• 2006.07.16 Sunday
2時間のフットサル練習。
2リットルの水分補給。

東京の中心、オフィス街のビルの屋上で、
仲間内でのフットサルをやった。

いつもは2ヶ月に1回くらいでやってたフットサル。
でも今回は3週間ぶりだから、いつになく短いスパンだった。
短いスパン、つまり短パン。

時間帯は夜の9時からだった。
だけどまったく涼しくなってなくて、
湿気も手伝ってか、かいた汗の量はサウナ並み。

風はスランプに陥ったみたいな無風状態で、
ひたすら走り続ける中、流れる汗もそのままにして撒き散らしてた。
ユニフォームは絞る前の雑巾みたいに重くなり、
体が生きるための水分を欲してた。

そうして2リットル、体内の水の入れ替えた気分。

実は、気持ち良くてたまんなかった。


風呂の排水溝に溜まってた髪の毛を取り除いたみたいな、
水槽を洗って水を全部入れ替えたみたいな、
肛門にコーヒーを流し込んで腸内を洗浄したみたいな、
そんなスッキリした気分。

これからも短パンで、体内をどんどんリフレッシュ。

そうして何よりも、気持ちがリフレッシュできるからいい。

  • 2006.07.15 Saturday
明日おばあちゃんの米寿のお祝いがあって、
ホントなら実家へ帰れたらよかったんだけど、
仕事があるからってことで花だけ贈った。
それが今日届いたみたいで、おばあちゃんから電話があった。

おばあちゃんとの、久しぶりの会話。
二言、三言くらいの短い電話。

「おめでとう」

今日はストレートに言えた。
やっぱシンプルな言葉はいいなって思った。

「ありがとうね」

短い言葉で返したおばあちゃん。

僕もうれしくなった。

  • 2006.06.27 Tuesday
日曜日、2ヵ月半ぶりのフットサルへ行ってきた者です。

猛烈に走ったあと、昔の映像がフラッシュバック。
それは中学の部活、炎天下で50メートルダッシュを
何十本も延々と走らされたときの、
太陽が照り付けてるのになんだか暗い気がするグラウンドの景色。

暑い中で限界ギリギリまで運動をすると、
運動後に眠くなることを思い出した。

7分もあれば簡単に地獄を味わえることを知った。

そして7分で、1.5リットルのスポーツドリンクを飲み干した。


そういえば中学の部活では、顧問から「水を飲むな!」なんていう、
ミスチル桜井&GAKU-MCもさすがに歌わないようなことを言われてた。
「運動中に水を飲むなんて根性がないからだ」の理論。
休みの日に午前9時から始まる部活では、
水分を補給できるのは1回ある休憩のときだけで、
もしそれ以外で水を飲もうもんなら、怒鳴られてビンタ。
しかも午後2時とか3時まで練習を延長することもしばしば。
今考えると、よくそんなのを耐えてきたよなって思う。

ただどういうわけか、それが今じゃいい思い出になってるけど。
地獄絵図だったはずの練習は、血の海が温泉として描かれてるけど。

ちなみに部活は卓球部。


そんなことを懐かしのフラッシュバック映像で思い出しながら、
全部で21分間の運動をしてきた。

次にもし8月の炎天下でやったら、たぶん走馬灯で映像を見れると思う。

  • 2006.06.16 Friday
「桑田」と「原」といえば、
巨人じゃなくてサザンオールスターズを思い浮かべる者です。

いやはや夏。

だけど梅雨。


そんなわけで、ついにふとん乾燥機を買った。

“ついに”って思うのは、都会暮らしの必需品として
去年から欲しかったんだけど、結局ずっと買わずにいたから。
キッカケは低反発マットレスを買ったころで、
さすがに厚くて干せないでいたら、ダニが怖いなって思うようになって。
で、欲しくなってから2度目の梅雨に、
不快な湿気を感じるようになったタイミングでついに購入した。

買ったのは、三菱の一番安い機種「アレルパンチ」。
サイズ的にもジャマにならないくらいだったし、
ネットの評価が高くて、値段が安くても充分使えそうだったから注文。
もちろんネットでの引きこもりショッピング。

昨日到着して、さっそくふとんを広げて使ってみた。
敷布団にしてる低反発マットレスと、掛布団との間に挟んでスイッチオン。

熱風を送り込むこと90分。

フトンが温かくなって終了。

まあ…ダニの生存情報をNHKが提供してくれるわけでもなく、
どうなってるか分からないけど…なんとなく効果がありそうな気はした。
イメージとしては熱風を受けたダニが、
目を×マークにしてヘナヘナ〜って倒れてくような感じ。

熱風が終わったあとはダニの死骸がいるっていうイメージで、
掃除機で吸い取ったり、コロコロを転がしてみた。
そうやってフトンはなんとなくリフレッシュ。

見えない効果を信じるしかない。
いや気休めじゃなくて、確実に効果はあるはずだから。


ジメジメした季節、湿気と汗でフトンは不潔。

あとはめんどくさくなって、2〜3回使って飽きないことを祈るだけ。

  • 2006.05.28 Sunday
2006年05月27日の日記です。携帯からは見れないかもしれません。ごめんなさい。

  • 2006.05.21 Sunday


朝10時、静岡からウチの家族がおばとおばあちゃんを連れて、
東京の僕のアパートへやって来た。
両親と弟は2年ぶりか3年ぶりくらいに僕の部屋へ来た。
おばが来たのは引越し以来、おばあちゃんが来たのは初めてだった。

茨城に住んでる親戚のお見舞いってことで、
そのついでに寄ってった。


中2になった弟は痩せたうえ、僕と同じくらいの身長になってた。
お母さんは歳を重ねて、ちょっと太ったみたいだった。
お父さんは、地図を目から離すようにして見るようになってた。
僕がママって呼んでる伯母は、相変わらず口が達者だった。
足を悪くしてたおばあちゃんは、元気に歩いてた。

弟はパソコンで“おもしろ動画”を検索して見てた。
お母さんは、作ってきてくれたきんぴらごぼうや煮物を僕に手渡した。
お父さんは、僕の部屋でいらなくなった荷物を車へ運んでくれてた。
ママは髪が伸びた僕に「早く切りなさいよ」って正当なおせっかいをした。
おばあちゃんは「部屋はこんだけ?やーだよぉ」って言って、
東京の住宅事情を憂いながら、部屋の中を不憫そうに眺めてた。


いらない荷物を運び出したことで、僕の部屋はかなりスッキリしてた。
東京で荒んだ生活をしてるように見えちゃいかんと、
ついでに大掃除をやったから、片付いて部屋が広くなってた。

その代わり親は「人が来たらあげればいいよ」って言って、
江戸川区の果てにあるアパートへ、
小さなペットボトルのジュースとお茶を数十本置いてった。

地元の特産品の冷凍うなぎや、普通のレトルトカレーや、
途中のサービスエリアで買ってくれたっぽい濃い牛乳を置いてった。

部屋が新陳代謝したみたいに、物が入れ替わった。


僕は帰り際、頼まれてた病院までの地図をプリントアウトして渡した。
さよならをしてアパートから離れてく車を、いつもみたいに、
角を曲がるまで何をするわけでもなくずっと眺めてた。

部屋に戻って、きんぴらと煮物を温めてさっそくごはんを食べた。

ごはんを食べ始めてすぐ、親から電話がかかってきた。
アパートを出てすぐ道に迷ったらしかった。
僕は部屋でパソコンの地図をスクロールさせながら、
カーナビがついてるはずの車を、電話でナビした。

きんぴらごぼうが、乾いた。


たった30分間、正月から半年ぶりの対面。

東京にいるのに、時間がゆっくり流れた気がした。

  • 2006.04.16 Sunday
今年初めて七分丈パンツを履いた金曜日、
寒さが戻った夜に、六本木の屋外で飲んでた者です。

そこはちょっとした通路にもなってて、
僕らの横を通ったロシア人美女が、不思議な顔してたのも納得。

桜と七分のタイミングは難しい。


そんな感じでまた飲んだくれた結果、
改めてスゴいなーって思ったことがあって、
それはどうやって帰ってきたかまったく覚えてないくせに、
普通に帰ることができちゃう人間の“脳”。
記憶が飛び気味でも、いつも通りの電車の乗り換えをして、
家まで道を間違えず帰れちゃうわけで、
それを考えると脳ってよくできてるなーって思う。
記憶が飛んでても、記憶してることは発揮できちゃうっていう。

それって、体で覚えてる記憶らしい。
間違ってたらゴメンナサイ、たぶんそうだったと思う。

難しいことをいうと、記憶の中でも一番下の階層にある記憶で、
『手続き記憶』っていう記憶の中でも一番忘れにくい部分なんだとか。
例えば覚えた英単語や数学の公式みたいなものは、
『意味記憶』(主に知識)っていうだんだん思い出せなくなるものだけど、
『手続き記憶』は一番最後まで残ってるものらしい。
朝ごはんを食べたあとに「朝ごはんはまだかね」って状態になっても、
家までの道が体に染み付いてれば帰ってこれる。
自転車に乗るとか、箸を使うみたいなのもそう。
自転車をこぐとき「右、左、右、左」とか意識してないわけで、
そういう記憶はいつまでも残りやすい。

…と、知識をひけらかしたかっただけなんだけど、
あいまいな記憶から引っ張り出してるから、間違ってるかもしんない。
話半分で覚えといてもらえたらと。

そんな話を、実は前もしてることを忘れてたり。


そんなわけで、結局何が言いたいかっていうと、
暦の上では春なんだから、もう七分丈でいいじゃんってこと。
ただでさえ寒い六本木の街中で、
ロシア美女はもうちょっと温かい視線をくれてもよかったじゃんってこと。

六本木にちっちゃく訪れてた春を、もうちょっと評価してほしかった。


ただ、そんなこと書いてる今、足をコタツに入れてぬくぬくと。

温かいお茶を飲みながら、寒い夜を過ごしてる。

  • 2006.04.09 Sunday
オタクっていうのは、
二人称の相手(あなた)を「お宅」と呼んでいたからで、
大塚愛は短大時代、
子供のころから憧れていた幼稚園の先生になるための勉強をしていて、
ところてんが凍って乾燥してできたものが寒天で、
猫の約90%とキティちゃんと猫ひろしはA型で、
血液型がA、BからOに飛ぶのは、
もとは0(ゼロ)型だったのが間違えてO(オー)型になったからで、
「こっくりさん」は、
キツネとイヌとタヌキで「孤狗狸さん」と書くわけで、
トランプの枚数が52枚なのは1年の週の数を表してて、
世界三大珍味のひとつ“トリュフ”は、
「食卓のダイヤモンド」って呼ばれててて、
バンジージャンプの起源はバヌアツの成人の儀式といわれてて、
フットサルの“サル”は「室内」っていう意味。

…と、ただいま脳ミソからいろんなものが漏れてる。


っていうのも、
ここ2日間で、おとといの1時間半の仮眠しかとってない中、
昼から夜まで花見で初対面の人たちばかりと声が嗄れるほど笑い、
深夜にはフットサルの大会へ参加してヘタクソなりに完全燃焼した。
で、あんま褒めたくないけど、
善意の塊みたいな人に車で自宅まで送ってもらって、午前4時半帰宅。

この全身の力を出し切った気分は、
歯磨き粉を絞りに絞って、もうどうがんばっても出ないって感じ。

久しぶりの完全休養日。

仕事より休みの方が疲れるって素晴らしいなーと思った。


花見とフットサルのレポはまたにして、
今日のところは、
疲れた体でお風呂に入ってすぐに寝る幸せを感じたいと思う。

  • 2006.04.08 Saturday
録画してあった“ベタドラマ”を昼間に見てて、
クライマックスでじーんときて涙がにじみ始めた瞬間…

“ピンポーン”

「郵便局でーす」

っていう、自宅で起こったまさかのベタな展開は、
さすがに予想できなかった者です。


ベタっていえば、この前こんなことがあった。

家のカビ取り用洗剤が少なくなってきたから、
他にも買うものがあるしと、ドラッグストアへ買いに行った。
そこで発見したのは、セール品の『詰め替え用カビとりハイター』。
「安っ♪」と思って、主婦目線で喜んで買って帰った。

1ヵ月後。

いざ使おうと思って、もとの“シュッシュッ”ってやるノズル部分を、
『詰め替え用カビとりハイター』にくっつけ直そうとしたところ…


《さてここで問題です。このあと起こるベタな展開とは何でしょうか?》


《正解は…》


もとに使ってたスプレーが『カビ取りルック』で、
ノズルをくっつける口の大きさが合わず、くっつかなかった。

…でした。

ちなみにこのあと、
ノズルを付け替えるだけで良かったはずの詰め替え用を、
容器の中身をチョロチョロと移し変えて、どうにか使いました。

そこまでのこだわりベタが読めたらパーフェクト。


他にももっとたくさん潜んでる、ベタな展開。

野球中継の延長で録画した番組の最初15分が切れてたり、
お米をといで炊飯器をセットしたつもりが、
ボタンを押し忘れてたらしく米と水のままだったりと、
気がつけばかなりベタな毎日。

イラッとくるとこも「ベタだな〜」って思えば楽しい毎日。

  • 2006.04.05 Wednesday
どーも、イスの上で5時間の睡眠をとってた者です。
まさか座った姿勢で5時間も眠れるとは。

いい大人がフラフラになるまで飲んじゃダメだと実感。

朝9時にのんびり風呂入って、
テレビ見ながらパジャマのスウェットで仕事を始めちゃダメだと実感。

でもきっと懲りない。


そんなわけで、昼にもまたイスでウトウト。
夢の中では、アパートの隣の部屋から大爆笑が聞こえてた。

何度も起こる大爆笑。
嫉妬心が芽生え始めたころ、ハッと目が覚めた。

テレビの中で、タモさんが変な動きで爆笑をとってた。

夢の中と同じ声の笑い声だった。


昼までそんな不毛な時間を過ごして、
今もなんだか不毛な文章を書いてたりして、
冴えない天気の中、冴えない頭でパジャマのまま仕事。

冴えてるのは、テレビの中のタモさんだけだった。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM