• 2005.06.24 Friday
結果は悔しい。ものっすごく悔しい。
1次リーグ突破っていう目標は達成されなかった。
ドイツW杯の予選リーグでもありえる組み合わせの中で
突破できなかったのは、イコールW杯でも苦戦するってこと。
今の実力じゃまだ、日本は1次リーグ敗退なわけで。

そんなことを承知で書くけど…
おもしろかった!


サッカーっていう競技のおもしろさで満ちてる試合だった。
もしかしたら、これまでの代表の試合の中で、
一番おもしろい試合だったかもしんない。
そりゃW杯絡みの方が断然興奮するけれど、
そういうのじゃなくて、試合のワクワク感っていう部分で。
正直、W杯出場を決めた北朝鮮戦よりワクワクした。

中盤で何本もつながるダイレクトパス。
低い位置からの中田のロングパスや、左右への大きな展開。
もちろん日本が決めた2つのゴールも。
悔しいけど、日本が簡単にやられたブラジルの2つのゴールにも、
サッカーのおもしろさが詰まってた…ってブラジルは当たり前か。

たぶんこれは10年前なら、
外国の代表チーム同士の戦いに映ってたと思う。
日本にこんなサッカーができるなんて、想像できなかったと思う。

レイ・セフォー(K−1)の試合を見てる感じだった。
ノーガードってわけじゃないけど、倒すか倒されるかの打ち合い。
自分も相手もクリエイティブな部分が失われない戦いだから、
名勝負が生まれる。見てて楽しい試合になる。

ブラジルとはテクニックで圧倒的な差があって、
1対1やFWの決定力だって、かなりの開きがあると思う。
ブラジルの呼吸をしてるくらい自然なボールを回しにだって及ばない。
日本のディフェンス陣は、何度もズタズタにされてた。

だけど、日本は日本でおもしろいことやってた。

しかもこねくり回してるだけじゃなくて、ゴールに向かってた。


基本技術が上がってるのは確実。
10年前よりパススピードが上がってた。
10年前よりトラップがピタッと止まってた。
気持ちいいくらいに自然な流れでパスが回ってたのは、
そういったことがあるのかもしんない。

個人的には中田の貢献はもちろんだけど、
大黒がたまんなく気持ちいい働きをしてた。
シンプルにできてた。

中盤から大黒にパス、大黒は一旦ダイレクトで戻して前線に走り込む。
で、中盤からまた前線に走りこんだ大黒へ。
この動き、僕も大学のサッカーの授業(ヘタクソなんだけど…)で習った。
どっかのクラブチームの基本戦術だったような。
大黒が入るとリズムが生まれるのは、
そういうプレーができてるからだと思う。

そういう基本を試合で発揮できるようになったことが、
強くなった理由のひとつなんじゃないだろか。


ブラジルが勝てない相手じゃないことは分かった。
伊東輝悦のゴールも必要ないし、
川口の神懸かり的なスーパーセーブも必要ない。

どこに勝っても奇跡って呼べないんじゃないかって、気がしてる。

ちょっと前までは巧いだけだった日本に、
なんだか「強さ」や「逞しさ」が生まれてきてる。
アジアカップやW杯予選を通して、
内容が悪くても勝てるチームになってきた。
キリンカップみたいなポカもあるけど。

差はある。
でも勝てなくはない。


こんなおもしろいサッカーを見れるんなら、
体調を崩してても、無理して深夜起き続ける価値がある。

1年後のドイツワールドカップ、
やっぱり体調を崩してしんどくなってても、

「今日もまた試合?もう勘弁して」

とか言いつつちょっとニンマリ顔で、テレビ観戦してたいと思った。

  • 2005.06.14 Tuesday
会議へ向かう地下鉄で眠気に負けながら、
頭がガクってなったあとの1〜2分を狙って考えを巡らした。

周りから頭ひとつ抜けるために必要な“何か”ってなんだ?
新しく始まる会議でできることってあんのか?

これまでの僕に足りなかったものがあった。
見失ってたことがあった。

それは「自分らしさ」。


僕は自分を消すことで馴染んでくタイプだから、
新しい場で最初は、絶対に自分を出せない。
就職面接が一番の失敗で、
自分の考えを言ってるつもりが、自然と相手に合わせちゃってて、
何のアピールもできずに落とされまくった。
話しっぷりや表情、伝わる性格もきっと、
いつもの自分とは全然違ってた。

それに良く見られたいって思うときほど、
自分らしくいることは難しい。
普段以上の自分っていうのは実は存在してないのに、
それを演じようとするから、普段の自分らしさが消える。
演技力があるわけでもないのに演じるから、しくじる。
相手を否定したくないし、自分も否定されるのが怖いから、
無意識のうちにいつもより色のない自分になる。

それを反省して今回出る会議では、
どんな人たちがいて、どんな空気で、どんなこと思われようと、
自分のままでいけばいいって思った。
簡単なことに見えて、僕の中ではすごく難しい問題。

そうして会議に挑んだ。

他の発表してる人たちの棒読み口調に合わせずに、
大きな声で、テンポや抑揚を変えたりながら発表してた。
雑談のとき下向いてる人が多いからって僕も下向く必要はなくて、
その人に興味を持って話を聞いてた。
笑いたきゃ笑ってた。

今まで生きてきたそのままで、会議に参加した。


与えた印象がどんなかは分かんない。
何か反応があったわけでもない。

実力は足りない。経験だってないに等しい。
だからこそ、実力や経験じゃない“何か”も大切なんじゃないかって思う。
筋力がないうちに戦いたかったら、武器を持てばいい。
武器を買うお金がなかったら、拾った木を削って刀にすればいい。

蹴落とすって意味じゃなく、自分を強くする手段として、
そういうのは必要だと思う。


だからこれからも、自分らしくいきたいと思う。

別の“何か”も探しながら、戦いたいと思う。

  • 2005.06.12 Sunday
ワールドカップ予選通過で一段落する間もなく、
15日にはコンフェデレーションズカップが開幕する。
ワールドユースも始まってて、6月のカレンダーはギュウギュウ詰め。

ただ目の前にいろんな大会があるとはいえ、
一番気になるのはやっぱ来年6月のワールドカップ。
コンフェデレーションズカップは、
ワールドカップを見据えての大会っていえる。
ワールドユースは若い世代が経験を積むための場だったりする。
どんな大会も、その先にはワールドカップがある。

ワールドカップで日本は活躍できるのか、
少なくとも決勝トーナメントに進めるのか、
目の前にどんな試合があっても、興味はそこ。

中でも考えちゃうのは「ジーコで大丈夫なのか?」。

参考になるかどうか、エピソードをひとつ。

1999年後半、ジーコが鹿島アントラーズの総監督をやってたときのこと。
普段は指揮をとらないジーコだったけど、
ゼ・マリオの解任を受けたあとの何試合かは、監督としてベンチにいた。

そのころ僕は、アントラーズスタッフのバイト生だった。
ジーコファミリーの一員って言ったら言い過ぎだけども、
仕事的に、試合中ジーコの数メートル隣りに座ることがあった。

そこには苛立ちからベンチの壁(透明)を蹴るジーコがいた。
基礎を大切にするジーコだからキックも的確で、
壁はものすごい音を立ててた。
他のときもジーコは、審判にものすごい剣幕で抗議をしてた。
20〜30秒くらい怒鳴り続けたのに、
鈴木通訳は「インチキだ!」と一言しか訳してくれなかったけど。
ベンチへ帰ってくセーター姿のジーコが、
娘から「ほっといてよ!」って言われたオヤジみたいで悲しげだった。

たぶん世の中には“放任主義=何もしない”ってイメージがあると思う。
確かにたいした選手交代はしない。
選手選考の段階でも、新しい選手を試すっていう冒険をしない。
選手の疲れとかを考えた、連戦の戦い方を考えてほしいとは思う。

とはいえリアルジーコはたぶん、
世間のイメージにあるジーコよりも闘ってる。
ワールドカップ予選のアウェー2連戦で見せた鬼っぷりが、
本物のジーコなんだと思う。
鹿島時代のジーコが醸し出してたのが、その雰囲気だった。
それが普通の監督の姿なんだろうけど。

そんなわけで、僕の中での結論は月並みだけど「W杯もジーコ」。
結果も残してるわけだし、ジーコ以外の理由がない。

ただ中田が言うように
「このチームにW杯を勝ち抜く力はまだない」。

選手も、監督も。

不安は来年6月まで続くと思う。

  • 2005.06.10 Friday
どーも。
リモコンが利かないなと思ったら、
電池をコロコロ回すイチカワです。

梅雨入りした今日は、部屋でゴロゴロ。
仕事をしつつ、ゴロゴロ。


梅雨といえば、雨の中のプールが懐かしいな〜ってふと思った。
水泳の授業って梅雨の時期に始まるから、
必ず梅雨寒の日にプールへ入んなきゃなんないことがあって。

それが“今思うと”だけど、すごくいい思い出になってる。

水着に着替えてる時点でものっすごく憂鬱だった。
裸でプールサイドに出ると寒くて寒くて、
腰洗い槽で数える1から10までは超高速。
シャワーを浴びるときには一大決心が必要だったし、
プールはプールで凍死するんじゃないかってくらい水が冷たいから、
水に入ったら陸上のダッシュみたいな動きをして体を温めてた。

で、プールから上がると唇は紫色。
体も唇もガクガクさせながら、先生の話を聞いてた。

「ビート板の使い方なんていいから、早く体動かさせて!」

そんなことを思いながら、
耐えることで精一杯の僕らは、話なんて頭に入っちゃあいなかった。

そんなだったから、梅雨の水泳は地獄の授業だった。

だけどその感覚が、今じゃ懐かしい。


たぶんこれからも、
梅雨の季節になると思い出されるプールの記憶。

梅雨も意外と悪くない。

  • 2005.06.08 Wednesday
2002年6月9日、ワールドカップ・ロシア戦。
国立競技場のパブリックビューイングでは、
ピッチに誰もいないのに、超満員・5万人のサポーターが集まってた。

僕はその5万人のうちの1人として、
ワールドカップ初勝利っていう、歴史的瞬間に立ち会った。
こんなにも盛り上がるスタジアムを、僕は味わったことがなかった。

その帰り道、僕らはサポーター同士、ハイタッチを交わし続けた。
スタジアムも街もお祭り騒ぎで、
すれ違う人は、コワモテもメガネもデブもガリガリもみんな仲間だった。
ハイタッチをしすぎて手が痛かった。
輪があればそこに加わり「ニッポン!」って叫んだ。歌った。
地下鉄で切符を買う待ち列の人たちも、
黙ってることができず「ニッポン!」って応援を繰り返してた。
ユニフォーム姿で地下鉄に乗ることさえ初めてだった。


あれから3年。

僕は新宿にいた。


観戦場所は新宿・歌舞伎町、ゴールデン街裏にあるサッカーバー。
スポーツバーでも、スポーツカフェでもない、
サッカー専門っていう珍しい店。
25人くらい収容するのがやっとっていう、
カラオケボックスをちょっと大きくしたくらいのちっちゃな店で、
100インチの大画面を見つめて、ユニフォーム着て応援してた。

得点の瞬間、勝ってワールドカップ出場が決まった瞬間、
僕らは叫び、ハイタッチをかわした。
個人的には大黒が挙げた2点目、最高に痺れてた。

3年前ほどの熱さや爆発力はなかったけど、
そのときとも、岡野のゴールでW杯初出場を決めたときとも違う、
ホッとした喜びがあった。

これがワールドカップ出場3回目の気持ちなんだ、と思った。


バーを出てちっちゃな祝勝会をしたあと、
終電が早い僕は帰ろうと、ユニフォーム姿でひとり新宿を歩いた。

駅までの道のりで、2回話しかけられた。

1回はユニフォーム着た学生みたいなグループ。
もう1回はホットドッグ売ってる白人の兄ちゃん。

学生とは「おめでとぉ〜」と軽く声をかけられてハイタッチ。
声を掛け合う心の準備をしてなかった僕は、
「お、おおぉぅ〜!」と言葉にならないながら、喜びを分かち合った。

兄ちゃんはホットドッグを売ってる人で、
僕が横断歩道を渡ろうとしたとき「ニッポン!」って笑顔で声をかけてきた。
準備のできてる僕は「ありがと!」って言ったあと、
ついでにその外国人の背中をポンポーンと叩いた。
「お前の国もがんばれよ」みたいな感じで。
でもたぶん、兄ちゃんの国の方がサッカー強い。

比較的静かな新宿の夜。
ユニフォーム姿もチラチラといて、
ところどころで盛り上がってもいたけれど、普段と変わらない賑やかさ。

3年前はすれ違いざまに、手が赤くなるほどのハイタッチを交わし続けた。
声が嗄れてもまだ歌い、叫んでた。

それが今回はハイタッチ1回、ありがとう1回。

もちろん「引き分けでも突破」っていう状況もあったけど、
これがワールドカップ出場3回目なんだ、と思った。


熟睡して着いた自宅の最寄り駅。
無言のスーツの群れの中で、ユニフォームを着てるのは僕だけ。
予選突破しただけなのに浮かれてる感じがして、
ちょっとだけ猫背で改札を抜けた。

普段と変わらない静かな町。

ただここは、3年前も同じだった気がする。
田舎町だからってだけだけど。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    イチカワ
  • 中国で買ったお菓子[7] 茯苓夾餅
    上村 知子
  • Golden OREO(Mondelez)
    おねつ
  • 揚げパスタ グリーンカレー(杵屋)
    まかな
  • キングアイランド ココナッツウォーター
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    tom
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    イチカワ
  • VAIO ZをWindows 10にして生じた、ちょっとした不便
    ccdmm2000
  • キングアイランド ココナッツウォーター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM