• 2005.06.07 Tuesday
午後のちっちゃな歩道に、
小学生くらいの女の子が3人いた。

そのうちひとりは、携帯を持ってる今ドキの小学生。
それをじっと眺める他のふたり。

すると携帯を持つひとりがいきなりクイズを開始。

「さあ、この曲はなんという曲でしょう?」

着うたが鳴らされた。

「え〜、聴いたことあるような気もするんだけど〜!」

小娘どもにゃわかるまい。
とはいえどうしてチョイスされたのかが分からない。
もしかして小学生に流行ってんのか?

TUBEの『あー夏休み』。

着うたっていう機能を見て時代が変わったと思えばいいのか、
TUBEを見て時代が変わってないと思えばいいのか、
よく分からないヒトコマだった。

もしかしたらTUBE、
時代を超えて、まだまだベイベーなのかもしんない。

  • 2005.06.02 Thursday
去年に引き続き、今年もレミオロメンライブ行ってまいりました!
今年もZepp Tokyo。
ゆりかもめ、めんどくさすぎ。

客席はもちろん自由でオールスタンディング。
去年は会社勤めだったからギリギリに到着して、
うしーろの方に位置取ってた。
それが今年は自由人。
余裕を持って到着したから、真ん中くらいにまで前進した。
さすがに前列近くに行く勇気はない。

そんなだから、去年はライブへ参加した気があんましなかった。
お客さんを含めてのライブ全体を眺めてたみたいで。
興業主の位置取り。
しかも後ろで大人しいから直立不動。
ときどき取るリズムは、つま先のみ。

今年はっていうと、みごと参加ポジション。
膝を使ってリズムをとりつつ、頭を大人しく揺らしつつ。
ライブの中に入ってる感じがした。
参加してた。

感想は単純。
レミオロメン最高。ライブ最高。
感覚が刺激されると、そんな言葉しか出ないみたいで。

とにかく楽曲の良さを改めて実感した。
激しい曲は激しい曲の、静かな曲は静かな曲の、
レミオロメンらしい良さが存分に出てた。
あ、なんか抽象的すぎ。
んーなんだろ“らしい良さ”って…。
楽曲にも歌詞にも、
“田舎から東京へ出てきた青年の素直さ”があるっていうか…。
その青年が、レミオロメンそのものにも見えるだけに好感も持てて。

や、そんなごちゃごちゃした例えなんかホントはいらなくて、
とにかく良かった。それだけ。楽しかった。
おいしいもんはおいしいのと同じ。ただそれだけ。

で、年に一度とはいえ、
おいしいもんはこれからも何度も食べていきたい。

  • 2005.06.01 Wednesday
「人を楽しませるにはまず、自分が楽しむことだ」

自分の経験や、いろんな世界のトップのインタビューを読むうち、
僕なりに出した“エンターテインメント”についての答えがそれ。
音楽とかお笑いのライブを見ててもそう思うし、
プライベートでもそうなんだけど、
自分が楽しんでなきゃ、人から楽しいとは思ってもらえない。
楽しそうにしてる人の周りには、どういうわけか人が集まるのと同じで。


それともうひとつ、
たぶん小学校に上がる前からずっと、感覚として持ってるものがある。

「人を楽しませることが、自分にとって楽しいことだ」

4コママンガを描いておばあちゃんに見せたときの映像を、
今でも鮮明に覚えてる。
今、そのノートを見るとつまんないマンガなんだけど、
おばあちゃんはすごく笑ってくれた。
そのころから「褒められるのが楽しい」っていう感覚が、
「楽しませるのが楽しい」にシフトした。


「人を楽しませるにはまず、自分が楽しむことだ」
「人を楽しませることが、自分にとって楽しいことだ」

理系気分になって論理式で表すなら…

 人を楽しませる ⇒ 自分が楽しい
 自分が楽しむ ⇒ 人を楽しませる
 人を楽しませる ⇔ 自分が楽しむ(楽しい)

人を楽しませてる実感があると自分も楽しくて、
そうやって自分が楽しんでると、人も楽しくいられる。

くどい書き方で分かりにくいけど、
とにかくその2つは循環してる。


ただ循環には、悪循環ってのもあるわけで。


毎日が楽しいのはいつも通り変わんないし、
自宅で仕事をしてても、それを仕事と思ってないのも変わんない。
毎日が休みみたいな中で(仕事やってないわけじゃなくて)、
人とたくさん会って楽しんでる。
それなりのお金と自由な時間があって、
たまらなく楽しい暮らしをしてる。

だけどなんか物足りない。
楽しいんだけど、みなぎる充実感ってのがない。

 人を楽しませる > 楽しませてもらう

本来はそうありたいのに、できてないのが理由だと思う。
楽しませてもらうより楽しませたいのに、
それができてないことが、心にちっちゃな悪循環を生んでる。

楽しませられないから楽しくなくて、
楽しくないから楽しませられなくて。

最初から書いてるように楽しいには楽しいんだけど、
ふと立ち止まると、今の自分の不甲斐なさに気付いちゃって。
放送作家としてまだ何も始まってない自分に。


やるべきことが多いからってのもある。
余美高の台本を仕上げなきゃなんなかったり、
テレビの企画を作んなきゃなんなかったり、
何より仕事にかなり時間を割かなきゃうまくいかない。

そんな「〜しなきゃなんない」っていう精神状態が、
心をどれくらいか弱めてるんだと思う。

で、弱った体が病気しやすいのと同じで、
弱った心では不安が膨らんじゃって。

「やりたいこと」が、
「やらなきゃなんないこと」になったとき、
楽しくないし、いい結果も生まれない。

今必要なのは、それを変えること。


何度も書くけど、楽しくないわけじゃない。
感じてるのは、楽しさの中にある物足りなさ。

それが今日、
コーヒーで頭を覚醒させながらガムシャラに仕事して、
その流れで担当番組を見たら、あの充実感があった。
自分が人を楽しませる側にいるんだっていう確認ができた。
心地よい疲労感と混ざって、今すごく充実してる。

楽しませられてないって嘆いてたのは、
僕自身が単に甘かっただけなのかもしんない。
「楽しませたい」って考えを持ってるだけで、
自由な今の居心地の良さに、よりかかってただけだと思う。

本気になってない自分がいた。
実際には、楽しいだけで満足してる自分がいた。

頭と行動の矛盾。

ちょっとだけ目が覚めた。


…とか言いつつ。

明日はレミオロメンのライブへGO。

まあそれは目をつぶるとして…。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM