• 2006.03.31 Friday
午前6時半、ただいま飲み会帰り。
地下鉄で自宅へ戻る途中、携帯から書いてます。

ど平日なんすけど。


で、その飲み会。深夜4時過ぎの出来事。
エロ話に相槌を打ってたら、
結構なハードエロになったタイミングで、僕の鼻から鼻血が…。

マンガかと。中1かと。

しかも静かにしてたときだっただけに、かなりのマンガ度。
これが巷でウワサの笑いの神なのかと思うと、ちょっと感慨深い。

数ヶ月ぶりの鼻血が、このタイミングで出るなんて…。

もちろん笑いの神のおかげで大爆笑。
ただ、僕が笑わせたんじゃなくて、鼻血が笑わせたんだけども。


そんなこんなで、朝の9時が締め切りの仕事が全然できてなかったり、
10時には取材電話を控えてるわけだけども、
ただいま6時半過ぎの段階で、
酒が抜けてないわ眠いわで、なんだかもうダメ人間な感じ。

でも飲み会は大切だし、楽しいし、かなり笑ったし、
「久しぶりに鼻血流してる人を見た」って言ってもらえたし、
僕としては死の金曜日をこれから迎えようとも、充分満足。

ただ、これでいいのかって問いかけてる自分がいたり、
それでいいじゃんって即答してる自分がいたりもする。

フリーって、ほんと自由。


…とまあ、とりあえず今日はこの辺で。
自宅へ帰ったらば、さっさと仕事をせねば。

これから駅を出ると、サラリーマンたちとすれ違ったり、
ジョギングする健康な大人が僕を追い抜いてくだろうけど、
眩しい朝の陽射しを浴びて帰ったら、それはそれで一日の始まり。
頭が働かなくて眠いけど、楽しかった代償だから仕方ない。

帰ったらチキンラーメンに卵のせて、気合い入れて仕事しようかと。

  • 2006.03.30 Thursday
どーも。
はんこを押そうとして、
紙につける間際まで、リップクリームを出してた者です。

リップクリームを塗ろうとして、
寸前までスティックのりを口につけようとしたこともあり、
もちろんその逆もあり。

リップスティック・スティックのり・印鑑は一緒のトコに入れちゃダメ。


ちんまりしたエピソードでごめんなさい。

『アタック25』で8枚なのに“充実のローマ・パリ9日間の旅”
への挑戦権を獲得しちゃった、みたいな。


ちなみにさっきのちんまりした話でも、
はんこを出さずにリップクリームを出しちゃったとき、

「リップクリームではなく、はんこを出して頂きたかった」

って児玉清が言ってくれたら、でっかい話になってくれるはず。
もっと言うなら、

「はんこではなく、印鑑とお答え頂きたかった」

って付け加えてくれた日にはもう、
角の5番に緑が飛び込んで、
10、15、20、7、13、17番の赤と青が緑に変わるくらい、
喜びを爆発させる話になったんじゃないかと思う。

…と、こだまってみました。


そんなわけで今日はもう締めの言葉になるけども、
こんな中身のない話をしてるのは、
学生は春休みを満喫し、サラリーマンは花見をしてるこの季節に、
毎日締め切りに追われて、ろくな生活をしてないから。

ドMとしてそれはそれで楽しいんだけども、
たまにはムチだけじゃなくてアメも欲しいってもの。
しかも田舎の人に取材する仕事してるから、
自分の生活がひどくすさんでる気がして仕方ない。

だから生活を変えてかないとなーって思うんだけど、
今日もまた夜に締め切りがあるから、
さっき仮眠をとったし、早朝から仕事しとかないとっていう。


こうしてきっとまた今日も、ちんまりとした一日。

ひと段落するまで、もう一日のご辛抱。

  • 2006.03.22 Wednesday
僕は、その瞬間を心待ちにしてた。

なんともいえない緊張感。
なんともいえないワクワク感。

人生の中で、これから何度味わえるか分からない瞬間を、
家にこもって待ってた。

興奮が抑えきれなくて、仕事をする手は完全に止まってた。


火花を散らして戦った日があったからこそ、
そして絶望を味わったからこそ、今があるんだと思う。

一週間前には、まさかこんなことになるとは思わなかった。
たぶんなんでもない日が続くんだと思ってた。

運命ってのは、分からない。


そして夜。

夕食の時間が近づくと、空腹が気持ちをさらに高めてた。
テレビを見てても、なんとなく心ここにあらずっていう状態。

そこで家にある食料だけでは足りないと、
スーパーへ惣菜を買いに行った。
今日のうちに、この気持ちを満たしたかった。

そして、ついにその瞬間がきた。


新しい電子レンジは、やっぱり凄かった。


電子レンジが火花を散らして壊れてから4日。
ネットで買った新しいレンジは、期待を裏切らなかった。

これまで10年前のを使ってたからすべてが新鮮なんだけど、
例えば温度を指定すると、自動的にその温度にまで温めてくれるし、
水をセットすれば、スチームで焼くことも蒸すこともできる。

とりあえず今日は70度に設定して、
惣菜は普通に温めて、豆腐は湯豆腐風にした。

新しい電子レンジの到着に、テンション上がりっぱなしだった。


これからしばらく続きそうな、この電子レンジ熱。

おかずとともに、しばらく冷めることはないと思う。


WBC?

結果だけ見た。


(関連:電子レンジが爆発…。

  • 2006.03.15 Wednesday
確定申告書完成!

会社に入った2002年から自分で年末調整を2年間、
フリーランサーになった去年から今年で2年目の確定申告。
合わせると、申告書の作成は今回で4回目だった。

さすがに4回目にもなると、書き方は慣れてくる。
ただ、めんどくさいのは変わらない。

領収書1枚ずつパソコンに入力する地味な作業を、
今年経費として計上した約300万円分なんとか完了。
帳簿づけが必要ない白色申告(所得が300万円以下の場合)にしたけど、
収支計算書を出さないとだから、結局全部入力しなきゃなんないわけで。
しかも消耗品費だとか新聞図書費だとか接待交際費だとか、
いろんな科目ごとに分けなきゃなんなかったり、
15万円のパソコンは減価償却の計算をしないとってことで、
パソコンの耐用年数は4年だから4で割って…
でも20万円未満だから3年に分割する一括償却にもできるなーとか。

…と、こんなわけわかんないことを延々と。

あ、ちなみに今こうして難しいことを書いたのは、
「そういう難しいことを知ってますよ」って自慢だったりする、正直。
知識をひけらかしたい僕の、イヤな部分が垣間見えたかと。

それでいて間違った用語の使い方をしてる気もするけど。


そんなこんなで、今日のうちに郵送で提出してこようかと。
確定申告は3月15日までにやんなきゃなんないから、ギリギリの提出。
ただ僕の場合は還付金の申告で、
ホントは期限に間に合わなくても問題ない。
期限がないとやんないからこの日をメドにしてみただけ。
もしまだ確定申告をしてなくて、還付金を取り戻したい人がいたら、
やっといた方がいいと思う。

それに還付申告って、5年前までさかのぼれる。
つまり2001年(平成13年)分よりあとの税金はまだ還ってくる。
バイトでも10%の源泉徴収をされてた人は、申請しといた方がいい。

ボーナスのないフリーランサーにとって、還付金は唯一のボーナス。
別にお金中心で生きてるわけじゃないけども、
生活や将来のことを考えたら、キッチリやっとくべきだと思う。

ちなみに僕の今年の還付金は、約40万円。

…とまあ、最後にまた僕のイヤな部分が垣間見えたかと。

  • 2006.02.22 Wednesday
あー、アパート契約更新しちゃった…。
決して安くない“契約料10万円の2年契約”。
償却、手数料、火災保険。

「点の取れるいいフォワードを見つかったら補強」
「経営が安定するまでは現状維持でやっていこう」
みたいな感じで、妥協しての更新だった。

恵比寿、中目黒、表参道っていう、
「交通の便が良くて響きのいい街に住みたい」
なんていう、理想の高さがいけなかったってのも否めない。

っていうか、本気で物件を探してなかったのが一番いけないんだけど。


まあ、そんなワタクシゴトをツラツラ書いてもしょうがないから、
おいおいって思う賃貸契約の雑学を。

何度かテレビで紹介されてるから聞いたことあるかもしれないけど、
礼金っていう制度は“賄賂”だったっていう。

一説では関東大震災のときが始まりって言われてて、
借りたい人がたくさんいるのに空き部屋が少なかったから、
自分へ優先的に貸してもらうために不動産屋へ賄賂を渡してたらしい。
で、それが慣例になっちゃって、
名前が「礼金」として今でも残ってるってわけ。

だいたい不動産屋の方から「お礼にお金ください」って言ってる時点で、
かなりおかしな話だったりする。
「お礼くれたら貸しますよ」って言ってるようなもん。


でも「だったら契約しない!」って客が言ったとこで、
不動産屋的には「じゃあ別のとこへ行ってください」って感じだから、
借り手が減らない限り、この制度は確実に続く。

それにこんなおいしい制度を不動産屋がやめるはずもなく、
しかも不動産屋って横のつながりが強いから、
暗黙のルールとして、礼金は残さなきゃなんないんだと思う。
たまに礼金ゼロなんてとこもあるけど、
基本的に礼金ゼロなんて抜け駆けは許されないはずで。
お色気ドッキリ並みの、怖い人たちが登場する。

不動産屋にとってみたら、礼金をやめる理由がない。
それに礼金がなくなったら、家賃が上がるだけなんだろうし。

ちなみにアメリカには、礼金なんてもんはないらしい。
他もほとんどの国で、礼金がある日本に驚くんだとか。
あっても敷金(もちろんかなりの確率で返ってくる)くらいみたいだし。


ちなみに、ウチのアパート名はフランス語で「白雪姫」。
で、フランスに礼金はないらしい。

  • 2006.02.14 Tuesday
どーも。
いまだに「右回りってどっち回りだっけ?」
って言ってしまう者です。

右回りが時計回りで、左回りが反時計回り。
山手線は外回りが時計回りで、内回りが反時計回り。


唐突だけど今日、六本木ヒルズを歩いてたら、
「たべっ子どうぶつ」を食べ歩いてるサラリーマンとすれ違った。

こっちから見ると左側に小袋を持ってたから、
右手に小袋を持って、左手で食べてたんだと思う。
ってことは、左利きかもしれない。
左利きの冴えない小太り30代が、
狙ってる感じでもなく、パクパクとほおばってた。

本気のたべっ子どうぶつ好きだったんだと思う。
たべっ子がおっきくなると、あんな風になるんだと思う。

で、確かにおいしそうだった。


なんだこの話。


あ、それともうひとつ、そのあとは会議だった。
いつも通り、ほぼ何もしないだけに長く感じる3時間20分の会議。
その会議がやっと終わって、会議室を出ようとしたときだった。

オーディオ系の機材が置いてある台に、背中をグリッ。
ぶつけたっていうより、背筋をねじり押すようにグリッ。

いやー、あれは痛かったー。


・・・。


ごめんなさい、そうそうすごい出来事はないです。

まあそんな冴えない感じで、
マッハ文朱が野菜ジュースを飲んでる通販番組をテレビで見たことだし、
今日はこのへんで終わりにしたいと思う。

マッハ文朱を見ながら、16分割で浅井慎平さんがいつ旗を立てるのか、
毎週ワクワクしながら見てたのを思い出してた。

  • 2006.02.11 Saturday
さわ〜っ、さわ〜っと、
こんなにも髪の毛がなびくのは久しぶり。
もう少し伸びれば矢作さん、もっと伸びれば湯浅弁護士って髪型。
大学1年のころ、大学近くの床屋がどこも信じられなくて、
とりあえず夏休みに実家へ帰るまで伸ばしてたとき以来。
ちなみにそのときは、吉田栄作ばりのセンター分け。

それからずっとセルフカットのパサパサヘアだったから、
このなびく感覚は新鮮で、
植毛した直後ってこんな気持ちなんだろなーって思った。

あ、そうそう、植毛っていえば。
…って、しらじらしいヘタクソな導入はさておき。

この前植毛した人から聞いた話なんだけど、
僕らの世代はハゲを気にしなくても良くなるんじゃないかって感じらしい。
今あるカツラも人工毛の植毛も、根本的な解決にはなってなくて、
結局は「フタをする」ってことをしてるだけなんだけど、
それが“毛根の移植”で、かなり様子は変わるらしい。

手順は簡単。

1.自分の後頭部の毛根を一列、数ミリの幅でまず切り取る。
2.切り取った一列を額のハゲかけてる部分に植える。
3.後頭部にできた毛根を切り取った部分を、縫い合わせる。

すると、毛根ごと移植されたから、それからは髪が生え続けるらしい。
もちろん自分の髪の毛だから、体が拒否反応を起こすことはないし、
後頭部の毛根って前頭部と違って死ににくいから、ハゲにくい。

これでたしか200万円前後。
切実な人が、これを高いととるか、安いととるか。

ただ問題が2つある。

植えても生え際はさらに後退しちゃうこと。
後頭部の毛根にも限りがあること。

もし一列だけ植えてそのままにしとくと、
ハゲあがったとき、カチューシャみたいに髪が残ることになる。
バケツの持つ部分みたいな線だけが残ることになる。
それだけは避けたい。かっこ悪い。でも植える髪がない。

そこで、新技術が登場する。

「毛根を培養して植える」

手順はこれも簡単で…

1.自分の後頭部の毛根を1本切り取る。
2.切り取った毛根を培養して、毛根を増やす。(クローンみたいな)
3.増やした毛根を額のハゲかけてる部分に植える。

これで無限に髪の毛が作れるし、植えることもできる。
苗を育ててから田んぼに植える、田植えみたいな感じで。
そんな増毛法が、数年後、十数年後には普通になるかもしんない。

ただ、実際に生え際を見たら、
びっちりラインができるから不自然かもしんないけど。


ハゲたくはないけど、
そういう選択肢ができそうなのはちょっと安心でもある。
育毛剤でオリンピックがダメになったり、
耐震強度を偽造したのに頭の偽造が注目されちゃったりと、
そんな心配はなくなるわけで。

もしくは「ハゲこそ最高にカッコイイ」って世の中になっちゃえば、
増毛なんていらなかったりするんだけど。


フサフサすぎるおじいちゃんも気持ち悪いとはいえ、
選択肢のひとつとして、植毛はありがたい進歩だと思った。

さわ〜っがいつまでも続くのは、うれしいこと。

  • 2006.02.06 Monday
えーっとなんていうか、いかんです生活が。
僕にとってキャパ以上の仕事量。
たくさんありすぎてやる気が起きないっていうこの悪い癖。

それは何度も何度もここへ書いてて、
長渕剛の歌みたいに繰り返す感じになってるわけで、
ゆずのサヨナラバスみたいにしつこく繰り返してるわけで、
今の仕事をしてる限り、きっとこの状態は変わらないんだと思う。

どうにもこうにも抜け出せない、
時間はあるのに集中力がもたないっていう状態。
さっさと次のステージへいかないとまずいなって、深く思う。

さっき朝9時の締め切りまで、
昨日からずっと仕事してしてる状態だったけど、
その昨日ってのが夜なんだから、たいしたことない。
やらなきゃやばいっていう時間になるまで、
目の前にあるこんもり盛られた仕事からは目をそらしてた。

今やってることが地味な下積み作業だったりするから、
仕事を仕事として見ちゃってるのは否めない。
責任やプレッシャーで息苦しいのもちょっとある。
この仕事と精神状態、文章でどう表したらいいのか分かんない。
体も頭も心もピンピンしてまったく病んでないけど、
ねっとりしたもんが、いろんなとこにへばりついてるっていうか。
ぬめっとしたもんっていうか、でろっとしたもんっていうか。

こんな読んでて楽しくもないような文章を書いちゃうあたり、
人として未熟なんだなーって思う。
はけ口にしちゃってるわけだから、僕は弱いなーって思う。

だからって、全然悩んでないんだけども。


もう少しして、昼過ぎには会議へゴー。
3時間を超える、タイタニック以上にヘビーな会議へゴー。

帰ってきたら仕事をする、そんな簡単なことを心に誓ってみたり。

  • 2006.02.04 Saturday
きつく寒かった夜の帰り道、
左側のちっちゃなディスカウントショップの前では、
強風のアッパーを食らったダンボールが、ゴロンゴロン転がってた。

道の右側からは、
軽トラ風の移動販売車から香る焼鳥のタレの焦げたニオイが、
乾燥した空気に乗って、お腹にスーッと入ってきた。

前を見ると、
後ろに子供を乗せて自転車を走らせてるお母さんが、
強風に煽られて失速、ときどき足をついて立ち止まったり。

そんな東京にもう4年。
月収12万から抜け出して1年半。

引っ越さにゃなーと思う。


牛乳じゃなくて低脂肪乳でも、
田舎のおいしい水じゃなくて都会の臭い水道水でも、
ソフトじゃないゴワゴワした硬いトイレットペーパーでも、
慣れたらガマンできるようになる。
で、ガマンがガマンじゃなくなって、普通になる。

ただ、気になり始めたらどんどんガマンできなくなるわけで、
例えば水は2リットル入りのミネラルウォーターを買うようになる。

僕の場合、その状態になってるのが住んでる場所。

だからって、春に動くことはないけども。


…なんていう、結論の出ないつまんないことを
ツラツラと書いちゃったのは、単純に眠いからで。
明日、午前中から図書館へ行くのが、
とんでもなく面倒臭く思えてきたからで。

家を出てから図書館に着くまで1時間。

東京にいるのに、東京が遠すぎる。

  • 2006.02.01 Wednesday
人間、っていうか生き物ってよくできてると思う。

泥酔でギリギリの状態でも、
駅の改札を通って電車に乗れて、
寝ててもいつの間にか乗り換えできて、
自分の駅に着いたら自然と電車を降りて、
改札を抜けて駅から自分のアパートへ歩き始め、
自分の部屋の鍵を開けてフトンを敷いて寝ることができる。

脳ミソの運動をつかさどる部分の次に、
こういう習慣的な記憶ってのがあるらしい。たしか。

そんなこと思いながら、
少なめの納豆ごはんを掻きこむ昼下がり。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM