• 2017.12.24 Sunday
昨日出場した、足立フレンドリーマラソン。
今回は、その感想をいくつか。


■11時スタートはありがたい

こういうマラソンの大会って、
どうしても9時とか10時スタートが多いけど、
このハーフマラソンは、11時スタート。
ゆっくり起きれるだけで、ポイントが高い。

しかもこの日は、気温が14℃くらいのポカポカ。
荷物を預けてからの準備運動でも、
スタートラインでも凍えることはなかった。


■小菅駅から歩いて10分ちょっとで会場





事前に封書で来た大会案内には、
五反野駅から徒歩10分という案内があって、
小菅駅からの案内はなかったけれど、
小菅駅からも川沿いを歩いて簡単に行ける。

五反野駅の方に商店街があるみたいなので、
地域振興を考えてそういう案内にしてるんじゃないかと。

アクセスは良好だと思う。


■1人で参加なら、トイレは駅で済ませて直前に会場入り



トイレは小菅駅で済ませて、
25分前に会場入りして余裕だった。
ジャージを脱いで、荷物を預けて、
準備運動をして、スタート地点へ行くだけなので、
1人で参加するならそんな形が楽だと思う。

会場のトイレは、いつ入れるんだっていうくらいの長蛇の列。
今年の東京マラソンも酷くて入れなかったけど、
それに似てた。マラソン大会のトイレ問題は深刻。


■マナーが良かった大会だと思う



スタート時の区切りは、自己申告タイムで10分刻み。
走力よりも前からスタートしようと思えば、
いくらでもいけちゃうんだけど、
そういうマナー違反をしてる人はそれほどいなかった。

走力に合ったブロックからスタートすると、
他の大会は、一瞬で抜き去る遅い人が自分より前に
結構いるものなんだけど、この大会は比較的少なかった。


■ボランティアの学生がハキハキしてて素晴らしい

地元の高校生や中学生?がボランティアとして、
荷物預かりや給水、フィニッシュ後のいろんな配布など
いろんな部分の運営をしていたんだけど、
ストレスなく走らせてもらえるし、
ハキハキしてて、気持ちいい。

同じように河川敷を走る、
東京・赤羽ハーフマラソンもそうだった。

あと河川敷で沿道の人はほとんどいないんだけど、
途中で声援を送ってくれた。

特に女子なんて、汗かいてるおじさんとハイタッチとか
あんまやりたくないんじゃないかと思うんだけど、
手を出してハイタッチして、テンションを上げてた。

河川敷という無機質になりがちな大会に、
熱を持たせてた。


■コースは単調 スカイツリーは見える

スタートの渋滞はそこまで酷くなく。
ペースを上げようと思えば、上げられた。

コースは、河川敷をただただ走る単調さ。
変化は、途中の水門でアップダウンがあるくらい。

でも、フルマラソンの練習として
参加した僕には、みんなで走ってることだけで
楽しいトレーニングだから十分だった。

景色を楽しみたい人にとっては、
スカイツリーが見えることが唯一の楽しみかも。


■給水所にスポーツドリンクはあった?

給水所では水とスポーツドリンクがあったっぽいけど、
全5か所で、僕は水しか飲めなかった。

給水所の最初の机で取っても、最後の机で取っても水。
ポカリの旗があって、ポカリの紙コップだけど水。
別にハーフだから水でいいんだけど、
水かスポーツドリンクか、表示があると親切だと思った。

あと給水の最後のテーブルから、
紙コップを捨てるための最後のゴミ箱までが短くて、
走りながら飲むと紙コップを道端へ捨てなきゃならない。
もうちょっとだけゴミ箱の位置をずらしてもらえると、
道端へ捨てると心が痛むランナーにはありがたい。


■フィニッシュ後にホットレモンなど





フィニッシュ後、コンディショニング栄養食と、
紙コップでスポーツドリンクとホットレモン(飲み物)をくれる。

おばちゃんに「そのスポーツドリンクちょっとしか
入ってなかったから、もう1杯飲んで〜!」と、
スナックのようなフレンドリーな言葉。

で、そのあとのホットレモンが美味しい!
走って体が熱いから、ホットを欲しいとは思わないけど、
でも美味しい。熱いけどゆっくり飲んで美味しい。


■完走証をクリアファイルに入れてくれる

完走証をその場で発行してくれるんだけど、
そこでクリアファイルに入れてくれる。
持ち帰るとき、クシャクシャにならずに済む。

パンフレットに挟むという手もあるわけだけど、
完走の証を大事にしてる人に、とても素敵な配慮。


■参加賞はTシャツではない



参加賞は、完全防水のオリジナルドライバッグ。
と、なぜかレンジでチンするごはん。
お腹がすいててその場で食べたいけど、食べられない!

とてもありがたいんだけど、
その場で食べられるランチパックのスゴさを再確認した。


というわけで、全体的には大満足。
ストレスのない大会というのが素晴らしい。

まあ目的が街中を走る楽しみだったら、
この大会は向かないんだろうけど、
記録やトレーニングのためなら、いいと思う。

来年もまた奇跡的に東京マラソン当たったら、
ぜひぜひ出場したいと思った。


飲食ブースもそれなりにあった

  • 2017.12.23 Saturday
第8回足立フレンドリーマラソンの
ハーフマラソンに出場しました。






※スタートラインを越えるまでに少しあるのでハーフ以上の距離です

2か月後の東京マラソンへ向けて出場する、
2大会のハーフマラソンのうち、1大会目。

今回の目的は、ハーフマラソン+帰宅10kmで、
合計31kmを走ること。
フルマラソン2か月前に30kmを走っておきたくて、
でも何もなく30km走るなんて拷問だから、
大会を借りてトレーニング。

だから走る前は、ハーフを1時間45分くらいで
走れればいいかなと思っていた。

でも、いざ本番になると周りに人がいる分、
前の人についていきたいし、
抜きたいし、抜かれたくないから、結局ペースが上昇。

4分50秒/kmの予定が途中から4分40秒/kmペースになり、
後半は4分30秒/km台、最後の100〜200mはダッシュ。

自己最高記録がネットタイムで1時間36分55秒
(スタートラインを通ってからフィニッシュまでの記録)
だから、今回の1時間40分16秒は、
自分の中ではそれなりに速いペースだった。


で、そんな快調な走りのあと、
家まで帰りの10kmを走ったところ…拷問でした。

▼GPS時計による記録
走行距離:10.51km
走行時間:57分01秒
平均ペース:5分26秒/km





走り出して10mでふくらはぎがつりそうになる、
最悪の状態でスタート。

それでも走り始めてしばらくしたら、
つる感じはなくなったけれど、
そのあとはフルマラソンのラスト10kmのような、
足の張りと重さと痛み。
1km5分30秒ペースでも息が切れる状態。

足が前へ出ない。着地が痛くてつらい。
腿がつりそう。膝がカクカクする。
ふくらはぎも足首も少し痛い。もうあちこち痛い。

明らかに、調子に乗ってペースを上げたせい。
足を使い切ってた。

今年の東京マラソンのラスト10kmと全く同じ。
フルマラソンの苦しみが、鮮明に蘇った。


合計で31.6kmを2時間37分17秒。

前向きにとらえれば、
フルマラソンにだいぶ近い負荷をかけられたはず。

あとは、ダメージがどこまで残るか。

フルマラソン2か月前のトレーニングとして、
今回のトレーニングが正しかったかどうかは、
東京マラソンを迎えてやっと分かるかと。


ちなみに帰宅後、すぐに会議の予定が入ってたから、
傷んだ足で地下鉄に乗って歩いて六本木へ行ったところ、
現地で会議がなくなったことを知るという、
負荷の高いメンタルトレーニングも経験。

正直これが一番、ダメージでかかった。

  • 2017.12.22 Friday
ハーフマラソン前日。
とはいえ、明日走るという感覚はなく。

これまでのハーフマラソンは、
記録を狙いにいっていたけど、
今回はフルマラソンへ向けての単純なトレーニング。

21キロのハーフマラソンと、
帰宅も電車を使わず走ることで、
合わせて30キロ以上のランニング。

だからスタート地点にもこだわらなくて、
1キロ5分弱のペースで30キロを走破するのが目標。

いつもハーフは1時間40分を切るようにしてるけど、
今回は1時間45分くらいで走れれば十分。

フルマラソンという大きな目標があるから、
タイム目標のないハーフマラソンも、
それはそれで楽しい。

というか、目標に向かうすべての苦しさが楽しい。

  • 2017.12.21 Thursday
「IDEA SEVENTH SENSE 新丸ビル」で買った、
レトルトタイカレー。

世界のグルメ旅 グリーンカレー<140g>
(カラミノフーズ/購入価格税込864円)







美味しさ度 ★★★☆☆
タイ風味度 ★★★★☆
舌ヒリリ度 ★★★☆☆
汗にじみ度 ★★★★☆
クセある度 ★★★★☆
※美味しさ度以外、星の数と美味しさの関係はありません。

本型のパッケージを“本棚に飾ったり、
キッチン雑貨と陳列して”インテリアとしても
楽しめるというコンセプトのレトルト食品シリーズ。

価格は税込864円で、だいぶ攻めている。

湯煎してパッケージを開けると、
香りが本格的なグリーンカレー。
タイの香りがしっかりしていて、
ニンニクと魚醤の風味が強め。
タイの風味が苦手な人にはダメかもしれない。

それで肝心の味は、鶏肉が美味しいし、
本格的な味わいが感じられるんだけど、
これで864円って高すぎる!と思う普通の出来。
このくらいのレトルトグリーンカレーはいっぱいある。

しかも140gで普通より少なく、
具も鶏肉とふくろ茸程度。満足度は低い。

味わいも、濃厚という意味じゃなく濃くて、
ごはんは進むんだけど、たいしたことないというか。

これが300円なら別に何も思わないんだけど、
864円だから、ガッカリ感が大きすぎる。

オシャレっぽいコンセプトを打ち出したことでの
付加価値として、864円になってるならダサい。
外見はオシャレで、中身が伴わないダサさ。

つまらない本を、わざわざ本棚に並べる意味が分からない。

  • 2017.12.20 Wednesday
13:34から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:7.01km
走行時間:34分27秒
平均ペース:4分55秒/km

ハーフマラソン3日前だけど、
特にハーフを意識してないランニング。

というのも、今回のハーフマラソンは、
フィニッシュ後に家まで走って帰る、
合計30kmを走り切ることが目的。

ハーフを普段通り走る予定だから、
普段通りのランニング。

そんなわけで今日は、貴乃花部屋に続いて、
富岡八幡宮の例の現場を通るラン。







平日昼間の富岡八幡宮は「普段通り」静かで、
現場の橋のとこも、報道陣はもういなかった。
2〜3人ほど、写真を撮ってる一般人がいた程度。

この前、地元の人へ話を聞いたら、
富岡家の奔放ぶりといざこざは有名な話で、
事件が起きたのも、ある意味「普段通り」だった様子。

もう何も動きがないから当然だけど、
事件は、走り去ったかのように
過去のものになってるようでした。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター
  • 会員制ラウンジとかいう異世界へ
    イチカワ
  • 会員制ラウンジとかいう異世界へ
    T

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM