボールを回すだけという
戦い方に、ブーイングや批判が出るのは仕方ない。

ニュートラルな観客は面白い試合を見たいし、
“負けにいく戦い方”は褒められたものじゃない。

でもこれは、1試合90分の戦いでありながら、
グループステージ3試合270分の戦いでもある。

勝っている状態でパスを回すことは問題ないわけで、
90分では負けているけれど、270分で勝ち点4をとり、
他会場のセネガルを上回っている状態は“勝っている”といえる。
“逃げ切るために”パスを回し続けると考えれば、
まったく問題ない行動なんじゃないかと思う。

楽しい試合じゃないけれど、
W杯の決勝トーナメント進出がかかる試合で、
これもワールドカップなんじゃないかと思う。

そして、日本が負ける戦略をとったことで、
いろんな議論が出て、いいと思う。

そうやってスポーツの見方が広がっていくし、
サッカーにはこういう試合もあるということを、
普段サッカーを見ない人たちに見てもらえたことも、
良かったんじゃないかと思う。


さあ、次はGグループ1位、優勝候補のベルギー戦。

すでに決勝トーナメント進出を決めていたベルギーは、
同じ日の試合で9人入れ替える
ほぼターンオーバーで1位突破し、
万全の主力組が、中3日の日本戦に出てくる。

対する日本も、6人を先発から入れ替え、
最後の10分ほどは攻めずに休んだことで、
コンディション面では、人数ほどの違いはない。

ベルギー戦は、真っ向勝負。

ポーランド戦の反省は、負けに行ったことじゃなく、
全体の距離感が悪かったこと。
今日のレベルの試合をしたら、勝てない。

でも第1戦・第2戦のメンバーが、
その2戦と同じように自信を持って戦い、
全体をコンパクトに保てれば、チャンスはあると思う。

そして選手が「ポーランド戦の分も…」とか変に気負わず、
これまで通り戦ってほしいと思う。

  • 2018.06.28 Thursday
そういえば月曜。





バーベキュー収録&バーべキュー。
…に、軽い気持ちで食べるころだけ参加。

日中は34℃、炎天下。
お肌は真っ赤、お肉は真っ黒。

真夏のバーベキューは、
軽い気持ちでやるもんじゃないです。

  • 2018.06.27 Wednesday
18:16から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:3.49km
走行時間:18分39秒
平均ペース:5分21秒/km

足の状態は良くないので、
筋力を大きく落とさないための、
軽めのランニング。

坐骨神経痛らしき症状が、
違和感から痛みに変わりつつあって、
左足には若干のしびれのようなものも出てる。

粉瘤手術の穴がふさがったら、
次は整形外科へ行こうっていう、
病院へ行くための自分ルールを作ったのに、

普通は2週間で体液が出なくなると言われた穴が、
4週間経ってもまだ体液が出ている状態で、
整形外科へ行けない結果になっちゃっている。
別に行けばいいんだけど。

週に1度も走ってないのに悪化してるわけで、
さっさと診てもらわないと。

  • 2018.06.26 Tuesday
日本らしいサッカーとは何か?

ハリルホジッチ前監督が3年間唱えてきた
「デュエル」と「縦に速いサッカー」らしきものは、
解任によってW杯で結果を見ることができず、
有効だったか分からないまま終わった。

一方で今大会、短期間で仕上げて結果を出している、
トップ下を置いた「パスサッカー」が
有効といえるかといえば、即席すぎて分からない。

…といった感じで、日本らしさを探ろうとしていた。

「縦に速い」とか「デュエル」とか、
「パスサッカー」とか「トップ下を置く」とか、
サッカーのシステムやスタイルに、
日本らしさを見出すものだと、僕は思っていた。

でも、W杯での2試合を見て、
そういうのは表面的なことで、
もっと根底にある部分が大事なんじゃないかと思い始めた。


日本らしいサッカーというのは、
もっと日本人の根底にあるもの。

日本人にとってずっと変わらない、
そして変わらずにいたい、
「協調性」「信頼関係」「和を重んじること」が、
日本らしいサッカーにつながるんじゃないか。

システムもスタイルも、
そのとき日本に出現した才能ある選手や、
時代に合わせればいい。

日本らしいサッカーは、
日本人だからこそ世界最高レベルまで高められる
「全員の連動性」にあるんじゃないか。

監督と選手がピッチ内外で
しっかりコミュニケーションをとって、
連動しながら臨機応変に戦えば、
それはどんなシステムで、どんな戦術だろうと、
日本らしいサッカーといえると思う。


日本人は、指示されればしっかり従う。
献身的にプレーし、和を乱さない。

それは協調性として、全体がまとまる反面、
厳しすぎる指導をされると萎縮したり、
従うだけになってしまって、積極性や発想力を失う。

そのマイナス面が出てしまったことが、
たぶんハリルホジッチ前監督のミスで、
縦に速いとか、デュエルとかのスタイルの問題で、
結果が出なかったわけじゃないと思う。

日本人の積極性や発想力を失わせる指導で、
ハリルホジッチはうまくいかなかったんじゃないか。

というか、ハリルホジッチの解任理由のひとつが
「選手とのコミュニケーションや信頼関係の問題」
だったわけだから、今さらではあるけれど。


日本の陸上男子400mリレーが、
リオ五輪で銀メダルを獲得したのは、
世界一のバトンパスがあったからだった。

ひとりひとりのタイムを単純に比べれば、
世界2位にはなれないけれど、
協調性や信頼が技術として最高レベルに達して、
世界2位になることができた。

日本らしいサッカーも、それに近い気がする。

スペインの技術的な連動性とも違う、
人間性がベースにある、全員が連動したサッカー。

そう考えると今大会は、
日本らしいサッカーを見つける重要な大会に見えてきた。

  • 2018.06.25 Monday
2018ワールドカップロシア大会・グループH
日本は第2戦でセネガルと対戦し、2-2で引き分けた。

前半早々にミスから失点したものの、
それを引きずることなく冷静に戦い、
2度リードされたものの追いついてのドロー。

セネガルを内容で上回る時間帯も多く、
「勝てた試合」と思えるほどの試合だった。


前半の立ち上がりを見たときは、
どう耐えるかが勝負だと思った。
セネガルのプレスはコロンビア戦の比ではなく、
日本はそれをかいくぐれるように思えなかった。

でもセネガルは、その後、沈黙した。
最初の勢いで90分戦えるわけがないけれど、
あそこでひるまなかった日本が、
セネガルの個人技もスピードも、ある程度封じた。

というのも、日本は選手全員、連動して戦えていた。
選手同士が信頼して、自信を持って、
そしてピッチ上で考えて戦えていた。

象徴的だったのは前半44分、
日本が自陣ゴール近くで与えた、セネガルのFKの場面。
そこで、セネガル6人を置き去りにする、
キレイなオフサイドトラップが決まった。

2018年に、こんなにも大胆でキレイな、
オフサイドトラップを見られるとは思わなかった。

オフサイドのルール改正以来、
オフサイドトラップが失敗しやすくなっている中、
消極的なメンタルなら絶対にできない罠を、
日本の選手たちが仕掛けたこと自体に意味がある。

消極的な気持ちなら行わなかったはずで、
積極的な気持ちだからこそ、できたと思う。
その精神状態に、今大会の日本の強さを見た気がした。

個人のミスが出て失点しても、
めげないメンタルを、選手たちが持てているわけで。


2回追いつけたという「粘り強さ」や、
「諦めない」と評される戦いも、
全体が自信をもって戦えていた結果。

もちろん粘ってたし、諦めなかったけれど、
それはやる気なさそうに見える試合だって一緒。

やれる自信や周りへの信頼があるから、
プレーの精度が高くなり、全体が連動でき、
全体をコンパクトに保てて、相手に早く寄せられたり、
ボールを奪うことができる。

ボールを持った選手が冷静に相手をかわし、
必ず誰かが近づいてボールを受けられる。
距離感がいいし、迷いがないから、
パスが回り、しっかり決められて、結果が出る。

結果論ではあるけれど、
監督交代がプラスに働いたのはここで、
選手たちがコミュニケーションをとりながら、
前向きに取り組めているんだと思う。

大迫や柴崎などが高いパフォーマンスを出せているのも、
チーム全体の連動性を見逃せない。


これで次節は、セネガル×コロンビア戦の結果に関係なく、
引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。
セネガル×コロンビアの結果によっては、
日本は敗れても決勝トーナメントに進める。

そして相手のポーランドは、
グループステージ敗退が決まっている。

そんな日本にとっては断然有利な状況を作れた中、
大事になってくるのは、
これまでの2試合と同じ精神状態で戦えるかどうか。

積極的な姿勢で、自信を持って戦えれば、
これまで2試合と同じ結果を残せると思う。

あともうひとつ、どうメンバーを入れ替えられるか。
3連戦の3試合目で、中3日。
疲労がある選手もいるはずで、
3人前後の交代があってもおかしくない。

ちなみにGK川島だけがどこか消極的で、
この日も1失点目は中途半端なパンチングからで、
あと中途半端な飛び出しをした場面もあったりと、
1人だけ迷いや中途半端なところを感じる。

でも、川島を変えると今度は、
変わったGKとディフェンス陣の連係問題で、
チーム全体のパフォーマンスを落とす危険もある。

連係に不安があるのなら川島のままでいいし、
代わったGKでも問題なければ代えればいい。
そこは現場しか分からない。

とにかく積極性をなくさないよう、
大一番に臨んでほしいと思う!


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM